【薬剤師アンサング・シンデレラ第7話ネタバレ感想】心春が退院できる!?

アンサングシンデレラ

2020年8月27日(木)第7話のあらすじとネタバレになります。

第1話から出演されている心春さんは白血病で入院していた患者さんですが、退院できると喜んでいたのですが、体調が悪くなってしまいます。それを見ていた国会議員の万里子が勇気づけられてました。

 

第6話のあらすじと感想はこちらになります。

【薬剤師アンサング・シンデレラ第6話ネタバレ感想】薬が効かない患者
2020年8月20日(木)第6話のあらすじとネタバレになります。 今回の話は色々思い当たるところがたくさんありました。 女性ならではの生理痛・・・・辛い人は本当に辛いんですよね。それと老後1人の寂しさ。。。だけどやっぱり薬は健康な体には...

スポンサーリンク

アンサング・シンデレラ第7話・あらすじ・ねたばれ

葵みどり(石原さとみ)たちが朝の準備運動をしていると、販田聡子(真矢ミキ)が薬剤部の人員不足を解消するため作業ロボットの導入を話す。販田は院長と交渉して高額な導入予算を勝ち取るため、問題を起こさないようにとみどりに釘を刺した。そんなみどりに、瀬野章吾(田中圭)が検査結果が出たと伝えに来る。

心春が退院することに

結果が出たのは急性骨髄性白血病で入院中の簑島心春(穂志もえか)。心春は新人の頃のみどりが瀬野に任された患者で、一度は寛解したものの再発、再入院していた。検査結果は良好で退院出来ることになり、みどりと心春は喜び合う。そんな二人の前を病院長の案内で特別室に入る患者が通りかかる。

議員の古賀万奈美が入院

 

 特別室に入った患者は議員の古賀万奈美(渡辺真起子)。左尺骨のヒビでの入院だ。だが、元秘書へのパワハラ疑惑でマスコミに追われる古賀には良い隠れ蓑。そのため、病院長と整形外科医、大津君郎(瀧川英次)以外の病院スタッフには古賀の素性が伏せられた。

みどりは相原くるみ(西野七瀬)と古賀の病室へ。みどりたちの問いかけに、古賀は答えず、秘書の鴨居健介(モロ師岡)が代わりに応答する。みどりは喘息の持病を持つ古賀の容態も聞きたかったが、古賀がそのような態度なので答えは得られない。

また、みどりは苦しそうに胸を抑えた古賀が気になる。

くるみはどこかで見たことがあるな。。。と気になるが。。。

古賀と心春が変調をきたす

翌日、心春が手紙を書いていると古賀が現れた。しばらく話をしていると、古賀が胸を抑えてしゃがみ込んでしまう。助けを求めに走る心春は、出くわしたみどりとくるみに報告。みどりたちは古賀のもとへ向かう。ストレッチャーを用意しようとする葵だが拒否されてしまう。

その時、心春も体の変調を覚えていた。

検査を受けるよう葵は説得するが、薬剤師がいう事じゃない!と拒否する。また患者にかかる時間がかかりすぎていると注意するが、葵は今のやり方を変えるつもりはないと伝える。

古賀真奈美から院長にクレームが入り、葵みどりを関らせないように釘を刺した。

そんな最中、古賀真奈美に幹事長から辞職勧告がでた。

心春の退院が延びてしまった

心春が倒れてしまう。小さな肺塞栓がみつかり退院が延びてしまった。

くるみは瀬野に7年前、なぜ葵に頼んだのか?聞いたら、葵の妹が同じ白血病で亡くなっている。妹と同じ病気だと感情移入するから、他の患者と同じようにできるか試した。

心春は泣いていた。。。。退院するときに渡そうと思っていた葵への手紙を破ってしまう。そこに古賀真奈美がきた。

真奈美は「無理して笑わなくていいじゃない?」

心春「でもやれる治療あるだけマシだから。何もできずに亡くなってしまう人何人もみてきたから。」

心春が外にでる

葵と担当医が話し合い、心春が外に出る。

気持ちいい。。。。

古賀真奈美に手を振る。

古賀は正しい医療が多くの人に提供されることに尽力してきた。退院したくてもできない女の子のために検査することにした。

検査した結果、古賀は喫煙量が減ったため、テオフィリン処方が多く、動悸やめまいを発生させてしまっていたことが分かった。

古賀は「これから薬のことは葵みどりに相談する」心機一転、政界で戦うことを誓った。

 

心春は葵に一度破った手紙を渡す。退院予告として。

アンサング・シンデレラ・相関図

 

アンサング・シンデレラ・キャスト紹介

メインキャストの紹介になります。

葵みどり … 石原さとみ

萬津総合病院薬剤部のキャリア8年目の薬剤師。みどりは「薬は患者の今後の生活につながるからこそ、その人自身を知る必要がある。それが、薬剤師にとって何より大切だ」という信念を持っている。1人でも多くの患者を救いたいと思っているが、ついつい患者に深入りして時間をかけてしまい、他の薬剤師からはもっと効率的に仕事をすべきだと叱られることも。だが、すべては患者の“当たり前の毎日”を取り戻すため-。患者一人一人と真摯(しんし)に向き合っていく。

相原くるみ … 西野七瀬

萬津総合病院薬剤部の新人薬剤師。「医者は無理そうだけど、薬剤師なら自分でもできそうだし、医者ほど責任は生じないだろう」という消極的な理由で薬剤師の道を選んだが、時に医師とぶつかりながらも患者のために懸命に働く姿みどりを近くで見るうちに、仕事に対する意識が変わっていく。

刈谷奈緒子 … 桜井ユキ

萬津総合病院薬剤部主任。調剤のプロ中のプロ。作業効率を重んじ、無駄話もせず、淡々と仕事を進めるタイプの病院薬剤師。つい患者に深入りして時間をかけてしまうみどりとは対照的な仕事スタイル。みどりに対し「仕事が遅い!」と咤(しった)することもしばしばだが、患者を救いたいという根底の思いは同じ。

羽倉龍之介 … 井之脇 海

萬津総合病院薬剤部。キャリア3年目の若手薬剤師。萬津総合病院薬剤部のムードメーカー。その明るい笑顔の裏には、薬剤部のメンバーも知らない顔を持っている。
 

販田聡子 … 真矢ミキ

萬津総合病院薬剤部部長。部下に気を遣う上司として、新人の相原くるみに対しても細心の注意を払って優しく接する。ハラスメントに敏感な現代を象徴する上司像の販田だが、ただ単に優しいだけではなく、ある種のズルさや計算高さも併せ持つ。

瀬野章吾 … 田中 圭

 

萬津総合病院薬剤部副部長。いつもぶっきらぼうで愛想の無い人間にみえるが、実際の心根は優しく、誰よりも患者思い。みどりに対し冷たい態度を示すこともしばしばだが、患者と真摯(しんし)に向き合うみどりのことを心の中では認めている。

小野塚綾・・・成田凌

当初、清原翔さんが出演予定でしたが、療養中のため成田凌さんになりましたよね。ただどういったバックグランドかはまだわかりません。

葵の良き話し相手のような気がします。

アンサング・シンデレラ第7話感想

心春ちゃん、かわいそうだったけど、命に別状がなくてよかった。外で空気吸うなんて当たり前のことだけど、それができない人もいるのか、、、、。葵が初めて任せられた患者でした。最終回までに元気に退院してほしいですね。

最後の最後、瀬野がお腹を押さえてました。悪い病気なのか、気になります。

次回第8話のあらすじはこちらになります。

【薬剤師アンサング・シンデレラ第8話ネタバレ感想】荒神の妻が末期がん・・・
2020年9月3日(木)第8話のあらすじとネタバレになります。 荒神の奥さんが末期がんでした。鎮静治療のこと、初めて知りました。。。病院ではなく在宅で迎える最期は家族も患者も医師も調剤師もチームになって闘うんですね。。 前回、第7話のあ...

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました