【ドラマ・探偵・由利麟太郎ネタバレ・最終回感想】さくらの亡霊の正体は!?

由利麟太郎

2020年7月14日(火)夜9時から「探偵・由利麟太郎」第5話「マーダーバタフライ後編」のあらすじとネタバレになります。

いよいよ最終回です。犯人はさくらのマネージャー土屋でした。最初から怪しかったですが、やっぱりそうでした。ですが動機などはとても複雑でした。

由利麟太郎のサスペンスは毎回サスペンス&ホラー要素があり怖いストーリーが多かったのですが、他に類をみない探偵ドラマでした。今度は2時間ドラマで見たいです。

第4話のマーダーバタフライ前編のネタバレと感想はこちらをご覧ください。

スポンサーリンク

探偵・由利麟太郎第5話(最終回)・あらすじ・ネタバレ

オペラ歌手の原さくら(高岡早紀)が何者かに殺された。楽器のコントラバスの中にその遺体があった。その場に居合わせた由利麟太郎(吉川晃司)も遺体を確認するが、その後、楽団員たちは、死んだはずのさくらの亡霊を見たと口をそろえる。

さくらの次は助手雨宮が絞殺される

その亡霊の謎が解けぬなか、今度は宿泊先のホテルでマネージャー助手の雨宮順平(水沢林太郎)が死亡。4階にあるさくらの夫・原聡一郎(大鶴義丹)の部屋の窓が開いていたことから転落死と思われたが、遺体を確認した由利(吉川晃司)は、残された痕跡から絞殺だと確信する。雨宮は、さくらの夫・原と間違えられて殺されたのではないか?

さくらに続く仲間の死に、さくらのマネージャー・土屋恭蔵(鈴木一真)、若手歌手の相良千恵子(吉谷彩子)ら楽団員たちが騒然とするなか、聡一郎の部屋を検証した由利は、次に三津木俊助(志尊淳)と、居合わせた小野(佐野岳)を連れて5階の衣裳部屋へ。

スポンサーリンク

麟太郎は雨宮は原の部屋4Fで殺され5回から落とされたと推察

そして再び部屋の中を調べた後、「雨宮くんはここから落とされた」と告げ、俊助を驚かせる。由利によると、嵐でホテルが停電しているさなか、雨宮は4階の部屋で殺害され、犯人によって5階まで運ばれて落とされたという。

遺体を運んでいるときに誰かに見られたのではないか?三津木は質問するが、麟太郎は「停電中だ」と、事件の一部始終を説明しようと由利が等々力警部(田辺誠一)を呼び出す。

さくらの恋人だとされた小野が口を開いた

傍らにいた小野が重い口を開いた。さくらと楽譜で暗号のやりとりをしていた。さくらが亡くなったとき、「すぐに宝塚にきて」と暗号でメッセージがきた。小野はさくらの関係は頻繁に暗号のやりとりをしていたが、男女の関係ではなく、親子のようだった。

ある日、「清風荘」からでてくるさくら先生をみかけた。黒いコートの男をみた。そして部屋を何度もロックし続け、さくらは、「私のこどもなの、彼にとって瞼の母、でもあって抱きしめてあげられないまま我が子は死んでしまった。黒いコートの男に近づかないで、あなたも失いたくない」

三津木は、その黒い服の男は清風荘の前で昨日見かけていた。

小野がみた黒い男はさくら自身だった。わざと嫉妬させるために男装し小野の愛情を調べるために演技していた。さくらは子供っぽくて無邪気だった。

スポンサーリンク

古賀が亡くなっていた

古賀は、蝶々夫人のクライマックスを彷彿させるような短刀で自らで刺しように亡くなっていたが、心臓発作だった。古賀はビデオを残していた。

「先生が俺を待っているんです。後を追いかけなければならない。昨日メールがきた。箕面にきてだと。俺にとってさくら先生から呼び出しは喜びだった。だが先生は現れなかった。一緒にきてと誘われたんだ。」

相良「わたしのせいですか?」さくらの亡霊に扮していたのは千恵子だった。千恵子は容疑者と思われる人の前にさくら先生に成りすまして犯人を探していた。

総一郎はすべてを話す

総一郎が雨宮の死体の前で、すでに10年ぐらい老け込んでいた。雨宮は総一郎の息子だった。総一郎はさくらがいたが、愛人も隠し子もたくさんいた。

「さくらは、セックス自体ができない体だからだよ。さくらが高校生のとき、同じ音楽スクールに通う女性と恋人から主役の座を奪おうとしてさくらを暴行した。それがトラウマになってしまい、機能障害になってしまった」

さくらに隠し子がいることはありえなかった。藤本が隠し子であるわけない。しかしさくらは幻想がみていたかったが、藤本がそれは現実ではない!とさくらに叱咤し、そしてさくらは藤本を殺してしまった。

藤本がいなくなってしまったさくらは「子供がほしい」総一郎は自分の息子・雨宮を差し向けた。愛人に産ませた子だった。

さくら、雨宮を殺害したのは土屋

総一郎を殺すつもりが、雨宮に見られてしまい殺すしかなかった。麟太郎はそう伝えるが、土屋は、「そのときあなた達と一緒だった」

麟太郎は殺人のトリックを説明する。ロープを死体に巻き、吊るしあげたうえでロープの回転が元にもどるまでの時間で1Fに下りてアリバイを作った。土屋は総一郎を殺しにきたが、雨宮で、顔を見られてしまい殺すしかなかった。

さくらがこれ以上壊れるのを見たくなかった土屋は、さくらが危なくなってきたのを察知していた。妄想と現実、その妄想を全否定されたさくら、心と体の傷で壊れそうになっているさくらを土屋は守ろうとした。

土屋は喉頭がんが再発しておりもう長くなかった。最高の演出でさくらを見送った。

スポンサーリンク

探偵・由利麟太郎・キャスト

吉川晃司!由利麟太郎

由利麟太郎(吉川晃司)は、かつて、警視庁にその人あり、と知られた捜査一課長だった。しかし、ある事件をきっかけに退職。学生時代を過ごした京都に住まいを移し、今では、殺人者の行動、心理を分析する“犯罪心理学者”として活躍している。その一方で、警察からの依頼を受け、事件の捜査を手伝っている。由利の捜査方法は、「ひたすらに事件現場を観察し続けること―」。学生時代にアメリカのロッキー山脈で出会ったハンターから学んだトレース技術に基づき捜査する。
また、由利は、先端恐怖症でありながら、弓で矢を射る武道・弓道の心得もある。静寂の中、弓を構え、的を見据えることで、彼は精神を集中させ、それが難事件解決の一助となっている。見た目は白髪の紳士で、あまり多くを語らない静かな男だが、その洞察力と論理的思考は天才的である。

 

志尊淳!相棒・三津木俊助役

吉川演じる名探偵の相棒を演じるのは、志尊淳。ミステリー作家志望で、由利麟太郎の助手を務める青年・三津木俊助。由利を崇拝するあまり、自分の小説を書くことよりも、由利の活躍を記録するWEBサイト「由利麟太郎の事件簿」の運営に力を入れている。事件現場でも、助手として由利とともに行動し、次々と起こる怪事件をともに推理していく。
 物静かな“静”の由利に対し、よくしゃべる“動”の三津木。一見すると、さわやかな青年であるが、ふいに事件の核心に触れたりする。

 

探偵・由利麟太郎・最終回(第5話)感想

さくらの幻想的な非現実的なところを見事に高岡早紀さんははまってました。魔女的な感じが。。

さくらの夫役が総一郎(大鶴義丹)が、一夜で10歳ぐらい老け込むシーンがあったのですが、それがリアルに老けていてびっくりしました。総一郎はさくらが所属する劇団の女性に手を出しまくっていて隠し子もたくさんいて、その1人が土屋(鈴木一真)によって殺されてしまったんです。

今回、麟太郎の妻が何故亡くなったのか、そのあたりはドラマに出てきませんでした。

今度は2時間ドラマで麟太郎が警視庁捜査一課をやめて探偵になったのか、そのあたりがドラマになってくれるといいなと思います。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました