【ネタバレ】ボイス2-110緊急指令室第1話~白塗り野郎の正体とは!?

ボイスⅡ

2021年7月10日(土)夜10時放送の『ボイス2 110緊急指令室』第1話のあらすじとネタバレになります。

このドラマは、唐沢寿明さんが演じるのは、熱血刑事樋口彰吾が、現場に急行し、真木よう子さんが演じる声紋分析官・ひかりが通報電話や現場の音声を頼りに凶悪犯を追っていく、タイムリミットサスペンスです。

2019年にシーズン1が放送されたのですが、毎回、犯人の恐怖と戦って、切羽詰まって電話をかけてくる弱い人が、犯人に殺害されないか??ものすごく緊張します。『早く樋口到着してーーー!!』の祈るように見てしまうドラマです。眠気がぶっ飛ぶと思います(笑)

第2シーズンも唐沢寿明さんと真木よう子さんの組み合わせはとても楽しみです。

ボイス2の見逃し配信はHULUで見ることができます。

コナン

視聴率の推移はこちらになります。

第1話                  
11.3%                  

スポンサーリンク

ボイス2第1話あらすじ

港東署緊急指令室(110番)の直轄チーム『Emergency Call Unit』(通称:ECU)は、通報から10分以内に被害者を救出する初動捜査に特化した部署。

室長の橘ひかり(真木よう子)と、ECU緊急出動班の班長・重藤雄二はその日、本部での会議を終えたその足で、立てこもり事件の現場へ向かう!現場では爆弾を巻きつけた男が、妊婦を人質に声を荒らげていた。ひかりは犯人の男の“声”に耳を澄ます。類まれな聴力と分析力を併せ持つボイスプロファイラーのひかりは、即座に男の特徴を掴むと、指令室の室員たちと連携し、鮮やかに男の身元と目的を割り出し、ひかりは自分が人質となり、重藤とともに犯人を確保する。

一方、息子・大樹(鳥越壮真)のため、現場から退いていた元刑事・樋口彰吾(唐沢寿明)は、妻の墓参りの帰り、女性が襲われている現場に遭遇。被害者・純名を助け出し、犯人の男を追う!しかし、予め逃走経路を決めていた男は逃走。その直後、先に家に帰したはずの大樹と連絡が取れなくなる。大樹は110番通報し女性から襲われたと連絡がある。ひかりは大樹だと気づき、彰吾に伝える。

重藤のスマホがライブ配信されている。ひかりは、重藤班長に危険が迫っている、水の中で拉致されており、ドローンに照明がつけられており、それが水の中におちたら感電死する恐れがある。

ECUは、大樹誘拐事件と重藤班長の拉致事件を両方追う。

スポンサーリンク

ひかりの恋人重藤が殺害される

彰吾は重藤が拉致されたことを知り、大樹の誘拐とつながっている。

大樹から電話が入る。周りに森がある。。。橘は、昨年潰れた横浜の病院を突き止めた。彰吾は大樹に隠れるように伝えるが、女性に見つかってしまった。。。

同時拉致事件の犯人から入電。犯人は、「仲間を助けるのか、我が子を助けるのか?どちらを選ぶ?樋口彰吾?」

ドローン落下まであと10分。彰吾をひかりに任せ、重藤の監禁場所へ向かった。ひかりは大型犬の声が聞こえたことを伝えるが、彰吾が現場に到着するが犬の声は聞こえない。それは録音されたものだと分かった。監禁場所特定し、彰吾たちが踏み込むが、重藤はすでに亡くなっていた。

犯人は白塗り、炎のなかで踊っている。その先には大樹がいた!

彰吾は警官から拳銃をとり、犯人を撃とうとするが、、、、

次回へ続く

スポンサーリンク

ボイス2相関図とキャスト

公式ホームページからになります。相関図はこちらです。

スポンサーリンク

樋口 彰吾・・・唐沢寿明

「ハマの狂犬」と恐れられた敏腕刑事
港東署ECU緊急出動班・班長で凄腕の刑事。
性格は情熱的で、時には感情任せで動いてしまうが、情に厚く後輩たちからも信頼される昔気質な男。
妻を正体不明の暴漢に撲殺されて以来、堕落した日々を送っていたが、2年前、緊急指令室の中に新たに発足したECU(Emergency Call Unit)の緊急出動班の班長に就任。室長の橘ひかりと共に、自身の妻・未希とひかりの父親を殺害した連続殺人犯・本郷雫の正体を突き止め、逮捕した。
本郷雫を逮捕した後は病を抱える息子・大樹の治療のため現場を離れていた。治療が終わり元気になった大樹と共に横浜に帰ってきたのだが、新たな事件に巻き込まれ…
 
 

橘 ひかり…真木よう子

「声」で人々を救い出す声紋分析官
港東署ECU・室長。ボイスプロファイラー。
幼少期、事故で目をケガしてしまったが、同時に微かな音も聞くことができる絶対聴感能力が生じた。警察大学を卒業した後、緊急指令室で働いていたが、ひかりが受けた電話で通報をしてきた樋口の妻が電話口の向こうで殺される。さらにその後、警官だった父親も同じ男に撲殺されてしまう。失意と悔しさに苛まれたひかりは、ボイスプロファイルの専門家となる。
2年前に緊急指令室の室長に就任したひかりは、室内に独自の捜査チーム・ECU(Emergency Call Unit)を新設、その班長に樋口を任命し、ともに父を殺した連続殺人犯・本郷雫を逮捕した。
現在もECUで室長を勤めている。樋口に代わってECU緊急出動班・班長になった重藤雄二と交際しており、プロポーズを受けている
 

石川 透…増田貴久

樋口を兄貴と慕う後輩刑事
港東署ECU緊急出動班・捜査員。
もともとは強行犯係に在籍し、当時係長だった樋口のことを「兄貴」と呼び、大変慕っている。腕っぷしの強い現場のムードメーカー。2年前、樋口とともにECUの捜査員となるが、図らずも父を脅した犯人の命を奪ってしまったことを連続殺人鬼に利用され、樋口を裏切る事になってしまう。
事件後、警察官を辞職しようと決めたが、ひかりに慰留され警察に復帰し、港東署生活安全課に勤務することになる。
樋口の帰還に伴い、再びECUの一員として共に捜査にあたる。
 

スポンサーリンク

ボイス2第1話感想

やっぱりボイス1以上に期待を裏切らない迫力と、ドキドキ感がすごいです。

でもひかりの恋人がいきなり第1話から殺害されてしまい、悲しい。彰吾の息子の大樹は無事であることを祈ります。怖いだろうに・・・・。

2年ぶりのシーズン2ですが、原作は韓国ドラマのようですが、やっぱりスリルがあって、真木よう子さんも役にハマっているし、唐沢寿明さんは完璧すぎます。スリル感がすごい。

白塗りの犯人は、彰吾に恨みがあるようですが、過去一緒に働いたことがある元同僚なのでしょうか?それとも犯罪歴がある人なのか?どちらにしても愉快犯にしか見えないです。

第2話のあらすじはこちらです。

【ネタバレ】ボイス2-110緊急指令室第2話~大樹は変わり果てた姿に!?
2021年7月17日(土)『ボイス2 110緊急指令室』第2話のあらすじとネタバレになります。 このドラマは、唐沢寿明さんが演じるのは、熱血刑事樋口彰吾が、現場に急行し、真木よう子さんが演じる声紋分析官・ひかりが通報電話や現場の音声を頼り...

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました