【ドラマ・妖怪シェアハウス・第5話ねたばれ・感想】澪が女狐にいじめられる!!

妖怪シェアハウス

2020年8月29日妖怪シェアハウス第5話のあらすじとネタバレになります。

澪は頭に角が生えるようになったのですが、その”力”はまだ出してません。第5話では今昔プロダクションを潰そうとしている女狐が現れます。絵に描いたような女狐ですが、九尾の狐でした。九尾の狐はが絶世の美女に化けてその時の権力者に取り入り悪行を働くことです。後妻業?が浮かびます。。。九尾の狐に対峙する妖怪はあのぬらりひょんです。。でもぬらりひょんは弱かった。。。(笑)

第4話のあらすじとねたばれはこちらです。

ドラマ・妖怪シェアハウス・第4話ねたばれ・感想】澪のSNSがバズり金一封!?
2020年8月22日妖怪シェアハウス第4話のあらすじネタバレです。 前回、澪の頭に角がでてきて、びっくりしましたが、今回の第4話の最後に自分の姿を見てしまう澪。。。これからどうなるか気になります!! 今回の妖怪はアマビエ、見るからに河童...

スポンサーリンク

妖怪シェアハウス・第5話あらすじ・ネタバレ

こんじゃくプロダクションに、本社である今昔出版の経営統括部の鷲尾香澄(幸田尚子)がやってきた。夫で会長の大滝(山路和弘)の喜寿の祝賀パーティーで配るという創立100周年の社史を1カ月という短い期間で制作して欲しいという。鷲尾香澄は会長と結婚していた。

原島(大東駿介)はそんな短時間では無理だと一度は断るが、澪は「こんな分厚い社史持って帰るのは大変、データではだめなのか?」と発言しは香澄から持ち上げられ、澪はリーダーとして引き受けることに。さらにその夜、香澄にご馳走になり、高価なプレゼントまでもらった澪は、すっかり有頂天になり、やる気満々に。

スポンサーリンク

原島はこんじゃくプロダクション会社の前妻の息子

 後日、澪の指揮のもとみんなでさっそく作業に取り掛かるが、本社から百年分の膨大な資料が届き、その資料整理に追われるはめに。さらにそこへ香澄から連絡が入り、本社から応援スタッフを派遣してくれるという約束のはずが、トラブルが発生して派遣できなくなったという。その展開に、美雪(内藤理沙)が何か魂胆があると疑いはじめ、香澄には悪い噂もあること、そして原島は実は会長の前妻の息子で、会長一族から追い出されていたことを澪に伝える。

 それでも夜遅くまで作業を続ける澪たちの前に再び香澄が現れ、本社で立ち上げる新企画を美雪と沙羅(宮本茉由)に手伝って欲しいと言い始める。ただでさえ厳しいスケジュールなのに人数が減ることに、原島は怒りを露わにするが、澪は生まれて初めて信頼して任された仕事だからとその状況でも頑張り続ける。

香澄が本性をだす

澪がいないと火が消えたみたいに妖怪シェアハウスは暗かった。「なんで俺たちはよくも知らない人間のことを心配しているんだ。。。」

徹夜続きの澪が久しぶりに家に戻ってきた。なんでそんな一生懸命やるのか?問われると、「わたし上司に頼られるのは始めてなのです。これは24歳の私にしかできない挑戦なのです。」

そこに再度香澄が現れる。「もし明日までにゲラができないならこんじゃくプロダクションは解体します。」

原島はそんな魂胆だと見抜いていてやっても無駄だとあきらめかけるが、澪はまだあきらめずにやり続ける。

スポンサーリンク

澪の体に異変が。。。高熱で倒れる

なんとか一段落し一旦家に帰ってシャワーを浴びたあと、澪の手にはへんな形の痣ができていて、かゆい。

目を覚ました澪は「なんとか会社に行かなければ、、、社史ができれば社長も喜ぶはず。。。」

しかしものすごい熱で倒れる。。。

譲の祈祷により澪は赤い痣が消える。。

さっそく仕事にいこうとするとぬらりほんは、香澄はとんでもない女狐だと伝える。九尾の狐の可能性がある。

ぬらりひょんの調査報告会議が行われる。

鷲尾香澄は那須純一と不倫しており、2人で今昔出版を乗っ取りが目的だった。なんと鷲尾香澄は結婚歴に問題がある。9年前も夫が2年で殺害している。

原島は会長に直談判

ぬらりひょんは澪に「自分を輝くことしか考えてない上司のために、ちゃんと自分の頭で考えないと無駄死にするよ。澪は誠に素直でやさしいし、頑張り屋だし、無駄死にするよ。。。」

妖怪たちはみんな澪のことが心配だった。

原島は、会長に会いにいく。そこには香澄もいた。

「あなたが本社から出すといった応援もなく、本社が担当するはずだった各所の許可取りもなく、うちの社員を2人も本社に引き抜き、最後には締め切りをはやめるとは。。おかげでうちの社員が倒れたんですよ。私をクビにするのが目的なのはすぐにすればいい。社員の命より大事なものなんてない。」

スポンサーリンク

社史ができたと澪が会長のもとに

「社史ならできました!!!」澪が会長と香澄のもとへ

社史の仕上げを妖怪たちが手伝ってくれた。

澪は「原島さんの解雇はなかったことでお願いします。鷲尾さんは妖怪を信じますか?」

そして澪は会長に香澄はこの社史を利用して原島さんをこんじゃくプロダクションごと追い出そうとしている。と伝える。

澪は警備員によって連れられていくが、会長に「先々代の社訓4か条、①働くことこそ遊びはなれ、②よく食べ、よく眠ること、③良い夢をみること、④目に見えない者を信じる心を育てること。わたし本当に素晴らしい会社だと思いました!」

ぬらりひょんは会長と澪を妖怪シェアハウスへ

会長は妖怪シェアハウスで寝ている。そこに香澄がぬらりひょんに連れてこられる。会長は脳溢血の可能性があると伝えると、香澄は席をはずし、那須に電話する。

「もしもし、思ったよりも早く死にそうよ。これで計画通り、今昔出版も遺産もすべて手に入るわ。お葬式では笑わないようにしなきゃ。」

目をさます会長

澪が、録音したレコーダーを会長に聞かせる。そこにはさっきの香澄の電話した会話、また会長にあぶらっこいものを食べさせ早死にさせようと話している会話を聞かせ、浮気現場を見せた。

会長はわが社をでていくのはきみのほうだな。。と伝えるが、香澄は

「取締役会は私のいいなりよ。」ぬらりひょんが指切りで香澄の行く手を阻もうとするが、

しかし指切りがきかない。。。

スポンサーリンク

澪は怒りで頭に角がはえる。。

香澄は「法的な手段をとる!刑事事件になるかもね。目黒さん、あなたは首よ、さようなら。」怒りに震えた澪の頭に角が生える・・・・・

澪とぬらりひょんが2人で指切りするが、、それも効かない。。。

会長はお礼をいって妖怪シェアハウスをあとにする。

今昔出版では幹部会議が開かれる。しかし香澄に異変が。。。。ちゃんとしゃべれない。。。。。

ぬらりひょんは「お前は九尾の狐かーーー。」

香澄は出ていったーーー。

 

澪は仕事にもどる。そしてぬらりひょんについてSNSをあげるとSHIRAHAMAからいいね!が。

だが澪はようやくSHIRAHAMAがHARASHIMAではないか気づく。

SHIRAMAHA=>HARASHIMA(ならびかえられた?)

そしてなんだか胸がどきどき。。。しているのが気がつく。

スポンサーリンク

妖怪シェアハウス・相関図・キャスト紹介

 

目黒澪(めぐろ・みお)(24)………小芝風花

人を信じやすく、まじめで我慢強い一方で、自分に自信がなく、自己評価がとても低い。人に嫌われるのを極端に恐れ、空気を読むことだけは得意。親には心配かけたくないあまり、何があっても、いつも「大丈夫、元気でやってる」と伝えている。特にやりたいことも目標もなく、とりあえず就職できた化学系メーカーの事務職に就くが、やりがいを感じることもなく、無難に社内恋愛して、そのうち結婚、出産かな…と考えていた。が、恋した相手は究極のくず男で、言いくるめられてはお金を貸し、挙句借金まで背負うことに。

 

お岩さん四谷伊和(よつや・いわ)………松本まりか

いわずと知れた、「恨めしや~」四谷怪談のお岩さん。人間の姿のときは、ナースとして働き、目にゴミがはいっただけの人にも、すぐに眼帯を付けたがる、実は心根の優しい幽霊。元来の面倒見のよさからつい澪を拾ってきてしまった。しかし過去、夫に裏切られ、毒を盛られた恨みを抱えるお岩は、裏切った男には復讐すべき、泣き寝入りは許さないと考えるアグレッシブさを持つ。やられたらやり返すのが信条。愛情が過剰な傾向があり、かつての夫・伊右衛門のことも心底愛していたし、愛しすぎたからこそ裏切りを許せず、夫を呪い殺した。普段は超絶優しい。怒ると超絶コワイ。振り幅が過剰。澪への心配も過剰、浮気する男性への怒りも過剰な女性である。

 

酒呑童子酒井涼(さかい・りょう)………毎熊克哉

酒好き、女好きのモテ過ぎるイケメンで、少々乱暴な酔っ払いだが、卑怯者は許さない正義感あふれる粋な男。かつて自分に恋焦がれて死んだ女の恋文から出た恨みの炎で鬼化したこともあり、一見怖そうに見えて、実は女性に優しい。骨董品の真贋を見分ける目があり、現世ではオークション会社に勤務している。女性の好みにもうるさく、酸いも甘いも噛み分けた、大人の女が好み。澪のような小娘に興味はなく、もっと男を手玉に取るくらい勉強して、出直して来いと思っている。

 

座敷童子和良部詩子(わらべ・うたこ)………池谷のぶえ

どう見ても妙齢なのだが、「わらし」と自分のことを呼ぶ、座敷童子。お屋敷や蔵に住み着く精霊だが、今は妖怪たちが住むシェアハウスの寮母として、みんなの世話をする。ちょいちょい江戸時代の言葉を遣い、江戸時代のレシピで料理を作るのが得意。涙もろく、泣き出すと止まらない。ここぞというとき、変な歌詞のわらべ歌を歌う。また、劇中に毎回登場する昔話のナレーションも担当している。

 

山中美雪(やまなか・みゆき)(30)………内藤理沙

中堅編集者で、仕事は優秀。原島の一応右腕的存在で、原島が本社から飛ばされた事情を知っている。見た目と違って、超大雑把で、汚部屋に住みキノコが生えたことも。彼氏もいない、お金もないが、出会いを求めていて、必死に低料金の婚活サイトを探す。

 

柳沙羅(やなぎ・さら)(23)………宮本茉由

原島の部下の、若手編集者。いまどきの若くて可愛い、最強の女の子。本当はファッション・美容雑誌がやりたかった。人を見て態度を変え、意地悪なことも可愛く言ってのける。澪にもちょいちょい嫌味を言う。

 

水岡譲(みなおか・ゆずる)(26)………味方良介

シェアハウスの隣にある荒波神社の新人神主で、シェアハウスの大家。こう見えても、陰陽師の末裔だが、お祓い能力は、いまいち。シェアハウスでこき使われ、雑用をしては、お小遣いをもらっている。澪に対してはかなり上から目線だが、澪が妖怪と人間の境目を越える危険性を持つことを知る唯一の存在として、澪を心配し、早くシェアハウスから追い出そうとする。

 

原島響人(はらしま・ひびと)(39)………大東駿介

かつては大手出版社で働いていたが、何かの事情で飛ばされ、今はその子会社である小さい編集プロダクションの社長。仕事もお金もない澪が働くことになるが、面接のときから厳しく、働き始めると罵声を浴びせ、雑用をさせる超ドS上司。が、澪の窮地はなんだかんだ助け、頼りになる。

 

ぬらりひょん沼田飛世(ぬまた・ひよ)………大倉孝二

忙しくする他人の家にいつの間にか上がり込み、煙草を呑んだり、お茶をすすったり、呑気に振る舞っては、いつの間にか去る妖怪。かつては池や沼の神として村人の供養で食べていたが、今は弁護士兼経営コンサルタントとして、カレー屋の経営コンサルを担当する。ぬらりくらりとした仕事ぶりだが、たまに、ひょんと活躍するという処世術で、結果、負け知らず。

妖怪シェアハウス第5話・感想

ぬらりひょんは、どこからともとなく現れて、家に上がり込んだらお茶飲んだり、煙草を吸ったり、そして突然いなくなる。。。まさに、ぬら~~り、くら~~り。たったそれだけの妖怪だったようです。本当それだけ???って思ってしまいました。

でもぬらりひょんは指切りすると、相手がフリーズするのに、香澄に効かなかったはなぜか?

それは香澄が九尾の狐の妖怪だったからなんだと思います。そこは明らかな説明はなかったのですが、人間だったらその指切りが効くんでしょうね。

原島社長、かっこいいですよね。澪とお似合い。

第6話からは、原島とのラブストーリー?が始まるようです。次回6話のあらすじはこちらになります。

【ドラマ・妖怪シェアハウス・第6話ねたばれ・感想】澪は原島に失恋・・・
2020年9月5日放送の妖怪シェアハウス第6話のあらすじとネタバレになります。 山姥のやまちょすが、滅茶苦茶よかったです。。。澪の外見を美しくして「同じ時代で恋すること自体が奇跡なんだよ」と言って励ましてファイピー(多分ファイト!)!!何...

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました