【ドラマ・探偵・由利麟太郎ネタバレ・第1話感想】吉川晃司初主演6/16スタート

由利麟太郎

2020年6月16日(火)から5週に渡って放送されます「探偵・由利麟太郎」のあらすじとネタバレになります。

この作品は、金田一耕助シリーズで知られる横溝正史が世に送り出した、戦後初の本格長編小説「蝶々殺人事件」を含む「由利麟太郎」シリーズを初めて連続ドラマ化になります。

吉川さんが演じる主人公・由利麟太郎は、元警視庁捜査一課長という経歴を持つ、白髪の名探偵でで、助手としてバディーを組むのは、志尊淳演じるミステリー作家志望の青年・三津木俊助。

黒のコートがとってもよく似合う吉川晃司さん。由利麟太郎という、どこかドラキュラを彷彿させるようなイデタチでの探偵は見事でした。助手を務める三津木(志尊淳)は由利から教えてもらった教えを従順にこなしてました。

サスペンスドラマとしては久々にみる本格ドラマでした。

スポンサーリンク

探偵・由利麟太郎第1話・あらすじ・ネタバレ

 

由利麟太郎(吉川晃司)は、元捜査一課長の経歴を持つ名探偵。頭脳明晰(めいせき)で「警視庁にその人あり」と言われるほど優秀な人物だったが、ある事件をきっかけに退職。現在では、学生時代を過ごした京都に住まいを移し、骨董(こっとう)品屋を営む波田聡美(どんぐり)が家主となる部屋を拠点にしている。また、由利を「先生」と呼んで慕うミステリー作家志望の三津木俊助(志尊淳)を助手に従え、犯罪心理学者として活躍している一方で、警察からの依頼を受け、事件の捜査を手伝っている。

花どくろから殺人予告メール

そんな由利のもとに、ある日“花髑髏(はなどくろ)”と名乗る人物から殺人予告のメールが届く。「挑戦状だ!」と息巻く俊助とともに、早速、指定された場所二本榎へ向かった由利は、そこで血が滴る冷凍庫を発見。

中には、遺伝子研究者として知られる日下瑛造(中村育二)の養女・日下瑠璃子(新川優愛)が全身を縛られ、血を流した状態で閉じ込められていた。瑠璃子にまだ息があることを確認した由利は、救急車を呼び、冷凍庫の持ち主である日下の屋敷へと急ぐ。

日下が殺されていた傍には血に染まった頭蓋骨が・・・

そして、由利の旧友でもある京都府警の等々力警部(田辺誠一)と合流し、俊助が人影を見たという2階へ駆け上がると、瑛造の息子・瑛一(長田成哉)の部屋と思われる一室で、致死量に達するほどの大量の血が付着したダウンコートをベッド脇から発見した。

さらに研究室では、日下が胸に短刀を突き立てられ、無残な姿で見つかる。由利は、遺体の傍らに不気味に置かれた、血で真っ赤に染まった頭蓋骨があった。

スポンサーリンク

瑠璃子と詠一は結婚する予定だった

詠一と瑠璃子は結婚することを父に反対されていた。瑠璃子は養子であり、詠一は本当の兄弟じゃないことを1年前に知った。ダウンコートは詠一のコートだった。

詠一は生きているのか?

20年前に日下と湯浅は未認可の実験を行った

湯浅教授は日下に実験を手伝うように依頼されたため現場にいた。湯浅は第一発見者に他ならない警察は第一発見者を疑うため嵌められたのではないか。

20年以上前、湯浅と日下は「暴力衝動を抑制する超音波治療」の実験を行っていた。テストケースとして八十川藤吉に超音波治療を行うと、半月後、自分で首をへし折って自殺した。未認可の実験が明るみにでることは避けなければなかった。

あの頭蓋骨は戒めのために研究室に保管していたものだった。

日下家には詠一、瑠璃子、魁太がいた

由利はこの家に瑠璃子と日下2人だけか尋ねると、湯浅教授が、「魁太(かいた)がいる。部屋からでてこない」日下が遠縁から引き取った男の子だった。しかし魁太の部屋にいくが、忽然と消えてしまった。

瑠璃子は、父の研究室から魁太の悲鳴が聞こえたことがあると由利に伝える。

由利は隠し扉を見つける。そこには隠し部屋があった。由利には子供が苦しむ声が聞こえた。

ほどなくして魁太がスクラップの圧縮機で殺されたと等々力警部から連絡が入る。隠れ場所には”GAME OVER”というダイニングメッセージがあった。。警察は違法実験に耐えられず魁太は、日下を殺してしまった。瑠璃子はそれに巻き込まれたと推察したが、由利は違うことを考えていた。

スポンサーリンク

瑠璃子は八十川の娘アキラだった

瑠璃子が日下を殺害した。瑠璃子は、父親の髑髏(どくろ)と戦っていた。20年前実験台にさせられた八十川の妻は、病床で最後まで青いリボンを持っていた。

瑠璃子は実験台になった八十川の子で本当の名前はアキラだった。

由利は、「瑠璃子は自分で自分の体を刺したに違いない。次に殺されるのは詠一だ。彼を探さなければならない。」瑠璃子が書いた絵には、八十川藤吉の実験ノートが隠されていた。これが瑠璃子の犯罪のトリガーになった。

瑠璃子は暴力によって日下教授との子供を産んでいた

瑠璃子は経産婦だった。育ててもらった恩を返せと暴力によって日下教授との子どもを産んでいた。それが魁太だった。

詠一は父親から八十川の娘が瑠璃子だから結婚は認めないと言った。詠一はすべてのDNAを調べ魁太が父親と瑠璃子の間で産まれた子供だと知った。そして魁太を殺すと瑠璃子に言ってしまった。

瑠璃子は魁太をまもるために詠一を殺そうとしたところで由利と等々力が現場に到着した。

瑠璃子は自分の息子を守るために日下を殺した。そして魁太の殺害を偽装し偽りの家族を葬る計画をたてた。

瑠璃色の顔料の化学物質はぜんそくの発作を引き起こすものであり、瑠璃子は湯浅教授への復讐を果たした。

スポンサーリンク

探偵・由利麟太郎・キャスト

吉川晃司!由利麟太郎

由利麟太郎(吉川晃司)は、かつて、警視庁にその人あり、と知られた捜査一課長だった。しかし、ある事件をきっかけに退職。学生時代を過ごした京都に住まいを移し、今では、殺人者の行動、心理を分析する“犯罪心理学者”として活躍している。その一方で、警察からの依頼を受け、事件の捜査を手伝っている。由利の捜査方法は、「ひたすらに事件現場を観察し続けること―」。学生時代にアメリカのロッキー山脈で出会ったハンターから学んだトレース技術に基づき捜査する。
また、由利は、先端恐怖症でありながら、弓で矢を射る武道・弓道の心得もある。静寂の中、弓を構え、的を見据えることで、彼は精神を集中させ、それが難事件解決の一助となっている。見た目は白髪の紳士で、あまり多くを語らない静かな男だが、その洞察力と論理的思考は天才的である。

 

志尊淳!相棒・三津木俊助役

吉川演じる名探偵の相棒を演じるのは、志尊淳。ミステリー作家志望で、由利麟太郎の助手を務める青年・三津木俊助。由利を崇拝するあまり、自分の小説を書くことよりも、由利の活躍を記録するWEBサイト「由利麟太郎の事件簿」の運営に力を入れている。事件現場でも、助手として由利とともに行動し、次々と起こる怪事件をともに推理していく。
 物静かな“静”の由利に対し、よくしゃべる“動”の三津木。一見すると、さわやかな青年であるが、ふいに事件の核心に触れたりする。

 

探偵・由利麟太郎・第1話感想

 

「由利麟太郎」刃物が嫌いみたいです。でも最後は刃物を向けられても戦ってました。背が高いし白髪の黒いコートがサマになってました。”マトリックス”的な・・・・。アクションがかっこよかったです。

ストーリーは瑠璃子がとてもかわいそうでしたが、まさか魁太が瑠璃子が産んだ子供だったなんて、、、それは予想がつきませんでした。でも好きな人との子供じゃなくて同情してしまいました。

次回第2話は2020年6月23日(火)になります。

あらすじはこちらをご覧ください。

スポンサーリンク

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました