【薬剤師アンサング・シンデレラ・ネタバレ第1話感想】葵みどりの心の処方箋

アンサングシンデレラ

2020年7月16日(木)夜10時スタートの「アンサングシンデレラ・病院薬剤師の処方箋」第1話のあらすじとネタバレです。

いよいよ始まりました。石原さとみさんが演じるのは、病院薬剤師の葵みどり(あおいみどり)です。キャリア8年目の薬剤師で患者1人1人と真摯に向き合う病院薬剤師役です。

”アンサング”とは『称賛されない縁の下の力持ち』的な意味だそうです。確かに第1話をみて調剤をする方が目立たないけど絶対にミスが許されない患者にとって最後の頼みの綱だと分かりました。

スポンサーリンク

アンサング・シンデレラ第1話・あらすじ・ねたばれ

葵みどり(石原さとみ)は、萬津総合病院薬剤部に勤務する薬剤師。救急センターで蜂に刺されて搬送された患者への医師の投薬を薬剤部副部長の瀬野章吾(田中圭)とサポートしていた。そこに、薬剤部部長の販田聡子(真矢ミキ)が新人の相原くるみ(西野七瀬)を連れて来た。心肺停止に陥った患者が心臓マッサージを受ける中、みどりは患者が日常服用している薬に気づく。それを医師に報告したことで、患者の心拍は回復。薬剤師が患者を救ったと、くるみは感動。しかし、患者の家族たちは、医師にしか感謝をしない。

くるみに疑問をぶつけられたみどりは、「感謝されたいなら薬剤師は向いてない」と答える。

みどりの助言が林先生の恨みをかう

患者の投薬状況を見て回るみどりの早足に、くるみは着いて行くのがやっと。医師から小児病棟の糖尿病患者、渡辺奈央の血糖値が安定しないと聞けばすぐさま病室に赴くみどり。その病室には奈央と仲の良い森本優花も入院中。優花も糖尿病で入退院を繰り返していた

薬剤室に戻ったみどりは刈谷奈緒子(桜井ユキ)に一喝される。医師から続々と届く処方箋の調剤に大忙しだからだ。みどりは届いた処方箋をくるみにも渡して調剤を始めた。羽倉龍之介(井之脇海)が、くるみの紹介をするが誰も手を止める事はない。

そんな時、みどりは林医師の処方箋に疑問を抱く。すぐに、みどりは林に疑義照会(処方箋を出した医師への問い合わせ)をする。これが林がみどりに恨みを買うことに。。。

そんな中、林先生の妊婦の患者が頭痛で苦しんでいた。しかし目がちかちかするという症状がありみどりは「胃潰瘍ではなく、HELP症候群の典型ではないですか?マグセント流しますか?」林先生はみどりの助言に従う。患者は無事に赤ちゃんを産んだが、林にまた恨みをかう。

スポンサーリンク

奈央が行方不明、インスリンを打たない理由は。。。

糖尿病患者の奈央ちゃんが部屋に戻ってこない。。同室の優香が探していた。

病院に辰川という厄介な患者が、、、薬はまだか?クレーム男だった。ここで調剤の魔術師・荒神寛治が辰川を静める。

奈央ちゃんが見つかった。階段で倒れていた。食事前にインスリンを打ってなかった。それはわざと時間をずらして打たなかった。

同室の優香が「私たちの気持ちなんてわからない!!」と奈央とともに泣き出す。

奈央ちゃんは小学校のとき「本当に病気なの?見た目分からない」と言われたことがショックで友達と距離ができて、病院だと優香がいて無理しなくてよかった。そのためにわざと病状を悪化させていた。

みどりと小野塚が出会う

みどりはクレーマーのいる辰川が働いているラーメン屋へ(偶然)

そこに小野塚がいた。

「病院薬剤師か。。。でも何で?調剤薬局とかドラッグストアのほうが給料いいですよね?」

みどりは「病院薬剤師が夢だった。お世話になった病院薬剤師がいて救われた。今でもずっと感謝している」

スポンサーリンク

懲罰会議で葵みどりは懲罰なしに・・・

林先生は、妊婦のHELP症候群をみどりの謁見行為だと病院関係者に最低でも1か月の謹慎を求める。

瀬野は、「葵みどりは解雇でいいじゃないのでしょうか?医師に対しても患者のためなら意見をいう薬剤師です」と煽る。

妊婦の急変に立ち会っていた助産婦は、「何度も林先生を呼んでいた。鎮痛剤が効かないことを気づかなかったらひどいことになっていた」

救急センター豊中は、「先日薬剤師のアドバイスにより患者が助かった。私たち医師はもっと薬剤師の意見を聞いてもいいじゃないでしょうか?」

薬剤部部長は、「葵が妊婦の疑義照会をしていた。それを無視して処分したら林先生が責められますよ」と伝え葵はおとがめなしに。。。

妊婦と面会する葵

葵のおかげで無事に赤ちゃんが生まれた。命の恩人になった葵

奈央が退院、優花との別れ

奈央が退院し、葵は、優香に寄り添う

「本当は気づいていたんでしょ?わざと奈央ちゃんが血糖値を悪くしていたこと、そして優花も日常から逃れるために血糖値を悪くしていたでしょ?」

優花は「小学生のときから嫌なことがあるとココに入院していた。誰の目も気にせず注射を打つことができた。私にはここしか居場所がない。葵さんにはわからない」

葵「わからないけどほっておけない。優花ちゃんはインスリンを打たなければ取返しがつかないことになる。初めて会ったときからこの薬がどんなに大事か伝えてきたよね?優花ちゃんはこれから先もインスリンと付き合っていかなければならない。病院の外で生きていかなければならない。逃げることはできない。この薬とちゃんと向き合ってほしい。でも優花ちゃんには分かり合える友達がいるよね?その子と一緒だったら頑張れるよね?」

優花は奈央にお別れの挨拶する。

「私奈央とは病院で会わないって決めた。これから病院じゃなくて外で会おう!元気になって普通で外で会っていっぱいしゃべろう!いつか大人になったら一緒にお花見してお酒飲んでいっぱいいっぱい笑おう!」

指きりする2人

スポンサーリンク

アンサング・シンデレラ・相関図

 

アンサング・シンデレラ・キャスト紹介

メインキャストの紹介になります。

葵みどり … 石原さとみ

萬津総合病院薬剤部のキャリア8年目の薬剤師。みどりは「薬は患者の今後の生活につながるからこそ、その人自身を知る必要がある。それが、薬剤師にとって何より大切だ」という信念を持っている。1人でも多くの患者を救いたいと思っているが、ついつい患者に深入りして時間をかけてしまい、他の薬剤師からはもっと効率的に仕事をすべきだと叱られることも。だが、すべては患者の“当たり前の毎日”を取り戻すため-。患者一人一人と真摯(しんし)に向き合っていく。

相原くるみ … 西野七瀬

萬津総合病院薬剤部の新人薬剤師。「医者は無理そうだけど、薬剤師なら自分でもできそうだし、医者ほど責任は生じないだろう」という消極的な理由で薬剤師の道を選んだが、時に医師とぶつかりながらも患者のために懸命に働く姿みどりを近くで見るうちに、仕事に対する意識が変わっていく。

刈谷奈緒子 … 桜井ユキ

萬津総合病院薬剤部主任。調剤のプロ中のプロ。作業効率を重んじ、無駄話もせず、淡々と仕事を進めるタイプの病院薬剤師。つい患者に深入りして時間をかけてしまうみどりとは対照的な仕事スタイル。みどりに対し「仕事が遅い!」と咤(しった)することもしばしばだが、患者を救いたいという根底の思いは同じ。

羽倉龍之介 … 井之脇 海

萬津総合病院薬剤部。キャリア3年目の若手薬剤師。萬津総合病院薬剤部のムードメーカー。その明るい笑顔の裏には、薬剤部のメンバーも知らない顔を持っている。
 

販田聡子 … 真矢ミキ

萬津総合病院薬剤部部長。部下に気を遣う上司として、新人の相原くるみに対しても細心の注意を払って優しく接する。ハラスメントに敏感な現代を象徴する上司像の販田だが、ただ単に優しいだけではなく、ある種のズルさや計算高さも併せ持つ。

瀬野章吾 … 田中 圭

 

萬津総合病院薬剤部副部長。いつもぶっきらぼうで愛想の無い人間にみえるが、実際の心根は優しく、誰よりも患者思い。みどりに対し冷たい態度を示すこともしばしばだが、患者と真摯(しんし)に向き合うみどりのことを心の中では認めている。

小野塚綾・・・成田凌

当初、清原翔さんが出演予定でしたが、療養中のため成田凌さんになりましたよね。ただどういったバックグランドかはまだわかりません。

葵の良き話し相手のような気がします。

アンサング・シンデレラ第1話感想

調剤師さんて、地味だけど責任が重い仕事だなというのは理解してましたが、ドクターも看護師も調剤師も命に向き合っているのは同じですよね。調剤師のドラマは初めてだけど、改めて薬の大事さが分かりました。

石原さとみさんのお団子姿かわいいかったです。小野塚(成田凌)との出会いがありましたが、実は小野塚はドクター?ですかね。。何者かまだわかりません。

糖尿病のインスリン注射ですが、自分の身近にはいませんが、あんなに小さい頃からインスリンと生活していくって大変ですよね。

何か色々なことが重い話でしたが、改めて知ることがたくさんありました。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました