【絶対零度・5話感想】加賀美(柄本明)のハッカーぶりがすごい!

2020年冬ドラマ

2020年2月3日(月)放送予定の「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」第4話のネタバレになります。

前作でミハンの統括責任者・東堂定春(とうどう・さだはる)を演じた伊藤淳史さんが出演されました。彼は医療関係の機密情報や個人情報をもとに研究を行う民間のラボで働いていた。ビッグデーターをもとに人に役立つ情報を研究していた。

東堂は、加賀美(柄本明)とミハンを立ち上げした同志だったという過去が明らかになりました。加賀美はすでにプロトタイプを作っておくほどすごい人だったようです。

井沢と久しぶりのツーショットはとても自然でした。

 

今回加賀美が、香坂の父親が犯した映画館での無差別毒ガス事件でその場にいたことが分かりました。そこで何かの犯罪を犯したようです。ラストシーンですが、意外な人物がでてきました。

今のミハンチーム内でまだ知られてない過去やつながりがありそうです。。

井沢の過去に何がったのか、前のSeasonをまとめた記事です。

 

スポンサーリンク

絶対零度・5話あらすじ(ネタバレ)

井沢(沢村一樹)たちの拠点となっているミハンルームに、代議士の児島祐三(信太昌之)や警視庁、法務省の上層部が視察にやってくる。

案内役の香坂(水野美紀)は、ミハンのこれまでの業績をアピールするとともに、現在、危険人物として、大学病院の医師・真田雄大(猪征大)を捜査中だと報告する。

危険人物は大学病院の医師・真田

真田は、サバイバルナイフを購入しているほか、ネットに匿名で、『スーパードクター』と呼ばれる同じ大学病院の外科医・益子博文(近江谷太朗)への恨みを書き込んでいた。

真田は、大学病院を追い出され、来月には離島に赴任するのだという。恋人と別れ、精神安定剤を飲んでいる状況。

加賀美が真田のパソコンに侵入するとウィルスに感染していた。誰かが成りすましている?

病院に潜入捜査中の山内(横山裕)や小田切(本田翼)は、真田と益子をマークしていた。

しかし、医師の振りをしていた怪しい男を山内が追いかけている間に、益子がナイフで刺され、その傍には、真田が立っていた。

益子医師が刺されてしまう。

膵臓を損傷した益子の緊急オペが続く中、捜査一課の早川(マギー)は、重要参考人として真田に任意同行を求める。

真田は容疑を否定している。誰かに嵌められたのではないか?

視察中だった代議士たちの前でのミハンの失態。

益子医師は一命をとりとめた。

これは明らかにプロの仕業。山内が駆け付けてなかったら死んでいた。

曽根崎(浜田学)から圧力をかけられる中、真田の無実を証明すべくミハンが動く。

凶器は真田名義で購入している、誰が成りすましているのか?

井沢や加賀美(柄本明)は、ミハンのデータがねつ造されているとにらみ、医療関係の情報を扱う情報機関を訪れる。

ミハンの元統括責任者・東堂現る

そこで井沢たちを待っていたのは、かつてミハンの統括責任者・東堂定春(伊藤淳史)だった。

ビッグデータを使って人の役にたつ研究をしていた。

真田を検索していた履歴はあるが、記録上、だれもラボに入退出していない。このラボに侵入して入出記録を改ざんした。

東堂は気になる情報があるとして、益子DRののOPE成功率を分析していて、患者のデータのログが残っていた。成功率は93%

その患者は、益子医師が手術する予定の南雲頼則(南雲元総理)だった。

益子医師が手術すれば治る可能性がある。

益子医師は復帰後、すぐに南雲元総理のOPEをすると言っていた。

小島代議士が黒幕か?

小島雄三、かれはミハンの偵察にきていた。

南雲元総理がいる限り、政界の中央に躍り出ることはできなかった。

彼がハッカーを雇った?

益子医師は真田を買っていた

香坂は真田に、「あなたの無実を誰よりも信じている人がいます。益子医師です。」

益子医師からの伝言があります。「早く戻ってきなさい、患者が待っている」

かれはあなたを買っていた。だからあえて厳しくしていた。

過疎医療に移動させようとしたのも、益子医師が目指す遠隔医療の架け橋になってほしかったからだった。

この犯人は遠隔操作で南雲元総理を殺そうとした

この犯行に携わっているのは単なる、なりすまし犯ではない。

相当な腕のハッカーが関わっている。加賀美が負けた。

益子医師のインスリンポンプを遠隔操作しようとしていたのは、ラボにいた警備員だった。

南雲元総理の暗殺、小島代議士に話をもちかけたのは何故だ?

井沢は、「いや、この警備員ではない。ですよね?加賀美さん」

加賀美「きみはそこまでのクラッカーじゃない。その先にもう1人いる。」

南雲元総理はミハンが反対だった。犯人はミハンを実現しようとした

 

 

 

 

 

 

東堂は、井沢に「ミハンに関わる不可解な出来事が起きているんじゃないですか?町田博隆の殺害、今回のケースも。」

「気になることがあるんです。私がミハンの統括責任者だったとき、法制化の大きな壁が南雲元総理の存在だった。前からミハンの実用化に反対していた。与党内の影響力が大きい。今回ミハンの法案が延期になったのも南雲の仕業。つまり黒幕はミハンを実用化させたい人」

 

加賀美は数多くのクラッカーと対峙してきた。今回の犯人に思い当たるやつが1人いる。

ここで過去の回想が・・・・

26年前、香坂の父親が犯した無差別毒ガステロで加賀美はその場にいた。

加賀美「話してくれないか?君がミハンに加わった理由を?」

29日後、きみがミハンに志願したのは、26年前、神経ガスをまいた事件があっただろう。その時俺があそこにいたんだ。そこで俺は罪をおかした。僕が犯した罪を君はしっているね?

加賀美に銃を向けていたのは、それは北見だった。(香坂の秘書)

前回の第4話のネタバレは下記になります。

スポンサーリンク

登場人物・第5話ゲスト

レギュラー陣に関しては、公式の相関図をご査収ください。

 

 

 

 

 

東堂定春(伊藤淳史)

 

 

 

 

児島祐三(信太昌之)

 

 

 

 

真田雄大(猪征大)

 

 

 

 

曽根崎(浜田学)

 

 

 

 

益子博文(近江谷太朗)

スポンサーリンク

最終回に向けた、過去からの話と将来へ続く話

劇中にでてくる過去から続いている話と将来へ続く話を纏めました。

 
過去から続いている話
 
  1. 冤罪の口封じのために自分の最愛の妻と娘が、惨殺されたことを知った井沢(沢村一樹)は、警視庁次長・町田博隆(中村育二)が、自らの保身のため、口封じのための井沢の家族を殺害を指示していた黒幕だったと知る。
  2. 井沢の妻、娘を殺した実行犯は服役中の、宇佐美(奥野瑛太)。
  3. この宇佐野に香坂(ミハンの責任者)が面会していた。
  4. 町田が釈放され、遺体で見つかった。
  5. 井沢の元に差出人不明で妻と娘を殺害したナイフが送られてきた
  6. 服役中の宇佐美は送ることはできない。犯人は別にいる
  7. 井沢は香坂に何故、宇佐美に会っていたか何度も聞くが香坂は話さない。
  8. 香坂の父親は26年前、映画館で無差別毒ガス事件を犯していた。
  9. 加賀美は香坂の父親が犯した現場にいた。そこで何か犯罪をしている?
 
 
 
 
将来へつづく話
 
  1. 井沢は、「もしも俺が一線を越えようとしたら撃っていいから。殺してくれ、君が.、、」と山内に伝える。
  2. 1/13 61日後、香坂が死んでいる。そこに井沢が立ち尽くしている。
  3. 1/20 59日後、小田切唯が取り調べを受けている。自分のせいで香坂が死んだ。
  4. 29日後、加賀美の背後に北見がいる!北見は加賀美の過去を知っている。

スポンサーリンク

感想・まとめ

今回は加賀美(榎本明)のハッカーぶり、情報処理能力というんですかね、すごい迫力でした。

ですが加賀美は26年前、何か人には言えない事件を犯したらしいです。それが未来にどのようにつながっていくかわかりません。

霜降り明星の粗品さんが刑事役で、今回は犯人を取り調べしていたのですが、危険な刑事でした。

ミハンに反対な曽根崎に操られているっぽいのですが、粗品さん、漫才しているときはとっても感じがよいですが、取り調べしているときは危ない感じでしたよ。かれはこれからどうやって関わってくるんだろう。。。

ミハン・絶対零度は10話完結だとすると、折り返し地点にきましたね。井沢の試練は続いていきそうです。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました