【ネタバレ】悪女(わる)ドラマ第2話~2st STAGE 人事部

悪女(わる)

2022年4月20日(水)夜10時『悪女(わる)~働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?』第2話のあらすじとネタバレ、感想になります。

このドラマは、深見じゅんさんの人気漫画が30年ぶりに再ドラマ化されます。男女雇用機会均等法以前の旧態依然とした商社・近江物産を舞台に、男>女が未だ当たり前の労働環境のなか、現状を打破し成長していく主人公・麻理鈴(まりりん)が描かれます。女性の「生きづらさ」・「働きづらさ」を麻理鈴が爽快にぶち壊し、乗り越えていく大アドベンチャーコミックです。

主人公・田中麻理鈴を演じるのは今田美桜さん、謎の先輩社員・峰岸雪は江口のりこさんが演じます。麻理鈴と相性が悪い超エリート社員・小野忠役は鈴木伸之さんが演じます。

第1話のあらすじはこちらです。

【ネタバレ】悪女(わる)ドラマ第1話~落ちこぼれ社員の奇跡の出世
2022年4月13日(水)夜10時『悪女(わる)~働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?』第1話のあらすじ、ネタバレと感想になります。 このドラマは、深見じゅんさんの人気漫画が30年ぶりに再ドラマ化されます。男女雇用機会均等法以前の旧態依然...

スポンサーリンク

悪女(わる)第2話あらすじ

「出世したら何でも好きなことができる」という峰岸(江口のりこ)にそそのかされた麻理鈴(今田美桜)は、出世すれば憧れの“T・Oさん”(向井理)に会えるかもしれないと期待し、「出世します!」と宣言。峰岸が何かを企む中、麻理鈴は突然、「人事部」に配属されることになった。

「人事部」で麻理鈴を待ち受けていたのは、課長の夏目(石田ひかり)。男性優位の社内で出世するために「女は男の2倍頑張らないといけない」と考える夏目は、他の女性社員を徹底的に支配&攻撃する態度から“女王蜂症候群”と陰口を叩かれていた。早速、夏目は麻理鈴にも厳しく接するが、前向きな麻理鈴には厳しい彼女のシゴキも通用せず、それどころか「女王蜂、カッコいい!」と懐かれてしまう。

人事部で社員名簿を調べた麻理鈴は、ある作戦を使って“T・Oさん”探しに励む中で、小野忠(鈴木伸之)が“T・Oさん”ではないかと目星をつける。時を同じくして、夏目が仕切るリーダー研修を手伝うことになり、部の極秘資料である早期退職候補者リストに名前が載っていた三瓶花子(渡辺江里子)と、小野と共に研修を受けることに!

スポンサーリンク

女王蜂症候群がなんぼ

峰岸と夏目が鉢合わせしてしまう。麻理鈴が一番慕っている先輩だと伝えると、夏目はに嫌がらせをする。早期退職者リストのプリントを落としたというのだ。

夏目のいやがらせにより、麻理鈴が早期リストを探している噂で三瓶花子が倒れてしまった。人事部内で夏目の陰口をたたく部員たちに麻理鈴は「夏目さんはみなさんの将来を考えているんです。わたしは100%信じてます」と言い切る。

夏目は自分がリストを隠したことを謝罪する。泣きながら謝る夏目に対して、麻理鈴は誰よりも頑張っている夏目が泣いていることに、再度泣いてしまう。

そんな中、三瓶花子が飛び降りようとしていた!?本人はぼんやり考えていただけだったが、夏目はリストに入れたことを謝罪する。

そして夏目は峰岸に対しても心を開く。わたしが一番頭きたのは、あれぐらいのスキャンダルで備品係に落とされたとき!

峰岸は「もう少ししたら動きます。オウミを変えましょう」

「ウーマンビジネス賞」を開設することに。

そしてT,Oをみつけた。

スポンサーリンク

悪女(わる)相関図とキャスト紹介

相関図はこちらの公式ホームページをご覧ください。

相関図|悪女(わる) ~働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?~|日本テレビ (ntv.co.jp)

メインキャスト紹介はこちらです。

田中麻理鈴(まりりん)・・・今田美桜

峰岸雪・・・江口のりこ
小野忠・・・鈴木伸之
山瀬くん・・・高橋文哉
T・Oさん・・・向井理

悪女(わる)第2話感想

麻理鈴の服装がダサいのが気になりますが普通じゃないってことか。「早期退職者リスト」印刷するな!って思いました。あの名簿に載っている人が知ったらどれだけ傷つくか。。。。麻理鈴は知られないように一生懸命探しますが、逆に大事になってしまって、本人に知られてしまって本末転倒。

峰岸(江口のりこさん)が、オウミを変えるために何をするのか?それが楽しみです。

第3話のあらすじはこちらです。

【ネタバレ】悪女(わる)ドラマ第3話~3rd STAGE マーケティング部
2022年4月27日(水)夜10時『悪女(わる)~働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?』第3話のあらすじとネタバレ、感想になります。 このドラマは、深見じゅんさんの人気漫画が30年ぶりに再ドラマ化されます。男女雇用機会均等法以前の旧態依然...

スポンサーリンク

 
タイトルとURLをコピーしました