【ネタバレ】悪女(わる)ドラマ第3話~3rd STAGE マーケティング部

悪女(わる)

2022年4月27日(水)夜10時『悪女(わる)~働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?』第3話のあらすじとネタバレ、感想になります。

このドラマは、深見じゅんさんの人気漫画が30年ぶりに再ドラマ化されます。男女雇用機会均等法以前の旧態依然とした商社・近江物産を舞台に、男>女が未だ当たり前の労働環境のなか、現状を打破し成長していく主人公・麻理鈴(まりりん)が描かれます。女性の「生きづらさ」・「働きづらさ」を麻理鈴が爽快にぶち壊し、乗り越えていく大アドベンチャーコミックです。

主人公・田中麻理鈴を演じるのは今田美桜さん、謎の先輩社員・峰岸雪は江口のりこさんが演じます。麻理鈴と相性が悪い超エリート社員・小野忠役は鈴木伸之さんが演じます。

第2話のあらすじはこちらです。

【ネタバレ】悪女(わる)ドラマ第2話~2st STAGE 人事部
2022年4月20日(水)夜10時『悪女(わる)~働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?』第2話のあらすじとネタバレ、感想になります。 このドラマは、深見じゅんさんの人気漫画が30年ぶりに再ドラマ化されます。男女雇用機会均等法以前の旧態依然...

スポンサーリンク

悪女(わる)第3話あらすじ

入社前に運命の出会いを果たした“T・Oさん”(向井理)の正体を知った麻理鈴(今田美桜)は、大喜びで峰岸(江口のりこ)に報告。麻理鈴は新たな部署「マーケティング部」で働くことになった。

「マーケティング部」で麻理鈴の指導をすることになったのは、誰にでもできる仕事だからと部署で“おまけ”扱いされている“リサーチチーム”に所属する梨田(石橋静河)。彼女は高いデータ分析力を持っているものの、「仕事はお金を稼ぐ作業」と割り切り、不透明な将来に備え倹約することをモットーとしていた。

彼女が「オウミ」のECサイトのトップページに掲載する商品を決めていると聞いた麻理鈴は張り切るが、邪険されてしまうことに悩んでいると、峰岸は、「アピールの方法が間違っているのか、本当に能力がないのか…」と出世100箇条として麻理鈴に告げる。

そんな中、企画開発部の小野(鈴木伸之)が「スッポンスープ」をトップページに掲載して欲しいとやってきた。“社長の息子案件”だと聞かされた梨田は、いつものことだと承諾。
 
しかし、麻理鈴が「スッポンスープ」を競合商品と並べて掲載したため、事態は大問題に発展! 風前の灯火だった“リサーチチーム”は、解散の危機に陥ってしまう!! しかし、梨田は「どうせいつかなくなる部署でしょ」と割り切っている。
 

スポンサーリンク

リサーチチームの活躍

意気消沈した麻理鈴の家で峰岸とすっぽん鍋を食べると激うまだった。どうして美味しいのに売れないのか?峰岸はアピール不足が原因だという。麻理鈴はすっぽんのようにくらいついてどうやったら売れるのか考える。
 
麻理鈴は梨田ともにすっぽん料理を食べにいく。すっかりすっぽんの美味にはまったが、でも梨田やれることがない。
 
果たして麻理鈴は、“リサーチチーム”のピンチを救うことができるのか?
 
仕事で正しく評価されないのはアピール不足、または本当に仕事ができないか。
そしてすっぽんスープをあえて、すっぽんとはせず、『冒険スープ』として販売することに。そうするとあっという間に完売した。おまけの力がなかったら売れなかった。
 

スポンサーリンク

悪女(わる)相関図とキャスト紹介

相関図はこちらの公式ホームページをご覧ください。

相関図|悪女(わる) ~働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?~|日本テレビ (ntv.co.jp)

メインキャスト紹介はこちらです。

田中麻理鈴(まりりん)・・・今田美桜

峰岸雪・・・江口のりこ
小野忠・・・鈴木伸之
山瀬くん・・・高橋文哉
T・Oさん・・・向井理

悪女(わる)第3話感想

ドラマ中に、的をえた言葉がたくさんでるのですが、今日の一番は『楽しい老後は楽しいいまの延長』というのがあって倹約ばっかりせず、たまには贅沢するのも人生を楽しむ醍醐味だということだと思うのですが、それは大事だなって思います。

麻理鈴の元気いっぱいな姿は眩しすぎますね。あんなに元気な社員みたことがないです(笑)

第4話のあらすじはこちらです。

【ネタバレ】悪女(わる)ドラマ第4話~男女格差(125周年プロジェクト)
2022年5月4日(水)夜10時『悪女(わる)~働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?』第4話のあらすじとネタバレ、感想になります。 このドラマは、深見じゅんさんの人気漫画が30年ぶりに再ドラマ化されます。男女雇用機会均等法以前の旧態依然と...

スポンサーリンク

 
タイトルとURLをコピーしました