【ドラマ・探偵・由利麟太郎ネタバレ・第4話感想】さくらの隠し子は誰か

由利麟太郎

2020年7月7日(火)夜9時から「探偵・由利麟太郎」第4話「マーダーバタフライ前編」のあらすじとネタバレになります。

高岡早紀さん扮するさくらが、楽器の入れ物の中で遺体で発見されますが、なんと亡霊になってホテル中に現れます。本当にさくらは殺されたのでしょうか?何かフェイクな画像を見せられているのか・・・。犯人で怪しいのは千恵子ですね。

第3話のネタバレと感想はこちらをご覧ください。

スポンサーリンク

探偵・由利麟太郎第4話・あらすじ・ネタバレ

オペラ界のスターでソプラノ歌手の原さくら(高岡早紀)は、弟子で若手歌手の相良千恵子(吉谷彩子)、テノール歌手の小野竜彦(佐野岳)、マネージャーの土屋恭蔵(鈴木一真)と助手の雨宮順平(水沢林太郎)、そのほかオーケストラの楽団員らとともに、東京での公演を終え、次の舞台・大阪へと向かっていた。

ところが翌日、会場に集まった一同は、さくらがいないことに気付く。さらに、見知らぬ女の子に手紙を渡された小野が中を見た瞬間、顔色を変えて出て行ってしまう。そんななか、一行のもとには東京からの荷物が届き、コントラバス奏者の川田良介(佐渡山順久)が自分の楽器が見当たらないと騒ぎだす。

スポンサーリンク

さくらがコントラパスのケースから遺体で発見される

しばらくして川田のコントラバスは無事に見つかるが、やけに重い、ケースの中にはバラの花びらに覆われたさくらの遺体が入っていた!

さくらの夫・総一郎(大鶴義丹)に誘われ、俊助(志尊淳)とともに会場を訪れていた由利(吉川晃司)は、絞殺されたさくらの遺体から砂が落ちたことに気付く。

また前日の夜、千恵子がさくらに頼まれて代わりにホテルにチェックインしたことも判明した。さくらは急用ができたので京都で下りていた。夫・総一郎は京都で降りる理由は分からない。さらに、さくらの持ち物には、暗号化された読めない楽譜があった。

楽譜を手にして殺された一つの事件が浮上する

あの事件と同じだ!それは、同じ楽団のバリトン歌手・志賀笛人(水橋研二)の弟子で、当時新人歌手だった藤本章二(池岡亮介)が殺害された際に、楽譜を手にしていたという事件をほうふつさせた。志賀が重要参考人だったが犯人はまだ捕まっていない。志賀はさくらに崇拝していた。さくらが亡くなり抜け殻になっていた。

コントラバスを会場まで運んだタクシー運転手によると眼鏡をかけた男から1万円で頼まれた。何故犯人は配送センターで荷物を奪い、遺体を入れ、タクシーに乗せた。犯人は何故こんなことをしなければならなかったのか?由利は必ずそうしなければならなかった理由がある。

千恵子は楽譜をコピーして由利に渡していた。

暗号が示していたのは、「清風荘」というアパートだった。

スポンサーリンク

さくらには隠し子がいた?

さくらは新幹線で京都下りて「清風荘」にきて殺害されたと由利は見立てていた。さくらは江口清子という名前でこのアパートを借りていた。そしてさくらがこの家にくるときは必ず訪れる男がいた。そこには小さい子供の写真があった。

さくら歌劇団の一行がホテルで足止めになる。土屋はストレスで見習いに当たり散らしている。土屋は喉頭がんで歌えなくなっていた。

牧野と総一郎はさくらの亡霊をみる。

ホテル内でさくらの亡霊騒ぎがある中、雨宮が亡くなる

テノール歌手小野は、会場にはいるときに小さい女の子からメモを渡されていた。そこにはなんて書いてあったのか小野は話さない。

由利は三津木に「見習いの雨宮がこの事件の大きな役割を担っている。悲劇の原動力だ。」

相良千恵子がいなくなった。

ホテルの中でさくらの亡霊をみた情報が相次ぐ。

雨宮と土屋が千恵子を探している最中、ホテルの電気がチカチカついたり、消えたりしている。

このホテルで一体何が起きているのか?

誰か落ちたぞ!

雨宮の遺体だった。

スポンサーリンク

探偵・由利麟太郎・キャスト

吉川晃司!由利麟太郎

由利麟太郎(吉川晃司)は、かつて、警視庁にその人あり、と知られた捜査一課長だった。しかし、ある事件をきっかけに退職。学生時代を過ごした京都に住まいを移し、今では、殺人者の行動、心理を分析する“犯罪心理学者”として活躍している。その一方で、警察からの依頼を受け、事件の捜査を手伝っている。由利の捜査方法は、「ひたすらに事件現場を観察し続けること―」。学生時代にアメリカのロッキー山脈で出会ったハンターから学んだトレース技術に基づき捜査する。
また、由利は、先端恐怖症でありながら、弓で矢を射る武道・弓道の心得もある。静寂の中、弓を構え、的を見据えることで、彼は精神を集中させ、それが難事件解決の一助となっている。見た目は白髪の紳士で、あまり多くを語らない静かな男だが、その洞察力と論理的思考は天才的である。

 

志尊淳!相棒・三津木俊助役

吉川演じる名探偵の相棒を演じるのは、志尊淳。ミステリー作家志望で、由利麟太郎の助手を務める青年・三津木俊助。由利を崇拝するあまり、自分の小説を書くことよりも、由利の活躍を記録するWEBサイト「由利麟太郎の事件簿」の運営に力を入れている。事件現場でも、助手として由利とともに行動し、次々と起こる怪事件をともに推理していく。
 物静かな“静”の由利に対し、よくしゃべる“動”の三津木。一見すると、さわやかな青年であるが、ふいに事件の核心に触れたりする。

 

探偵・由利麟太郎・第4話感想

世にも奇妙な物語を思い出しました。ホテル内に亡霊が行きかうなんて。。でもあれは何か仕掛けのような気がします。さくらが生きている可能性もありますね。

犯人は夫の総一郎か千恵子ではないか?と予想します。

由利麟太郎はすでに的をえた!と開始早々いいますが、本当に犯人が分かっているのかな。。

来週が最終回です。こちらがあらすじになります。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました