テレ東ドラマ『ドンナビアンカ~刑事 魚住久江~』ねたばれと感想~檀れいさん主演

単発スペシャル

2020年10月5日夜8時から放送されるドンナビアンカ~刑事 魚住久江~のあらすじとネタバレになります。

主人公の魚住久江を演じるのは、檀れいさん、捜査一課の金本を演じるのは、吉田栄作さんになります。魚住は捜査一課に誘われているのに練馬北署に残っているちょっと変わり者です。ですが毎日一生懸命働く人たちの味方にいたいと所轄にいることを望んでいたのです。優秀な刑事のようです。

誘拐事件が発生し追うことになりますが、なんと犯人は人質になった2人の自作自演だったのです。1人は愛する人のために首謀者のいうことを聞くしかなかったんですね。

でも話の途中から(冒頭1時間もせずに)これは自作自演じゃないかと。。。。思ってしまいました。詳しくはネタバレ記事をご覧ください。

スポンサーリンク

『ドンナビアンカ~刑事 魚住久江~』

練馬北署の所轄刑事の魚住久江(檀れい)の元にキャバ嬢にバッグを盗まれたという木村がやってくる。その女はクラブで働く中国人・ヨウコ(藤井美菜)だという。魚住は後輩の峰岸(鈴木伸之)と共に捜査を開始するが、ヨウコは関与を否定。在留カードには日本人の配偶者がいることになっていた。

同時に専務と社員の誘拐事件が発生

時を同じくして富士見フーズの専務・副島(堀部圭亮)と社員・村瀬(山崎樹範)の誘拐事件が起き、中江社長に身代金2000万円が要求される。誘拐された副島の義理の姉が中江社長だった。

副島の娘が1週間前に電話で脅されていたと証言、電話の着信履歴から、板倉淳士だと判明。1週間前に解雇になっていたため、逆恨みした可能性があるとして捜す。

一方、誘拐された村瀬の住所へ行く金本、そこに魚住は峯岸もきて鉢合わせに。

ヨウコの配偶者が村瀬だった。

スポンサーリンク

ヨウコと村瀬は偽造結婚!?

木村の強盗捜査は保留となり、金本は魚住を強引に誘い村瀬の捜査をすることになった。村瀬は富士見フーズに入社したのは1年前だった。

ヨウコはキャバクラが終わった後、村瀬の自宅ではなく練馬区北町のマンションに入っていた。村瀬とは別居していたはず。ヨウコは日本人学校の留学生だった。入国ビザがきれる1か月前に婚姻していた。偽造結婚の可能性を疑う金本

富士見フーズに転職する前に村瀬が勤めていた酒屋にいくと、ヨウコがいるキャバクラに配達していたことがわかり2人の接点が分かる。

キャバクラの店長に聞くが、ヨウコには富士見フーズの副島の上客だった。副島、ヨウコ・村瀬の3人がキャバクラでつながっていた。ヨウコは村瀬に偽造結婚を承諾してくれたら、富士見フーズに就職させると取引した可能性が出てきた。

身代金受け渡しは失敗に終わる

2人の人質が暴力を受けた写真が送られてくる。

2000万円の支払いに応じることになった。豊洲駅で20時。中江社長、および捜査本部が受け渡し現場に向かう。中江社長にメール着信があり待ち合わせ場所から動く。

そのころヨウコはキャバクラにいる。そしてクビになって逆恨みに電話をしていた板倉も飲み屋で飲んでいる。

デパート中で歩き回った中江だが、メール着信がはいり、「終わりだ」身代金は手付かずで取引は行われなかった。

捜査本部は魚住にヨウコを取り調べるよう指示する。

スポンサーリンク

2回目の身代金受け渡しが行われる

魚住はヨウコに村瀬との関係を確認する。魚住は、村瀬は事件に巻き込まれており、副島も行方不だと伝えるが、ヨウコは分からないの一点張りだが、明らかに動揺していた。

中江社長は、女子高生の携帯を借りて外部とやりとりをしていた。電話していたのは富士見フーズの相川で不倫を清算するためにお金を渡したが、それ以降も何度か脅迫されたため、犯人はてっきり相川だと思ったとのこと。しかし相川は他の女性に事情をきくと他女性とホテルに、中江社長にはまったく未練は持ってなかった。

犯人から新たな写真が送られてくる。そこには切り落とされた”指”だった。また次の身代金受け渡し場所を指示してきた。AM10時、アリーナ前。社長がまたメール受信し動き出す。

そこに黒づくしの服を着たヨウコが現れる。

ヨウコが現れるが倒れてしまう

警察官は接触を止められるが魚住が助けに行く。ヨウコは意識を失ってしまう。極度の緊張から過呼吸を起こしてしまった。気を失う前に何かを話そうとしていた。

魚住は捜査から外れるよう指示されるが、魚住は市民を救助するのが警察の責任だと訴える。

板倉を張り込みしている原口から連絡が入る。原口は板倉を調べると近くのキャバクラの女性に近くにまとまったお金が入ると話していた。そのお金が2000万円、身代金と同じだった。

魚住は、いままでの事象から、「私たちは大きな読み違いをしていたかもしれない。。。」

スポンサーリンク

ヨウコと村瀬の本当の関係

指の写真は副島の可能性は低いという鑑識の結果がでた。魚住は越田酒店の店主に写真がないか確認するがなかった。そして『たかはし』という定食屋を紹介してもらう。何枚か写真を見せてもらう。

金本が責任をとる条件と引き換えに、魚住がヨウコの取り調べを行うことになった。

定食屋であった写真は2人の仲睦まじい姿だった。しかし結婚後、一度もヨウコは村瀬に会ってなかった。この結婚はヨウコの意思ではなかったのではないか?ヨウコはなんとかして村瀬を救いたかった。

魚住は村瀬が大きい怪我している可能性がある。なんとしてでもあなたも村瀬を助けたいと伝え、ヨウコはようやく素直になる。

誘拐事件は副島の自作自演だった

ヨウコの家は貧しくて、勉強しながらたくさん稼げるといわれ、お金を借りていた。簡単には稼げなくて夜も働くことになった。そこで愛人になる代わりに借金をチャラにすると言われ、それだけでは終わらなかった。ビザが切れるため、村瀬と結婚し、このまま俺の愛人を続けるように言われたヨウコは断ることができなかった。偽造結婚したら一緒に暮らすことは許されなかった。

ヨウコに心当たりを確認すると村瀬は海が好きだった。ヨウコと共に横浜公園へ向かう。

村瀬に黒い服をきた男が近づく。魚住が襲われるがそこに金本が現れ確保される。

犯人は副島だった。

板倉に2000万円脅迫されていた副島は今回の誘拐事件をでっちあげた。

もっと警察をビビらせないといけないと思い、村瀬の指を落とした。

村瀬とヨウコは気持ちが通じる

村瀬はヨウコは副島の女だと分かっていたが、会いたくなる気持ちは止められなかった。偽造結婚に応じたのは副島に何度か食事を奢ってもらい「富士見フーズの社員にしてやるから偽造結婚してくれ、ヨウコのためだ」と言われヨウコが望むならと思い応じた。

しかし1か月前、殴られたヨウコが村瀬のところにきた。

村瀬は副島にヨウコと別れてほしいと伝えるが、誘拐計画に応じれば要求に応じると言われた。しかし小指を落とされ、血が止まらず意識がなくなっていくなか、ヨウコに会いたくて海に行った。

ヨウコと村瀬は抱き合いお互いの気持ちを確かめる。

スポンサーリンク

『ドンナビアンカ~刑事 魚住久江~』感想

檀れいさんの話し方が相手を思いやるという気持ちが伝わってきてとても良かったです。こんな女性に生まれたかったな~といつも檀れいさんのドラマをみると思ってしまいます(笑)

身代金2000万円って安いなっておもったんです。普通は億単位ですよね。でも自作自演なのにもう1人巻き込んだ方の指を切断するなんてくるってました。

檀れいさん演じる魚住はあきらかに優秀で捜査一課にくるよういわれてますが断わり続けています。それは毎日一生けん命働く人の力になりたいからなんですよね。

金本は魚住に惚れているという感じでしたが、だから捜査一課にも誘ったり、でも魚住のほうはまったくそんな気はなさそうです。

このドラマは1時間の連ドラでみたい。。。檀れいさんの連続ドラマ刑事役って素敵!!是非いつか実現されるのを期待します

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました