【ドラマ・探偵・由利麟太郎ネタバレ・第3話感想】俊助が逮捕される!!

由利麟太郎

2020年6月30日(火)夜9時から「探偵・由利麟太郎」第3話「殺しのピンヒール」のあらすじネタバレになります。。

脚タレントの妻に虐げられていた夫(浅利陽介さん)が、さとうきびの毒で殺害しようとします。しかし妻を殺害できず同じモデル仲間の2人を殺害してしまいます。。。ついてない男がピエロ姿で殺害する姿は怖いのではなく哀れさを感じました。詳しくはネタバレ記事をご覧ください。

第2話のネタバレと感想はこちらをご覧ください。

スポンサーリンク

探偵・由利麟太郎第3話・あらすじ・ネタバレ

仮装パーティーに出演したモデルの名越優美(村川絵梨)は、出番を終えて戻ってきたVIPブースで、サンプルと思われる香水の美しい小瓶を持ったピエロに遭遇。思わず手に取った優美だが、モデル仲間の白川珠喜(島居香奈)にその小瓶を取り上げ香水をつける。

直後、珠喜は突然、けいれんを起こし、倒れてしまう。優美が慌てて助けを呼びに行くと、すれ違うようにやってきたのは俊助(志尊淳)だった。俊助は、偶然にも珠喜が履いていたピンヒールを拾い、持ち主を探していたのだ。

俊助が殺人容疑で逮捕

そして、行きついたVIPブースで眼から血を流して死んでいる珠喜を発見。俊助は殺人容疑で逮捕されてしまう。一方、店の裏口では、モデル仲間・川瀬文乃(阿部純子)が、踊りながら歩き去るピエロを目撃していた。

帰宅した優美は、パーティーで起きた惨劇を料理研究家志望の夫・恭介(浅利陽介)に話す。恭介はショックで打ちひしがれている妻をなぐさめようとするが、優美はうんざりした様子で恭介にきつい言葉を浴びせる。

翌朝、等々力(田辺誠一)から俊助逮捕の知らせを受けた由利(吉川晃司)は、早速、珠喜を毒殺した真犯人を捕まえるべく殺人現場へ。ゆうべのイベントにはおなじ事務所から3人のモデルが参加しており、同じ靴を履いていた。

3人のうち、名越優美は珠喜の異変に気付き外に出て救急車を呼んでいた。もう1人の川瀬文乃は靴は履かずにで裸足でランウェイを歩いていた。

麟太郎は足跡を追いながら、店の裏口では、ある足跡がここで踊っていた?踊りながら歩き去る何者かの存在がいたと推察する

スポンサーリンク

目撃者である文乃がピエロに殺害される

一方、ピエロの目撃者である文乃の家にピエロが現れる。加湿器に赤い薬液を入れ、文乃は毒ガスを吸って亡くなってしまう。

また、留置場の俊助は由利との最初の出会い時に「大事なのは観察だ」の言葉を思い出す。

麟太郎と加賀は、名越優美の自宅へ行く。夫恭介は料理が得意でレシピ本を執筆中だと聞く。事件当日、香水は珠喜に取り上げられてしまったと伝える。

文乃の自宅にいくと麟太郎は駐車場で閉じ込められ、そこでピエロに遭遇する。ピンホールを履いて文乃は殺害されていた。

「ピンヒールは呪われている」キラーからメッセージが。。。。

麟太郎はいい加減はキラーだと言い切る。行き当たりばったりの殺害だ。文乃が履いていた靴は優美の家で盗まれた靴だった。

このピエロはとても臆病だ。

ピンヒールキラーのピエロは恭介だった

名越の家にあったピンヒールは、文乃の家にあった。しかし名越の家には足跡がなかった。仮装会場の裏庭にあったピエロの足跡にローズマリーも落ちていた。

麟太郎は恭介が怪しいと推察

動機は、優実による不倫だった。優実に送付されたメールは恭介にも届くことになっていた。2人の関係はすべて恭介に筒抜けだった。

優実の自宅へ行くと社長が目にピンヒールが突き刺さり殺害されていた。

香水の毒はさとうきびから作られていた

さとうきびの毒は「清明のさとうきび」と呼ばれ、蛇の毒よりも強い。

恭介が借りていた隠れ家で麟太郎たちは恭介を捕まえる。

優実は「何故文乃と珠喜が殺されないといけなかったの?」

麟太郎は「浮気の代償だ。恭介の目的は最初からただ1人。行き当たりばったりの連続殺人だった。ピンヒールは彼にとってあなたの成功の印だったが、同時に自分を苦しめるものになっていた。」

等々力は「妻を殺めるやつはあいつ(麟太郎)は絶対に許さない。」

て由利は、壊れた懐中時計を見ながらある過去の事件を思い出していた。それは警視庁捜査一課長を由利が退職する原因となった事件で女性が海に沈んでいく姿だった。それは麟太郎の妻なのか?

スポンサーリンク

探偵・由利麟太郎・キャスト

吉川晃司!由利麟太郎

由利麟太郎(吉川晃司)は、かつて、警視庁にその人あり、と知られた捜査一課長だった。しかし、ある事件をきっかけに退職。学生時代を過ごした京都に住まいを移し、今では、殺人者の行動、心理を分析する“犯罪心理学者”として活躍している。その一方で、警察からの依頼を受け、事件の捜査を手伝っている。由利の捜査方法は、「ひたすらに事件現場を観察し続けること―」。学生時代にアメリカのロッキー山脈で出会ったハンターから学んだトレース技術に基づき捜査する。
また、由利は、先端恐怖症でありながら、弓で矢を射る武道・弓道の心得もある。静寂の中、弓を構え、的を見据えることで、彼は精神を集中させ、それが難事件解決の一助となっている。見た目は白髪の紳士で、あまり多くを語らない静かな男だが、その洞察力と論理的思考は天才的である。

 

志尊淳!相棒・三津木俊助役

吉川演じる名探偵の相棒を演じるのは、志尊淳。ミステリー作家志望で、由利麟太郎の助手を務める青年・三津木俊助。由利を崇拝するあまり、自分の小説を書くことよりも、由利の活躍を記録するWEBサイト「由利麟太郎の事件簿」の運営に力を入れている。事件現場でも、助手として由利とともに行動し、次々と起こる怪事件をともに推理していく。
 物静かな“静”の由利に対し、よくしゃべる“動”の三津木。一見すると、さわやかな青年であるが、ふいに事件の核心に触れたりする。

 

探偵・由利麟太郎・第3話感想

浅利陽介さんといえば、あの水谷豊さんの「相棒」で変わり者のイメージが強かったのですが、今回の役は、妻からの呪縛に苦しめられる役柄でした。妻だけを殺害したかったのに同じモデル仲間の2人を行き当たりばったりで殺してしまいます。うーーん、なんだか本当ついてない・・・。浅利さんてそういう役見事にはまりますよね。

今回の第3話では由利麟太郎が捜査一課を退職した片鱗がみえました。自分の奥さんが殺された?自殺されてしまった?ようです。由利麟太郎もあと2回を残すだけになりました。

次回第4話のあらすじはこちらになります。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました