【絶対零度・第8話感想】北見逮捕!香坂と加賀美も連続殺人犯の仲間か?

2020年冬ドラマ

2020年2月24日(月)放送の『絶対零度~未然犯罪潜入捜査』第8話のあらすじ・ゲスト、ネタバレになります。

いやいや、第8話は急展開でした。法で裁けない3人の凶悪犯が謎の失踪。また7話で逮捕できなかった紗耶香も同様に失踪されてました。その犯人はミハンを法制化させたいと強く願っている、そしてその犯人に手を貸しているのが北見だった。

それだけでもすごい話なのですが、北見は爆弾作りに加担していたことが分かりました。狙いは東京サミット。そして井沢と分かり合えた香坂が、東京サミットのテロに加担していた??それに加賀美が微妙に絡んでいるっぽいです。詳しくはネタバレ記事をご覧ください。

一番気になったのは、加賀美が香坂の父親が犯した無差別神経ガス殺人事件の現場にいたことがわかります。加賀美はそこで犯罪を犯したと北見に告白しています。また焼き芋をたべる少年の写真があります。この少年は誰なのか?

もうすでに登場している人物なのか?これから登場する新しい人物か?

まだ8話では真相が何もわかりません。おもしろくなってきました!!

誰が犯人だかさっぱり、わかりません。

第7話のネタバレ記事です。もし見逃していた方がいましたらどうぞ。

スポンサーリンク

絶対零度・第8話あらすじ・ネタバレ

冒頭、小田切唯はカメラマン篠田の交際申し込みにOKした。

井沢(沢村一樹)たちの元へやってきた公安部部長の曽根崎(浜田学)は、かつて、法で裁けない犯罪者を闇に葬っていたミハン捜査員の田村薫巡査部長の話を持ち出し、その役目が引き継がれていると指摘する。

3人の危険人物と仁科紗耶香(7話)が失踪していた

ミハンが探知していたものの、捜査できていなかった3人の危険人物が失踪していた。

地権者から土地をだまし取り、殺害しようとしていた不動産詐欺師、借金を返せない相手に保険金をかけて殺そうとしたSNS闇金の経営者、水上バイクで女性をひき殺した事故をもみ消したうえ目撃者の命まで狙った政治家の息子。

また井沢たちが逮捕することが出来なかった大手フィットネスクラブ社長の仁科紗耶香(佐藤江梨子)も失踪していた。

ミハンに関わった殺人者が、凶悪犯に拉致され、殺害された可能性が高い。 

生体認証が登録されたこの部屋に出入りしている人しかありえない。ミハンメンバーの誰かが一連の連続失踪事件に関わっているのか。まるで井沢が犯人だと言わんばかりの口ぶりで話す曽根崎。

それに対して香坂(水野美紀)は、ミハンメンバーの中に殺人者がいないことを証明するために真相を突き止める、と宣言する。

スポンサーリンク

歩容認証システムで犯人を探す

3件の失踪者を調べると、彼らが拉致されたと思われる場所には、いずれも防犯カメラがなかった。

だがミハンは、ドライブレコーダーなど足を使った捜査で、犯人と思しき人間が映った画像を入手する。その画像とミハンメンバーを歩容認証で照合してみる。

井沢は元警察庁次長の町田が殺された殺害現場にいた。そこに香坂がくる。井沢は、町田はミハン絡みで冤罪事件があったことをリークしようとしていた。冤罪で人の命が葬られたらミハンはなくなる。しかしその町田が殺されたことでミハンは守られた。

犯人は、殺人者が野放しになっているのを許せなかった。誰よりも強く法制化を願っている。

町田の殺害現場の近くにホームビデオで撮っていたカメラがあった。そこには人が映りこんでいた。そしてドライブレコーダーにあった失踪者が消えたあたりで取られた人物の歩容認証が一致した。

そしてそのその歩容認証がミハンチームのメンバーと照合させたところ、誰とも一致しなかった。ミハンチームに犯人はいない

犯人らしき者が車で同じ場所に行っていた。そこには・・

過去の防犯カメラのデータから誰が一致するかしらべるように加賀美に指示する。

歩き方が似ている人物がいくつかのカメラに映りこんでいた。どのカメラも顔が不鮮明だった。車でどこへ向かったか調べると、ある場所に。

そこで仁科紗耶香の遺体が見つかる。

 

突然、歩容認証システムのデータがすべて消えてしまった。そこに北見が来ていた。吉岡はトイレへいっている間に北見が消した?

北見がミハンのデータを消した?

北見に電話したが捕まらなかった。法務省にある北見の個人データがすべて消えていた。

しかし井沢は、「北見が犯人ではない。犯人を庇っている。」井沢は加賀美に急いでデータの復元を依頼する。

北見の家に向かう井沢と吉岡。部屋はまるで生活感がない。法務省にも彼のデータがない。逃亡のデータがない。香坂は、日本の未来を案じてミハンを志願した。

スポンサーリンク

北見は殺されそうになった過去があり、助けたのが連続殺人犯

7年前、ミハンが試験段階のとき、北見は大学生でストーカー被害にあった女性を助けた。しかしストーカー男の復習の矛先が北見へ。ミハンはストーカー男を探知していたがまだ試験段階だったため何もできない。

そのストーカー男は、歩道橋から落ちて死亡した。今と同じく、法で裁けない殺人者を正義を装った男が殺したのではないか?

そしてミハンはとうとう北見が危険人物だと予測した。北見が出入りしていた施設がわかった。

なぜ加賀美が?単独行動し北見に接触

加賀美は焼き芋を食べている小さい子供の写真をみている。そこに北見が現れた。

加賀見は「話してくれないか?きみがミハンに加わった理由を。僕から話したほうがいいかな。

「地獄だった。今から26年前、1人の男性が神経ガスを巻いた。そこに僕がいた。目の前で人は倒れた。そこで僕は罪を犯した。僕が犯した罪を君は知っているね?」

「あの人は罪なんかじゃない。」銃を加賀美の額につける北見。そこへ香坂がくる。

「もう逃げられない」加賀美を襲う。

井沢に捕まる北見

逮捕された北見・井沢が取り調べをする

「君の背後にいる人間は誰だ?」井沢がきくが、北見は何も答えない。

香坂は、加賀見に「何故あなたがあの写真を?」を聞く。加賀美「おそらく君も知っているね。君と同じさ、僕も探している。」

 

新たな事実が、北見が出入りしていた会社はすべてペーパーカンパニーだった。トキサミシンという化学物質をペーパーカンパニーを通して購入していた。爆弾をつくる材料だった。

ビルに出入りしていた車両は、ある倉庫に行っている。そこに井沢達が向かう。

ビルの中には、爆弾の材料があった。爆弾自体はない。井沢は、

これはテロだ!東京でテロを起こそうとしている。狙っているのは東京サミットだ。

井沢からの電話でない香坂。井沢はミハンにもどり、香坂の部屋に行くと、インターネットでテロに関するデータが残されていた。

「香坂朱里はテロに関わっている。」

8時間後、香坂が射殺された。井沢が銃を持っている。

井沢が犯人か?曽根崎管理官の背後に誰がいる?井沢の姿が。。。

第9話へ続く

スポンサーリンク

 
田村薫とは?(平田満さん)
 
 
前回のシリーズで、ミハンメンバーでした。ピッキングや鑑識作業、爆発物処理など様々なスキルを身につけているため潜入捜査にかかせない存在でした。そしてすぐに「すみませんが、、」といってお腹を壊しておトイレに行ってしまうのがお決まりでした。しかしその田村は、25年前は所轄の刑事だったが、当時危険視していた人物のマークを上司に提案したものの相手にされず、結果「練馬台無差別殺傷事件」の発生を招き、自身も婚約者を殺害された過去があった。

以後警察組織をたらい回しにされ続けていた中、ミハンの管理官だった東堂にスカウトされ未然犯罪捜査班に加わるが、法で裁かれることなく生きる犯罪者たちの存在に暴走し、さらなる犠牲を防ぐべく3人の犯罪者への制裁殺人を行ってしまい、最終的に真相を井沢に見抜かれ、ミハンシステム導入の妨げにならないよう全ての責任を負い拳銃自殺したのです。

 

 

スポンサーリンク

最終回に向けた、過去からの話と将来へ続く話

第1話から第8話までに過去から続いている話と劇中に将来に発生すると思われるシーンが放送されてますので纏めました。すべて話はつながっているのでしょうか?これからが楽しみですね。

 
過去から続いている話
  1. 冤罪の口封じのために自分の最愛の妻と娘が、惨殺されたことを知った井沢(沢村一樹)は、警視庁次長・町田博隆(中村育二)が、自らの保身のため、口封じのための井沢の家族を殺害を指示していた黒幕だったと知る。
  1. 井沢の妻、娘を殺した実行犯は服役中の、宇佐美(奥野瑛太)。
  2. この宇佐野に香坂(ミハンの責任者)が面会していた。井沢は香坂に何故宇佐美と会っていたか聞くが香坂は離さない。
  3. 町田が釈放され、遺体で見つかった。
  4. 井沢の元に差出人不明で妻と娘を殺害したナイフが送られてきた。服役中の宇佐美は送ることはできない。犯人は別にいる
  5. 香坂の父親は26年前、映画館で無差別毒ガス事件を犯していた。
  6. 加賀美は香坂の父親が犯した現場にいた。そこで何か犯罪をしている?
  7. 町田は、伊沢に宇佐美が到着したときにすでに井沢の妻・娘は殺されていたと伝える。真犯人は別にいる

 

将来へ続く話

1.1/13 61日後、香坂が死んでいる。そこに井沢が立ち尽くしている。

2. 1/20 59日後、小田切唯が取り調べを受けている。自分のせいで香坂が死んだ

3. 1/27 29日後、加賀美の背後に北見がいる!北見は加賀美の過去を知っている。

焼き芋をほおばる少年とは?

4.  門田が血だらけで何かから逃げている。そこに吉岡がいる。

5.34日後、小田切に「付き合ってほしい」と告白した篠田が雑居ビルの間で刺されて倒れているのが見つかる。

 

スポンサーリンク

絶対零度~未然犯罪潜入捜査~ Season4相関図

フジテレビの公式サイトにある相関図です。

 

【小話】なぜ絶対零度が最初につくのか?その意味は?

まず”絶対零度”についてコトバンクからの引用です。

考えられる最低の温度で、絶対温度の0K(摂氏温度の零下273.15℃)のこと。 統計力学から、気体分子の運動エネルギーは気体分子の速さの2乗に比例する量である。 したがって、絶対零度とは、気体の運動エネルギーがゼロの状態であり、気体分子の運動速度もゼロのとき、すなわち気体分子の存在しない温度として定義される。

絶対零度(ぜったいれいど)とは – コトバンク

 

要は、これ以上冷たくならない温度のことであり、それはいまマイナス273.15度なのですね。まったく想像がつきません。

地球上で一番寒いのは南極のマイナス97.8度だそうです。今日の東京の温度は8度です。(全く関係ありませんが)

『絶対零度』とつくには、最初のSeason1がコールド・ケースという未解決事件を紐解いていくストーリーだったからなのです。

「どんな事件でも凍ることはない、未解決のまま終わらせない」という意味でつけたそうです。

Season3,4は、未解決事件ではなく、未然に犯罪する捜査班ですので、意味合いは変わったかもしれませんが、「どんな事件でも凍ることはない」というのは、井沢の家族が惨殺される過去事件のことを指しているのかもしれないですね。

スポンサーリンク

感想・まとめ

今日は一気に最終回に向けた話の展開が早くて、ついていくのがやっとでした。印象に残ったことはいくつもありますが、気になったのは2つです。

1つ目は、加賀谷(柄本明)が、本当に怪しい動きをしてました。焼き芋を食べる少年とは一体誰なのか?一連の殺人事件の犯人の少年の写真なのか?

26年前の香坂の父親が犯した神経ガス無差別事件で、加賀谷はそこで何の罪を犯したのか?でも今日一部その場面のシーンが流れたのですが、加賀谷は少年を助けていただけにしか思えないのです。

もう1つは香坂です。北見を追い込むところまで普通だったのですが、焼き芋を食べる少年をみてからおかしくなっていきます。香坂は井沢に「あなたを信じてます。あなたが必要なんです。」と井沢が告白っぽくなってますよと言われてました。香坂は井沢に惚れているように思いました。

でもそんな香坂もサミットに関わっている?やっぱり26年前の事件からつながっているように思います。

加賀見と香坂は何を隠しているのか?次回わかるでしょうか。

第9話の公式が発表したあらすじを纏めた記事は下記になります。放送後にネタバレを追加します。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました