【ネタバレ】妖怪シェアハウス2第5話~ショキショキ小豆沢

妖怪シェアハウス2

2022年5月7日(土)夜23時『妖怪シェアハウス・帰ってきたん怪』第5話のあらすじとネタバレ、感想になります。

続編の放送となんと映画化が決まったドラマです。主人公の澪(小芝風花)が個性豊かな妖怪たちとの共同生活を描く異色ホームコメディです。

2020年7月にシーズン1が放送されましたが、妖怪の実写精度が高いんです。毎回踊ったり、人間を妖怪らしく脅したり、おもしろかったです。そして澪も普通の人間だったのに、なんと妖怪になってしまったようで。。

第4話のあらすじとネタバレはこちらです。

【ネタバレ】妖怪シェアハウス2第4話~澪はまた作家になれる?
2022年4月30日(土)夜23時『妖怪シェアハウス・帰ってきたん怪』第4話のあらすじとネタバレ、感想になります。 続編の放送となんと映画化が決まったドラマです。主人公の澪(小芝風花)が個性豊かな妖怪たちとの共同生活を描く異色ホームコメデ...

スポンサーリンク

妖怪シェアハウス2第5話あらすじ

目黒澪(小芝風花)が書いた「AIの限界」をテーマにした記事によって、AIロボをペットのように可愛がる大作家・大河内(木村靖司)から連載を打ち切ると言われるほど激怒させてしまい、編集長・上竜樹(安井順平)から澪だけでなく、編集者の小豆沢流(岩崎う大)までもが責任を取ってクビを言い渡される。すると、怒り狂って金ぴかマントの謎の妖怪と化した小豆沢が、銭つぶて攻撃で澪に襲いかかる。

 間一髪のところでのんべ(毎熊克哉)ぬらり(大倉孝二)が助けに入り、シェアハウスに連れ帰ったぬらりたちは、「ショキショキ」と口走ることから、小豆沢の正体が小豆を数えるのが得意な妖怪・小豆洗いだと見抜く。

いつの間にか闇落ちして銭洗いとなってしまっていた小豆洗いが、自分同様に上の呪いにかかっているのではと疑う澪だったが、そこへ突如、天神様=菅原道真公(山内圭哉)が現れ、呪いより強い力の存在を伝える。

再び奮起する澪と小豆洗いは、怒らせてしまった大河内に謝罪して、説得しようとするが、きなこ(AIロボット)と将棋、鑑定、カラオケ、記憶で対決することに。きなこが3勝1敗

そして澪VSきなこ、テーマは「未来」で小説で対決することに。澪は呪いによって小説が書けなかったが、天神様のおかげで呪いがとけた。

澪の未来はいつか私の書く力で仲間を笑顔にする・・・

大河内先生は許してくれた。

そして澪は書く仕事を依頼される。

スポンサーリンク

妖怪シェアハウス2キャスト紹介

メインキャストの紹介です。

目黒 澪(めぐろ・みお) 小芝風花

怖いもの、暗闇は苦手。
人を信じやすく、真面目で我慢強い。人に嫌われるのを極端に恐れる。自己評価が低い。恋愛に関して、とんでもなく不器用。空気を読むのだけは得意。
そんな弱弱しい搾取されがちな性格だったがお岩さんに同情されて拾われ、4人の妖怪とシェアハウスで共に過ごしてからは妖術ヒラキナオリを身に着け、
書くというやりたいこと、夢も見つけて意気揚々とシェアハウスを卒業して出ていった。
もうすっかり大丈夫、と思いきや、世の中そう甘くはなかった。「妖怪シェアハウス」なる一冊の本を出版はしたものの、さしたる脚光を浴びることなく、一発屋にさえなれなかった。
今やビーバー配達員、清掃員など常に5つ6つバイトを掛け持ちし、どうにか食いつないでいるという有様。まさに働けども働けども貧しい、派遣地獄に落ちていた。

お岩さん・四谷伊和(よつや・いわ) 松本まりか

いわずど知れた、恨めしや~、のお岩さん。
ナースをしている。目にゴミが入っただけの人にもすぐ眼帯つけたがる。
夫に裏切られ、毒殺された恨みは、「うらめしや~」と化けて出て、復讐すべき。泣き寝入りは許さない。四谷怪談のお岩は弱弱しいイメージだが、このお岩はアグレッシブ。やられたらやり返すが信条。
澪と知り合って一緒に暮らすようになってからは、澪のことが大好きで心配で仕方なく、ほとんど過保護で過干渉な母親と化している。

酒呑童子・酒井涼(さかい・りょう) 毎熊克哉

モテ過ぎるイケメン。酒好き、女好き、合コン好き。
少々乱暴な酔っ払いだが、正義感溢れる、心優しい、粋な男でもある。
現世では、オークション会社に勤務している。骨董品の真贋を当然ながら見る目があるので。
油断すると、自分を好き過ぎて、女性が死んでしまうので、あまり深入りしないことにしている。従って、女性の好みにはうるさい。

座敷童子・和良部詩子(わらべ・うたこ) 池谷のぶえ

このシェアハウスの世話好き寮母。どう見てもお年なのだが、「わらし」と自分のことを呼ぶ、座敷童子。ここぞという時、童歌を歌う。
ちょいちょい江戸時代の言葉を遣い、江戸時代のレシピで料理を作るのが得意。
 

スポンサーリンク

佐藤 満(さとう・みちる) 豊田裕大

近所の交番の巡査で、バイトに駆けずり回る澪のことをいつも心配そうに見守っている。澪のことが気になる様子だが、空回りしてしまう残念なキャラクター。実は周の息子で、ゆくゆくは閻魔寺を継ぐ跡取りである。

佐藤 周(さとう・あまね) 池田成志

妖怪達のあらたな住処・閻魔寺の住職。超生臭和尚で、隙あらば酒を飲んでいる。とても仏の道を説く人間とは思えない、いい加減さ溢れる人柄。その一方で、澪には毎回仏教にまつわるさまざまな説法をする真面目(?)な一面も垣間見せる。

ぬらりひょん・沼田飛世(ぬまた・ひよ) 大倉孝二

いつの間にか忙しい時に他人の家に上がり込み、偉そうに主人然として振る舞い、飲み食い、指図する妖怪。ただの無銭飲食妖怪かと思いきや、上がり込んだ店の経営立て直しもすれば、潰すべき店は潰して来た。
今は、弁護士兼経営コンサル。ぬらりくらりとした仕事ぶりだが、負け知らず。金にはうるさく、結構アコギに稼いでいる。
パート1では結局「正体不明の妖怪」と短く紹介されただけで正体は未だ不詳。

妖怪シェアハウス2第5話感想

小豆沢はただただ小豆を数えるだけだったのに、殺害されてしまった妖怪だったんですけど、そんな不幸な妖怪もいるんですね~。髪型がおもしろかったです。

澪がようやく書く仕事ができるようになってよかったです。菅原道真が助けてくれました。本当に大物俳優たちが妖怪を演じているのが贅沢で面白いです。

第6話のあらすじはこちらになります。

【ネタバレ】妖怪シェアハウス2第6話~あざとい澪が乗っ取り?
2022年5月14日(土)夜23時『妖怪シェアハウス・帰ってきたん怪』第6話のあらすじとネタバレ、感想になります。 続編の放送となんと映画化が決まったドラマです。主人公の澪(小芝風花)が個性豊かな妖怪たちとの共同生活を描く異色ホームコメデ...

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました