【ネタバレ】和田家の男たち第1話~独身男だらけの三世代3人暮らしスタート

和田家の男たち

2021年10月22日(金)11時15分スタートの『和田家の男たち』第1話のあらすじとネタバレになります。

デリバリーサービスの配達員に勤しむ37歳の男・和田優を演じるのは相葉雅紀さんです。相葉の父・《テレビ局報道マン》に佐々木蔵之介、祖父・《新聞記者》に段田安則 さんです。素晴らしい配役です。図らずも始まる独身男だらけの三世代3人暮らし、男だらけの“令和の家族の物語”になりそうです。
 
相葉さん演じるネットニュース記者・和田優の母親・りえを演じるのが小池栄子さんです。優が10歳のときにニュース番組の後輩で7歳年下の和田秀平(佐々木蔵之介)と再婚したのですが、翌年取材中の事故で急逝してしまうのです。そして血の繋がらない親子が一緒に暮らしていくのです。
 
相関図と役どころはこちらのページもご覧ください。
https://arafifblues.com/wadakenootokotatchisoukanzu/
 
視聴率の推移はこちらです。
 
第1話                  
6.3%                  
 

スポンサーリンク

和田家の男たち第1話あらすじ

コロナ禍で14年勤めた会社が突然倒産し、生活費を稼ぐためデリバリーサービス『クイデリ』の配達員を始めた和田優(相葉雅紀)。ある日、配達先で、数年間疎遠になっていた父・秀平(佐々木蔵之介)と、秀平の父、つまりは祖父の寛(段田安則)と再会する!
優が10歳の頃、母のりえ(小池栄子)と再婚する形で優の父親となった秀平。26年前にりえが事故で亡くなってからは、父子2人で暮らしてきたが、社会人になったのをきっかけに優が独立してからは、なんとなく頻繁に連絡をとらなくなっていたのだ。
 
優が職を失ったことを知った秀平は、寛をひとりにしておくことへの不安もあり、「ここで3人で暮らさないか?」と提案を持ちかける。平日は帰宅が遅い秀平からの「うちのことをやってくれたら、今のバイト代の3倍は出す」という申し出にちょっぴり心が揺れた優は、そのまま押し切られる形で寛の家へと移り住むことに…。
こうして、数年来疎遠だったテレビ局報道マンの父、幼い頃に数回しか会ったことのない元新聞記者の祖父との共同生活が始まった優。
 

スポンサーリンク

 

初日の食卓から、さっそく寛と秀平が「報道のあり方」についての議論を交わすのを目の当たりにする中、優には大学時代のゼミの後輩・三ツ村翔星(正門良規)から、ネットニュース『バズとぴ』のライターをやらないかという誘いが舞い込む。数日前に寛から教えてもらった“すき焼きの裏技”についての記事で好感触を得た優は、寛と秀平に仕事が決まったことを意気揚々と報告する。
 
優が家に帰ると、寛が泣いていた。女に振られたようだが。。。逆に恋愛事情を質問されて優は3年ほど彼女はいない。。。寛は優がいてくれてよかった。
 
優はアルパカを撮るために那須高原に行った。そのことを秀平に伝えると撮った写真をすべて送付するように優に指示する。そこには、黒い噂がある2人が乗馬を楽しんでいる写真があった。夜のフロンティアNEWSで『宅配事業認可・癒着問題』でその2人の写真をスクープした。
 
優は秀平に何故何も言わなかったのか?問いただすが「俺はプロで、優は素人だからだ」と冷たく突き放されてしまう。
優のアルパカの記事はバズる。
 
 

スポンサーリンク

和田家の男たち相関図

スポンサーリンク

和田家の男たちキャスト

公式ホームページからです。

和田 優(わだ・ゆう) 相葉雅紀

コロナ禍で15年勤めた会社が突然倒産。デリバリーサービスの配達員をしながら生活をする37歳。配達先でたまたま、20年以上ぶりに祖父・寛と再会を果たし、さらに父・秀平も居合わせたことから、3人で暮らすことになる。実は秀平は25年前に亡くなった母・りえの“再婚相手”。優が10歳のとき、「好きな人がいる」と告白され、母の幸せを願い、再婚を認めた。しかし再婚後、両親ともにテレビ局で働き多忙を極めていたため、家のこと全般は優が担うことに。その結果、たいていの家事はこなせるようになっていた。
デリバリーの配達員を続けながら和田家で暮らし始めた矢先、大学の後輩のツテでネットニュース編集部の記者として新たな道を歩むことになる。

和田秀平(わだ・しゅうへい) 佐々木蔵之介

優の父。血は繋がっていない。テレビ局に勤務し、報道番組『フロンティアニュース』の総合プロデューサーを務めている。27年前、先輩記者だった優の母・りえに恋をし、結婚。しかしほどなくして事故でりえを亡くしてしまう。
大学卒業と就職を機に家を出、疎遠気味になっていた優と再び一緒に暮らすようになり、同じ“マスコミ”に携わる人間として価値観の議論を戦わせていく。

和田 寛(わだ・かん) 段田安則

秀平の父で、優の義理の祖父。長く新聞記者を務め、大手新聞社の社長にまで登りつめる。しかし任期途中で部下の不祥事の責任を取り、辞任。現在は論説委員として週に一回コラムを寄稿している。妻を亡くして以来一人だが、女性の影が跡を絶たない。
新聞記者としての矜持を今でも持ち続け、テレビマンの秀平、ネットニュース記者の優の取材、報道へのスタンスには常に苦言を呈している。
 

スポンサーリンク

和田りえ(わだ・りえ) 小池栄子

優の母親で、優が10歳のときに7歳年下の秀平と出会い再婚した。秀平と同じニュース番組を担当していたが、結婚を機に情報番組に異動。しかし翌年、優が11歳のときに取材中の事故で亡くなった。

志麻さと美(しま・さとみ) 石川恋

優が勤めるネットニュース『バズとぴ』編集部の同僚。愛想が悪く一見冷たそうに見えるが、優のことを気にかけている。

印田吾郎(いんでん・ごろう) 駒木根隆介

優が勤めるネットニュース『バズとぴ』編集部の同僚。まだ新人記者である優のことを気にかけ、仕事を教えてくれる事務職の優しいおじさん。

滝口 剛(たきぐち・つよし) 岡部たかし

秀平が総合プロデューサーを務める報道番組『フロンティアニュース』のデスク。秀平の右腕として『フロンティアニュース』を支える。

井上智子(いのうえ・ともこ) 宮澤美保

秀平が総合プロデューサーを務める報道番組『フロンティアニュース』のディレクター。秀平に密かに思いを寄せている。

幼少期の和田 優(わだ・ゆう) 潤浩

母子家庭で忙しい母・りえを支えるため、家事全般を担っていた。

和田家の男たち第1話感想

ごはんが美味しそうでした。普通の家庭料理というところがよかったです。第1話だけかもしれないですが。

優(相葉雅紀さん)と父親(佐々木蔵之介さん)と祖父(段田安則さん)3人が再会するシーンが冒頭にあるのですが、3人とも笑顔もなくキョトンとした姿が絶妙でした。マイペースな3人って感じがします。

すき焼きに牛乳入れていたのですが、初めて知りました。美味しいのかな、、今度試そうと思います。祖父いわく、牛乳入れればコクがでる。醤油と砂糖を入れなくてもコクがでて美味しいそうです。

優はやさしいですお手紙付の夜ごはん作っておいておくなんて、疲れて帰ってきたお父さんからしてみれば嬉しいに決まってます。

少しコメディも入っていて、会話は雑談ぽくって見ていて楽しいです。

第2話のあらすじはこちらです。

【ネタバレ】和田家の男たち第2話~優は元カノの結婚式に行くがそこで・・・
2021年10月29日(金)11時15分『和田家の男たち』第2話のあらすじとネタバレになります。 デリバリーサービスの配達員に勤しむ37歳の男・和田優を演じるのは相葉雅紀さんです。相葉の父・《テレビ局報道マン》に佐々木蔵之介、祖父・《新聞...

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました