【ドラマ・探偵・由利麟太郎ネタバレ・第2話感想】なにかに憑かれたエマ

由利麟太郎

2020年6月23日(火)夜9時から「探偵・由利麟太郎」第2話のあらすじとネタバレになります。

今回の第2話は、ホラー映画を彷彿させる怖いドラマ仕立てでした。怖かったです。洋館、人形・・・久しぶりにテレビでサスペンスドラマでこんな怖いドラマみました(笑)

第一話のネタバレと感想はこちらをご覧ください。

スポンサーリンク

探偵・由利麟太郎第2話・あらすじ・ネタバレ

祇園のクラブでホステスとして働く吉岡エマ(水上京香)は、近ごろ得体の知れない“黒い影”に襲われる悪夢に悩まされていた。店にいるときも部屋で休んでいるときも、恋人の五月翔太(赤楚衛二)の腕の中にいるときでさえも、“黒い影”は突如目の前に現れ、そのたびにエマを恐怖に陥れていた。

エマは美沙子が死んでいると言い出すが・・・

心をむしばまれたエマは、やがて何かにつかれたように意味不明な言動を繰り返し、天井から切り落とされた女の腕が落ちてくる幻覚まで見るように。五月はそんなエマを心配するが、一方で、五月の元恋人で同じホステスの神崎美沙子は、気味が悪いとエマを激しく敵視する。

五月はエマに「もうお前の前に現れないように話つけてやる」というがママに止められる。

エマはドラマのオーディションを受けるためにイギリス人の監督に呼ばれ洋館に行く。車で移動中、目隠しするよう言われる。そこでエマはバスタブの中で死んでいる美沙子を見た。気絶している間にマンションの近くで目を覚める。

エマは女性の死体をみたと井出と俊助に打ち明ける

その頃、学生時代の旧友でミステリー同好会の仲間だった井出圭一(尾上寛之)と会っていた俊助(志尊淳)は、道端で放心状態のエマに遭遇した。

井出が店の常連客だと知ったエマは、突然「女性の死体を見た」と言い出し、聞けば、ドラマのオーディションで連れていかれた洋館で、バスタブの中で死んでいる美沙子を見たという。しかし、日ごろから幻覚に悩まされていたエマは、それが現実だという確証が持てない。

スポンサーリンク

エマの幻覚ではなく美沙子の死体がみつかった

 

真相を確かめるべく由利(吉川晃司)に助けを求めた俊助は、早速洋館の場所を突き止めるが、そこには死体どころか殺人が行われた痕跡も見当たらない。

さらに翌日には美沙子が店に来たとママの梶原絹江(山口香緒里)が証言する。辞めると言ってきた。

そして洋館のバスタブから美沙子の死体が発見された。

容疑者として警察で取り調べをうける麟太郎

 

近くの防犯カメラに映っていたエマ、井出、俊助、麟太郎が警察から呼びだされる。

美沙子の腕の断面のみ冷凍されていた。麟太郎は「この殺害現場はどこかで見たことがある・・・」

エマを連れていったイギリス人もみつからない。

警察の取り調べを受けていた五月翔太が逃げた。

井出は父親の映画の模倣犯だった

逃げる五月とエマに麟太郎は「逃げる必要はない、屋敷にあった靴跡は君のものではない。」と伝えるが、五月はまた再び逃げてしまう。

警察は美沙子が殺害された洋館へいくとバスタブの前で五月が殺されていた。

麟太郎は殺害現場が重要だと俊助に話す。麟太郎が向かった場所は井出レンズの倉庫だった。

昔、「真の家」というミニシアターで一度みたことがある。井出の父親は道楽で1本映画をとっていった。その映画のシーンに今回のバスタブで女性が殺され片腕を切断されるシーンがある。

井出は父親の映画をまねた模倣犯であり、エマはその映画のヒロインに選ばれた。エマが住んでいたマンションは井出の持ち物であり、エマの部屋にはすべて隠しカメラがあり、すべて井出によって監視されていた。

エマがみていた幻覚はすべて井出が仕組んだことだった。

小さい頃から悪夢をみていた井出だった

エマは女優になりたいと言っていた。僕の映画で女優になる。

美沙子は、井出がエマと同じマンションに住んでいることを知ってしまい、「あんたみたいな大人になれないボンボンが一番達が悪い」とバカにされたのが理由だった。

そして大学の同級生だった俊助も井出から恨まれていた。

麟太郎は「いつから君はこの悪夢を見続けている?君にも分っているはずだ。オリジナルを超えられるリメイクなどない。」

井出は小さいころに父親が映画を撮影するのを見学していた。その映画は男が女性の腕を切断する場面もある。「何年も思い描いていたエンディングある。」とチェーンソーで麟太郎と俊助を襲うが、麟太郎が捕らえる。

エマは五月翔太が亡くなったことを聞いて愕然とする

スポンサーリンク

探偵・由利麟太郎・キャスト

吉川晃司!由利麟太郎

由利麟太郎(吉川晃司)は、かつて、警視庁にその人あり、と知られた捜査一課長だった。しかし、ある事件をきっかけに退職。学生時代を過ごした京都に住まいを移し、今では、殺人者の行動、心理を分析する“犯罪心理学者”として活躍している。その一方で、警察からの依頼を受け、事件の捜査を手伝っている。由利の捜査方法は、「ひたすらに事件現場を観察し続けること―」。学生時代にアメリカのロッキー山脈で出会ったハンターから学んだトレース技術に基づき捜査する。
また、由利は、先端恐怖症でありながら、弓で矢を射る武道・弓道の心得もある。静寂の中、弓を構え、的を見据えることで、彼は精神を集中させ、それが難事件解決の一助となっている。見た目は白髪の紳士で、あまり多くを語らない静かな男だが、その洞察力と論理的思考は天才的である。

 

志尊淳!相棒・三津木俊助役

吉川演じる名探偵の相棒を演じるのは、志尊淳。ミステリー作家志望で、由利麟太郎の助手を務める青年・三津木俊助。由利を崇拝するあまり、自分の小説を書くことよりも、由利の活躍を記録するWEBサイト「由利麟太郎の事件簿」の運営に力を入れている。事件現場でも、助手として由利とともに行動し、次々と起こる怪事件をともに推理していく。
 物静かな“静”の由利に対し、よくしゃべる“動”の三津木。一見すると、さわやかな青年であるが、ふいに事件の核心に触れたりする。

 

探偵・由利麟太郎・第2話感想

お化け屋敷・人形、幽霊・・・ホラー映画のようでした。すごい迫力でした。目玉が空中に浮かんでいたときは、さすがにビビッてしまいました。すべては仕組まれたことでしたが、そんな幻覚を見せられたら誰もが気が狂いそう。

由利麟太郎を演じる吉川さんのアクションシーンが長い時間ではないのですが、あります。それがすごいかっこよくて背がおおきいからバシって決まるのですよね。黒いコートきているのでキアヌリーブスのマトリックスを彷彿させます。

知性もあって力もあって、でもどうやって収入得ているんだろう。。探偵ってクライアントがあって成功報酬を得るものだと思いますが、お金を受け取っているところは出てきませんね。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました