ドラマ・妖怪シェアハウス・第3話ねたばれ・感想】澪の友人・藍が結婚詐欺のピンチ

妖怪シェアハウス

2020年8月15日妖怪シェアハウス第3話のあらすじとネタバレです。

なんと澪の頭に角が出てきてしまいました。妖怪になっちゃったの!?幼馴染が騙されて鬼になってかみついてました。。。びっくりです。。。。くわしくはネタバレ記事をご覧ください。

第2話のあらすじはこちらです。

スポンサーリンク

妖怪シェアハウス・第3話あらすじ・ネタバレ

こんじゃくプロダクションで正式採用されることになった澪(小芝風花)だが、こき使われるうえに、最初のお給料はスマホ代に消え、相変わらずお金もない。

大親友の藍の彼氏を紹介される澪

妖怪たちに心配されながらも出社する澪に、うれしい人から連絡が入る。故郷の喜界島で一緒に育った大親友の藍(松田るか)だ。
 久々に再会することになった澪は、藍から出会い系サイトで出会ったという彼氏の斉藤(渋谷謙人)を紹介される。斉藤は若くして起業家として成功、今はラーメンチェーンのオーナーをやっており、4店舗目の出店と近々カップ麺を売り出すために出資者を募っているという。幸せそうな藍を見て喜ぶ澪だったが、たまたま同じお店で合コンをしていたのんべ(毎熊克哉)が帰宅後、斉藤のことをどこかで見た覚えがあると言うが思い出せない。

のんべは合コンでモテまくっていた(笑)

スポンサーリンク

 藍が斎藤に出資したら3倍になったと・・・

カエル顔のシケ面がどこでみたか、思い出せないのんべ

後日、こんじゃくプロダクションに藍が興奮して訪ねてきた。斉藤に10万円投資したら30万円とカップ麺50食が付いて戻ってきたという。プロポーズされていた藍は、安心して斉藤に200万円投資して結婚すると言い出す。

藍は、出会い系サイト、マリッジペアで彼が出てきて会ってみたらすごい真面目な人で、別な会社立ち上げたばっかりでお金がないけど、一緒に住もうと言われた。

斎藤宏は元ホストで悪どい

シェアハウスに帰宅した澪は喜々として藍のことを妖怪たちに報告していたところ、のんべが斉藤のことを思い出した。

女からのプレゼントを査定しろと言われた。なりすまし詐欺だ。。SNSで相手の好みを徹底的にしらべてホストとしては成功している。

澪は話をすべて聞いていた。

「私の友達を助けてくれませんか?」

お岩をはじめ妖怪たちは、「藍は信用できるの?」協力しようとしない。

スポンサーリンク

藍に絶交される澪・・・・

澪は藍にすべて打ち明けるが。。。

「ひがんでいるの?もう親友じゃないから・・・・」と言われてしまう。

澪「藍がいたから今日まで生きてこれたんです!助けてあげたことは一度もないんです!ここで助けなきゃ、生きている意味がないです。」

日曜日、藍はきっと彼に会いに行くはず。。。澪は後を追う。

不動産会社に入っていく藍と斎藤宏・・・

澪は追い出されてしまい、ごみ置き場に入れられてしまう。。。

藍は手付金を払ってしまう。

のんべが澪を助けにきた。

スポンサーリンク

のんべが斎藤宏の本性を明かす

斎藤宏の本名は土方敏夫・・・・

ホスト時代のとき、女性からもらったカバンや指輪とかをのんべに売りに来た。その時の写真と領収書だ。すべてをばらす。騙された女性の被害者の会もあった。

のんべは酒吞童子

鬼に王道なーし!!

土方は本性を出す。。。「結婚詐欺は立件が難しいんだよ、被害届だしても警察はまともに相手にしないよ、騙される方が悪いでしょ」

澪の頭に角が!!!

座敷童が歌を歌っている。。。。

澪の頭に角が!!!

妖怪シェアハウスに閉じ込めて全員で追い詰める。

この卑怯者!!!鬼に王道なんてない!

かみつく澪。。。。

スポンサーリンク

藍は島へ帰る

藍が目を覚ます。

澪は藍にお金を渡す。投資した分を返してあげた。。。

藍は澪に謝りにきた。そして島に帰ると伝える。ずっと一生友達でいてね。

澪の職場の先輩がのんべに会いに行く。

家にキノコ生やしているんじゃね!と一蹴される。

鬼よりも人間のほうがよっぽど怖い・・・・。

 

妖怪シェアハウス・相関図・キャスト紹介

 

目黒澪(めぐろ・みお)(24)………小芝風花

人を信じやすく、まじめで我慢強い一方で、自分に自信がなく、自己評価がとても低い。人に嫌われるのを極端に恐れ、空気を読むことだけは得意。親には心配かけたくないあまり、何があっても、いつも「大丈夫、元気でやってる」と伝えている。特にやりたいことも目標もなく、とりあえず就職できた化学系メーカーの事務職に就くが、やりがいを感じることもなく、無難に社内恋愛して、そのうち結婚、出産かな…と考えていた。が、恋した相手は究極のくず男で、言いくるめられてはお金を貸し、挙句借金まで背負うことに。

 

お岩さん四谷伊和(よつや・いわ)………松本まりか

いわずと知れた、「恨めしや~」四谷怪談のお岩さん。人間の姿のときは、ナースとして働き、目にゴミがはいっただけの人にも、すぐに眼帯を付けたがる、実は心根の優しい幽霊。元来の面倒見のよさからつい澪を拾ってきてしまった。しかし過去、夫に裏切られ、毒を盛られた恨みを抱えるお岩は、裏切った男には復讐すべき、泣き寝入りは許さないと考えるアグレッシブさを持つ。やられたらやり返すのが信条。愛情が過剰な傾向があり、かつての夫・伊右衛門のことも心底愛していたし、愛しすぎたからこそ裏切りを許せず、夫を呪い殺した。普段は超絶優しい。怒ると超絶コワイ。振り幅が過剰。澪への心配も過剰、浮気する男性への怒りも過剰な女性である。

 

酒呑童子酒井涼(さかい・りょう)………毎熊克哉

酒好き、女好きのモテ過ぎるイケメンで、少々乱暴な酔っ払いだが、卑怯者は許さない正義感あふれる粋な男。かつて自分に恋焦がれて死んだ女の恋文から出た恨みの炎で鬼化したこともあり、一見怖そうに見えて、実は女性に優しい。骨董品の真贋を見分ける目があり、現世ではオークション会社に勤務している。女性の好みにもうるさく、酸いも甘いも噛み分けた、大人の女が好み。澪のような小娘に興味はなく、もっと男を手玉に取るくらい勉強して、出直して来いと思っている。

 

座敷童子和良部詩子(わらべ・うたこ)………池谷のぶえ

どう見ても妙齢なのだが、「わらし」と自分のことを呼ぶ、座敷童子。お屋敷や蔵に住み着く精霊だが、今は妖怪たちが住むシェアハウスの寮母として、みんなの世話をする。ちょいちょい江戸時代の言葉を遣い、江戸時代のレシピで料理を作るのが得意。涙もろく、泣き出すと止まらない。ここぞというとき、変な歌詞のわらべ歌を歌う。また、劇中に毎回登場する昔話のナレーションも担当している。

 

山中美雪(やまなか・みゆき)(30)………内藤理沙

中堅編集者で、仕事は優秀。原島の一応右腕的存在で、原島が本社から飛ばされた事情を知っている。見た目と違って、超大雑把で、汚部屋に住みキノコが生えたことも。彼氏もいない、お金もないが、出会いを求めていて、必死に低料金の婚活サイトを探す。

 

柳沙羅(やなぎ・さら)(23)………宮本茉由

原島の部下の、若手編集者。いまどきの若くて可愛い、最強の女の子。本当はファッション・美容雑誌がやりたかった。人を見て態度を変え、意地悪なことも可愛く言ってのける。澪にもちょいちょい嫌味を言う。

 

水岡譲(みなおか・ゆずる)(26)………味方良介

シェアハウスの隣にある荒波神社の新人神主で、シェアハウスの大家。こう見えても、陰陽師の末裔だが、お祓い能力は、いまいち。シェアハウスでこき使われ、雑用をしては、お小遣いをもらっている。澪に対してはかなり上から目線だが、澪が妖怪と人間の境目を越える危険性を持つことを知る唯一の存在として、澪を心配し、早くシェアハウスから追い出そうとする。

 

原島響人(はらしま・ひびと)(39)………大東駿介

かつては大手出版社で働いていたが、何かの事情で飛ばされ、今はその子会社である小さい編集プロダクションの社長。仕事もお金もない澪が働くことになるが、面接のときから厳しく、働き始めると罵声を浴びせ、雑用をさせる超ドS上司。が、澪の窮地はなんだかんだ助け、頼りになる。

 

ぬらりひょん沼田飛世(ぬまた・ひよ)………大倉孝二

忙しくする他人の家にいつの間にか上がり込み、煙草を呑んだり、お茶をすすったり、呑気に振る舞っては、いつの間にか去る妖怪。かつては池や沼の神として村人の供養で食べていたが、今は弁護士兼経営コンサルタントとして、カレー屋の経営コンサルを担当する。ぬらりくらりとした仕事ぶりだが、たまに、ひょんと活躍するという処世術で、結果、負け知らず。

妖怪シェアハウス第3話・感想

冒頭シーン、澪がすごい目のクマがひどくて、仕事が忙しくて睡眠が減っていたから?そこまでやつれるの?と思ったのですが、なんと澪の頭に角が生えていたんです。。。なんか呪われているのかな。。。

澪を演じている小芝風花さんは、まっすぐな女性の役がぴったりですね。騙すより騙されるほうがまし!という役がぴったりです。

鬼になってしまって、この先妖怪として生きていくのかしら。。。ちょっと不安です(笑)

次回第4話のあらすじはこちらになります。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました