【ドラマ・私たちどうかしている第5話ネタバレ・感想】七桜は出生の秘密を知る

私たちはどうかしている

2020年9月9日(水)夜10時放送の私たちどうかしている第5話のあらすじとネタバレになります。

いよいよ真相が明らかになってきましたね。七桜は自分の父親が樹(椿の父親)で高月家の血を引くものだと知ってしまい、椿に知られる前に出ようとしますが、お腹には椿の子がいます。家族ができると喜んだ七桜ですが。。。

樹を殺害したのは百合子だと証言したのは椿。。。。しかし椿はそのとき実は樹と百合子が2人であってキスしていたのを見てしまっただけで、殺したところを見たわけではなかったんです。

 

第4話のあらすじ、ネタバレはこちらです。

【ドラマ・私たちどうかしている第4話ネタバレ・感想】しまやのわらび餅を再現する七桜
2020年9月2日(水)夜10時放送の私たちどうかしている第4話のあらすじとネタバレになります。 椿が七桜に惹かれてしまいます。七桜も。。だけど母親の無実をはらすことが七桜の目的です。椿の証言で逮捕されてしまった母親、、複雑ですね。 今...

スポンサーリンク

私たちはどうかしている第5話あらすじ・ネタバレ

七桜なお(浜辺美波)の母を演じていた夕子ゆうこ(須藤理彩)の小料理屋に突然現れた今日子きょうこ(観月ありさ)。卑劣な圧力をかける今日子の異常さを前に、夕子は七桜と関わることから手を引こうと決める。

一方、妊娠しているかもしれない七桜は、椿つばき(横浜流星)への想いと正体を隠している後ろめたさの間で揺れていた。そんな中、結婚式の招待状を送るため椿から実家の住所を聞かれた七桜は、遠いので母は呼ばなくていいと嘘を重ねる。しかしそこに現れた今日子が、夕子は近くで店をやっているのではと問い詰める!苦し紛れに言い逃れをする七桜だが、椿は夕子に挨拶に行くと言い出す。

店を訪れた椿と七桜から結婚式に招待された夕子は、自分が七桜の母親ではないことを告白しようとするが…。椿が七桜のため、夕子に結婚式に出て欲しいと頭を下げる姿を見て、全てを椿に打ち明けて嘘のない関係になろうと覚悟を決める七桜。

七桜は椿にすべて話そうとするが。。。

翌日、椿は七桜を連れ夜の庭へ。蛍が舞う幻想的な風景を七桜に見せたかったという椿は、そこで父との思い出を語る。唯一俺を抱きしめてくれる人だった。俺も父のようになりたかった。

七桜は、意を決し真実を打ち明けようとするが、今日子に割って入られ、タイミングを逃してしまう。

そんな中、大旦那(佐野史郎)は弁護士を呼んでなにやら話をしていた。その脳裏には15年前、『さくら』という女の子が作った御菓子の味が鮮明に蘇っていた…。

そして、七桜と椿の結婚式と重なっていた毎年恒例の茶会『夕ざりの茶事』を一週間前倒しにすると決める。それは二人の結婚を認めた意味にもとれるが…。

七桜は、夕ざりの茶事でだすお菓子を自分に考えさせてと頼む。

スポンサーリンク

椿の父・樹が七桜の父親だった

一方、見合いの席で、七桜の母親が人殺しだという噂を聞いたしおり(岸井ゆきの)は、椿の結婚式の日取りが決まったと知り、椿は七桜の事実を知らないのではないかとある決意をする。

その頃、城島じょうじま(高杉真宙)の部屋に再び行くことになった七桜。そこは、母・百合子ゆりこ(中村ゆり)と暮らした懐かしい部屋。一人で部屋に残され、昔よく隠れて寝ていた押し入れを覗くと、天板裏に道具箱が隠されていた。なんとその中には椿の父・いつき(鈴木伸之)から百合子に宛てた手紙、そして『七桜へ』と書かれた封筒が…。そこには、二人の運命を揺るがす残酷な事実が記されていた。

そこには高月樹と母親百合子の間に生まれてのが七桜だった。そして樹からの百合子への手紙がたくさんあった。「私の隣には君にいてほしい。。。待っている。足している」

自分と椿は兄弟なのか?

しかしもう1枚あった。それは樹と椿は親子ではなかった。DNA鑑定書があった。椿とは兄弟ではなかった。

椿は七桜がさくらなのかと気づく

大旦那様は七桜に「ある女の子を探しているんだ。さくらと呼ばれていた子だ。。」息子がかつて愛した女性の子どもだ。15年前、ここで住んでいたことがある。あの子に違いない。それを気づいたときには行方不明で椿に探せと言ってある。」

七桜は「知らない、私は何もしらない」

椿は本当はあの日(15年前)、父親と百合子が会っているのをみていた。そこで父親は本当の子どもではないと気づいた。椿がさくらを憎んでいるのは、いつかさくらが現れたら自分からこのお店を自分のすべてを奪ってしまうからだった。

椿が大旦那の部屋にいき結婚式に出てくれることをお礼をいうと、七桜がつくったお菓子を大旦那はいただこうとすると「この味たべたことがある・・・」目を輝かしていた。

椿はあんな大旦那をみたのは初めてだ。。。いや違う、あの時。。。。本当は七桜が、さくらなのか???

スポンサーリンク

七桜は高月庵からでていくことを決める

栞がやってくる。「栞は七桜が犯した罪を知っているのですか?花岡七桜の母親は殺人者だと知人に聞いた。」

椿は「でも私の知っている七桜とは別人です。」七桜を信じると決めた椿

今日子は栞に「一途に人を想い続けるのはいばらの道よ、、あきらめなさい」と伝える。

 

家を出た七桜は、多喜川に会いに行く。

「椿とは結婚しません、私を雇ってくれる人を紹介してください。」

15年前、多喜川は父の代わりに百合子がつくった御菓子を買おうとしたが、気恥ずかしかったために来年にしようと思ったが、来年はもう来なかった。とても後悔している。

家に戻る七桜

1分でも長く椿と一緒にいたいと思う七桜。。。結婚式まではいられない。。。早く真相をつかまなきゃいけない。。。

大旦那の遺言

七桜は犯人は誰か?さがしているときに、締めぱなっしになっている部屋があった。この部屋は「夕ざりの茶事」以外は開かない。大旦那はその日、1人で息子の樹と語らいあう。。

大旦那は弁護士に遺言書を預ける。そこには椿に自分の財産を譲るが、もし高月家の本当の血を引く者が現れたらその者が財産を譲ると記した。

今日は激しく抵抗するが。。。

スポンサーリンク

 

私たちはどうかしている相関図

 

花岡七桜・・・浜辺美波

和菓子職人・・・死んだ母とのつながりである和菓子作りが生きがい。幼い椿に「さくら」と呼ばれていた。赤い色をみると動悸が激しくなる。

高月 椿・・・横浜流星

老舗和菓子屋・光月庵の跡取り。cの正体に気づかなぬままプロポーズしあが、いつしか本当に好きになってしまう。

多喜川 薫・・・山崎育三郎

家族で七桜のお母さんが作る和菓子のファンだった。亡くなった父から七桜を託される

女将さん・高月今日子・・・観月ありさ

 

15年前に夫(椿の父)を亡くして以来、椿を当主にしようと必死

大旦那・・・佐野史郎

光月庵の当主、椿の祖父だが、椿と確執がある

宮部夕子・・・須藤理彩

小料理屋「ゆうこ」の女将、多喜川の行きつけの飲み屋

 

私たちはどうかしている第5話・感想

七桜が本当の高月家の血を引いた孫娘だった。。。母親がDNA鑑定書を残していて判明します。しかしそこには椿と樹のDNA鑑定があり、それは親子ではない鑑定書でした。椿と七桜は兄妹ではなかったけど、椿は一体今日子と誰の子どもなのか???それは、、、ここからは原作のネタバレになります。

↓↓↓ネタバレ

椿の父親は、あの多喜川(山崎育三郎)の父親なんです。今日子は不倫していたんです。そして多喜川と椿が兄弟。。。。次回第6話では七桜が樹と百合子の間に生まれた子だと知ると思います。

次回第6話のあらすじはこちらになります。

【ドラマ・私たちどうかしている第6話ネタバレ・感想】椿の父親を殺害したのは今日子!?
2020年9月16日(水)夜10時放送の私たちどうかしている第6話のあらすじとネタバレになります。原作のネタバレも合わせて紹介します。 今日はいきなり3年後まで話が進んでいました。光月庵が火事になってしまい七桜はお腹の赤ちゃんを流産してし...

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました