【ネタバレ】ボイス2-110緊急指令室第6話~“白塗りの男”が姿を現す

ボイスⅡ

2021年8月28日(土)『ボイス2 110緊急指令室』第6話のあらすじとネタバレになります。

このドラマは、唐沢寿明さんが演じるのは、熱血刑事樋口彰吾が、現場に急行し、真木よう子さんが演じる声紋分析官・ひかりが通報電話や現場の音声を頼りに凶悪犯を追っていく、タイムリミットサスペンスです。

2019年にシーズン1が放送されたのですが、毎回、犯人の恐怖と戦って、切羽詰まって電話をかけてくる弱い人が、犯人に殺害されないか??ものすごく緊張します。『早く樋口到着してーーー!!』の祈るように見てしまうドラマです。眠気がぶっ飛ぶと思います(笑)

第2シーズンも唐沢寿明さんと真木よう子さんの組み合わせはとても楽しみです。

第5話のあらすじはこちらになります。

【ネタバレ】ボイス2-110緊急指令室第5話~樋口が井戸の底に拉致され!?
2021年8月14日(土)『ボイス2 110緊急指令室』第5話のあらすじとネタバレになります。 このドラマは、唐沢寿明さんが演じるのは、熱血刑事樋口彰吾が、現場に急行し、真木よう子さんが演じる声紋分析官・ひかりが通報電話や現場の音声を頼り...

ボイス2の見逃し配信はHULUで見ることができます。

コナン

視聴率の推移はこちらになります。

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話        
11.3% 7.6% 9.3% 8.3% 9.6% 9.0%        

スポンサーリンク

ボイス2第6話ネタバレ

“白塗りの男”こと久遠京介(安藤政信)は、樋口(唐沢寿明)が25年前、ひどい虐待を受けていた少年だと分かる。母親と引き離したことで逆恨みか。樋口の息子大樹に洗脳し、ひかり(真木よう子)を母親を殺害した犯人だとして、襲わせるが樋口が止める。

『成瀬チャンネル』ネットの生配信中に、血塗れの少女が髪を振り乱しながら配信者・成瀬たちに噛みつく姿が映っていた。ひかりは“やらせ動画”ではなく本物だと見分ける。少女は内山みどり、成瀬は動画回数を増やすためにドラッグ付けにし心霊スポットで襲わせていた。みどりは大量のドラッグ摂取で死亡。

透は精神安定剤のせいで記憶が曖昧で成瀬を逮捕することができず、みどりが亡くなったのは自分のせいだと責任を感じる。そんな石川の元に行方不明になった本部長が現れる。翌日、目を覚ました石川の手に拳銃があり、そこにはじゅたれた本部長がいた。

詳しいストーリーはあらすじをご覧ください。

スポンサーリンク

ボイス2第6話あらすじ

ひかり(真木よう子)を階段から突き落とそうとする大樹!その時、駆けつけた樋口(唐沢寿明)が大樹を抱きしめる!白塗りは母親を殺害したのがひかりだと信じ込ませた。樋口には犯人の心当たりがあった。25年前、母親からひどい虐待を受けた少年がいた。その少年は「母親を返せ」と樋口を睨んでいた。
 
“白塗りの男”こと久遠京介(安藤政信)は、一般人に紛れ込み、日常生活を送っていた。自宅マンションに帰った久遠は、同居する母親に意味深な言葉をかける。
「樋口彰吾には僕がどう生きてきたか教えてあげないとね、彼は僕のお父さんだから」
翌日、井戸から発見された遺体の身元が判明する。4人は全員同い年で同郷。白塗りの男に殺された刈谷、そして県警本部長の小野田とも特徴が一致していた。

一方、石川(増田貴久)は、精神的な症状を隠して捜査を続けるものの、手元の薬はあと1回分を残すのみになっていた……。

スポンサーリンク

心霊スポットで殺人事件発生

そんな中、『成瀬チャンネル』ネットの生配信中に、配信者が心霊スポットで襲われた、という110番通報が入る!場所は3年前に女子高生が殺害された廃墟。配信された映像には、血塗れの少女が髪を振り乱しながら配信者・成瀬たちに噛みつく姿が映っていた。

ひかりは、成瀬がこれまでに配信していた“やらせ動画”と違い、今回の映像が本物であることを聞き分ける。樋口らが現着すると成瀬は見つかるが、カメラマンはいない。石川がピンクの粉が落ちていたのを見つける。合成麻薬で幻覚で人を襲う中毒性が高いドラッグだ。

成瀬は自分の動画で認められるために家出少女・内山みどりをドラッグ付けにし心霊スポットで襲わせていた。樋口は成瀬の車のトランクに少女が拉致されている可能性があるとしてひかりに追わせる。

成瀬はみどりを燃やそうとしていたが、樋口と石川が現着し、確保、そしてみどりを救出するが、ドラッグの大量摂取により亡くなってしまった。みどりはアルバイト先で成瀬たちに声をかけられ拉致されドラッグ漬けにされた被害者だった。動画の再生回数のために。

透は自分が救えなかったとショックを受けていた。精神安定剤の飲みすぎで記憶が曖昧で成瀬を逮捕することができなかった。そんな石川を元に行方不明になった本部長が現れる。

目を覚ました石川の手に拳銃があり、そこにはじゅたれた本部長がいた。

スポンサーリンク

ボイス2相関図とキャスト

公式ホームページからになります。相関図はこちらです。

スポンサーリンク

樋口 彰吾・・・唐沢寿明

「ハマの狂犬」と恐れられた敏腕刑事
港東署ECU緊急出動班・班長で凄腕の刑事。
性格は情熱的で、時には感情任せで動いてしまうが、情に厚く後輩たちからも信頼される昔気質な男。
妻を正体不明の暴漢に撲殺されて以来、堕落した日々を送っていたが、2年前、緊急指令室の中に新たに発足したECU(Emergency Call Unit)の緊急出動班の班長に就任。室長の橘ひかりと共に、自身の妻・未希とひかりの父親を殺害した連続殺人犯・本郷雫の正体を突き止め、逮捕した。
本郷雫を逮捕した後は病を抱える息子・大樹の治療のため現場を離れていた。治療が終わり元気になった大樹と共に横浜に帰ってきたのだが、新たな事件に巻き込まれ…
 
 

橘 ひかり…真木よう子

「声」で人々を救い出す声紋分析官
港東署ECU・室長。ボイスプロファイラー。
幼少期、事故で目をケガしてしまったが、同時に微かな音も聞くことができる絶対聴感能力が生じた。警察大学を卒業した後、緊急指令室で働いていたが、ひかりが受けた電話で通報をしてきた樋口の妻が電話口の向こうで殺される。さらにその後、警官だった父親も同じ男に撲殺されてしまう。失意と悔しさに苛まれたひかりは、ボイスプロファイルの専門家となる。
2年前に緊急指令室の室長に就任したひかりは、室内に独自の捜査チーム・ECU(Emergency Call Unit)を新設、その班長に樋口を任命し、ともに父を殺した連続殺人犯・本郷雫を逮捕した。
現在もECUで室長を勤めている。樋口に代わってECU緊急出動班・班長になった重藤雄二と交際しており、プロポーズを受けている
 

石川 透…増田貴久

樋口を兄貴と慕う後輩刑事
港東署ECU緊急出動班・捜査員。
もともとは強行犯係に在籍し、当時係長だった樋口のことを「兄貴」と呼び、大変慕っている。腕っぷしの強い現場のムードメーカー。2年前、樋口とともにECUの捜査員となるが、図らずも父を脅した犯人の命を奪ってしまったことを連続殺人鬼に利用され、樋口を裏切る事になってしまう。
事件後、警察官を辞職しようと決めたが、ひかりに慰留され警察に復帰し、港東署生活安全課に勤務することになる。
樋口の帰還に伴い、再びECUの一員として共に捜査にあたる。

ボイス2第6話感想

石川透がどんどん元気がなくなって、精神安定剤は怖い。。白塗り野郎がすべて裏で手を引いている感じがして不気味です。

25年前、樋口が、虐待されていた少年から母親を引き離したことで逆恨みされていたことがわかりました。誰もが人助けだと思ってもこんな形で。。。その母親はどうやらミイラになって白塗り野郎の傍にいます。

今回の被害者は美容師になる夢があって一生懸命バイトしていた少女に、高時給をぶら下げ、少女を拉致して、クスリ漬けにして、動画配信サイトでバズることを目的に心霊スポットで襲わせるなんて考えただけでもぞっとします。石川が自分が殺したとショックを受けてましたが、悪いのは再生回数しか考えてない犯人ですよね。。。

でも動画配信で再生回数をかせぐために「やらせ」でクスリ漬けとか、、、現実の世界でこんなひどいことが発生しないように祈るばかりです。

【ネタバレ】ボイス2-110緊急指令室第7話~石川が殺人事件の容疑者に!?
2021年9月4日(土)『ボイス2 110緊急指令室』第7話のあらすじとネタバレになります。 このドラマは、唐沢寿明さんが演じるのは、熱血刑事樋口彰吾が、現場に急行し、真木よう子さんが演じる声紋分析官・ひかりが通報電話や現場の音声を頼りに...

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました