【薬剤師アンサング・シンデレラ第6話ネタバレ感想】薬が効かない患者

アンサングシンデレラ

2020年8月20日(木)第6話のあらすじとネタバレになります。

今回の話は色々思い当たるところがたくさんありました。

女性ならではの生理痛・・・・辛い人は本当に辛いんですよね。それと老後1人の寂しさ。。。だけどやっぱり薬は健康な体には毒ですよね。病気してなければ飲まないほうがよい。あたりまえのことなんだけど心が弱っているときは何かにすがりたくなるのも分かるな~って思いました。。。

第5話のあらすじと感想はこちらになります。

スポンサーリンク

アンサング・シンデレラ第6話・あらすじ・ねたばれ

葵みどり(石原さとみ)は小野塚綾(成田凌)も誘い、相原くるみ(西野七瀬)たちと区民センターで高齢者を対象とした服薬指導教室を行う。指導を終えたみどりたちが廊下に出ると、目の前で高齢の女性、小川早苗(高林由紀子)が倒れた。早苗は萬津総合病院救急センターで豊中瑠衣(臼田あさ美)の治療を受けるが、体調不良の原因がハッキリしないため入院することに。みどりが現在服用している薬を尋ねると、早苗は飲んでいないと答えた。

スポンサーリンク

優秀な刈谷がなぜ病院薬剤師に?

翌日、刈谷奈緒子(桜井ユキ)が外来患者に服薬指導。的確な指導を行う刈谷を見ていたくるみは、どこからあの自信が来るのかと不思議がる。すると、工藤虹子(金澤美穂)は、刈谷がかつて大手の調剤薬局で働き、幹部候補にもなる優秀な人材だったとくるみに話す。しかし、優秀な刈谷がなぜ病院薬剤師に転職したのかは謎。くるみはみどりにも聞くが知らない様子だ。

くるみが初めて服薬指導を行うが。。。

戻って来た刈谷は、くるみには初めてとなる一人での服薬指導に行くよう告げ、みどりも了承する。くるみが任されたのは月経困難症と診断された遠野倫(山谷花純)。上手く服薬指導が出来たと調剤室に帰って来たくるみに、みどりは何かあったら必ず自分に相談するよう告げる。

しかしくるみは遠野から薬が効いていないとの電話を受けるが、みどりに伝えず…。

早苗は多剤耐性菌の保菌者か?

 七尾拓(池田鉄洋)は早苗が多剤耐性菌の保菌者ではないかと疑った。みどりは多剤耐性菌について調べていると瀬野章吾(田中圭)に患者を見ろと言われ、早苗が本当に服薬していなかったかを調べることに。案の定パッチワーク教室に通っていると言っていたが、それは嘘だった。

院外薬局で早苗が薬を処方した薬局がないか確認する。もし抗生剤を飲んでいたら、多剤耐性菌の保菌者ではなく、クロストリジウム腸炎の可能性が高い。

スポンサーリンク

たかが生理痛・・・

遠野が病院に診察にきたがくるみの話を聞いている間に倒れてしまう。。

葵「大きいも小さいも軽いも重いもない。薬のことで困っている患者の助けになるのは調剤師しかいないんだよ。」

刈谷は葵に相原と一緒に遠野をみるように伝える。

くるみ「もう少しわたしにやらせてもらえないですか」くるみは遠野のインスタをみてたくさん飲んでいるサプリメントが原因ではないかと説明した。

もう少しくるみに任せることにした。

しかし遠野は「わかってます。理解してもらえない、隠さなきゃいけない。昔から親とか誰に相談しても、どうせ、生理痛でしょって言われてきたんだ。たかが生理痛なので、もっと大変な人がいるだろうし、そっちへ行ってください。

スポンサーリンク

小川早苗は抗生剤飲んでいた

小川早苗はいろいろな薬局で抗生剤を処方されていた。長崎医院(開業医)だった。教えてもらわないと正しい治療ができないと説得するが、やはり抗生剤飲んでない。。。長崎医院に問い合わせするというと「余計なことをしないでください!」と強く言われてしまう。

早苗が急変した。

葵は長崎医院に行く。

医師は「こうなるかもしれないと分かっていながら処方した。君には分からないだろうな。。。ああいう人たちの受け皿も必要なんだよ。」

早苗はクロストリジウム腸炎だった。

薬があると安心だった

小川早苗は、わたしは1人も友達がいない。薬を飲んでいるとき先生が近くにいると思えた。無理やり薬を頼んだのは私だった。

地域のコミュニティに行ったが、働きづめの私は話は合わなかった。毎日同じことをの繰り返し、気づいたら誰ともしゃべらない日々だった。だけど体を壊したときは心細かった。総合病院は長く待たせられただけで短時間でまったく話を聞いてくれなかった。その帰り長崎医院に行ったら、「ささいなことであればいってください、日々の生活まで長々話を聞いてくれた」涙が出るほどうれしかった。

それ以来事あるごとに長崎医院通っていた。対して具合が悪くなくても薬を出してもらった。この薬だけが自分と世の中をつないでいる証だった。長崎先生は悪くない、すべて自分が悪い。。。

大切な居場所がなくなっちゃった・・・・

スポンサーリンク

遠野倫に服薬指導するくるみ

刈谷は昔、患者の話をゆっくり聞く評判のいい調剤師だった。でも大量に処方されている薬をみておかしいと思ったけど何も改善しなかった。あるときある患者が薬で倒れた。。。患者に喜ばれようとしてもそれは患者を救うことにならない。正しい処方をすることが一番の患者のためになる。。

くるみが遠野倫さんの服薬指導を行う。

「注意点が1つ、ハーブティにピルが聞きづらい成分が入っていた。遠野さんは生活リズムがバラバラです。月経困難症は生活を改善することが大事です。困ったことがあったら何でもいってください。」

長崎医師が迎えにくる。。

早苗が退院する。

服薬指導にいく翠。薬は薬がいらなくために服用します。不要な薬を飲むのは間違ってます。

「どうすればいいんですか?あなたのような健康でやりがいがある若い人と違うのよ」

「いいんじゃないでしょうか?いまのままで、、綺麗なお花を育てたりパッチワークしたら、静かな毎日を暮らす生活は素敵です。早苗さんは恵まれているじゃないですか?信頼できるかかりつけの医師がいます。誰よりも早苗さんを知っています」

長崎医師が病院にくる。

「小川さん、申し訳ない、私が出した薬のせいで、、、これからは薬を正しく処方することを約束します。必要なことがあったらいつでも来てください。」

これからもよろしくお願いしますね。。。

スポンサーリンク

アンサング・シンデレラ・相関図

 

アンサング・シンデレラ・キャスト紹介

メインキャストの紹介になります。

葵みどり … 石原さとみ

萬津総合病院薬剤部のキャリア8年目の薬剤師。みどりは「薬は患者の今後の生活につながるからこそ、その人自身を知る必要がある。それが、薬剤師にとって何より大切だ」という信念を持っている。1人でも多くの患者を救いたいと思っているが、ついつい患者に深入りして時間をかけてしまい、他の薬剤師からはもっと効率的に仕事をすべきだと叱られることも。だが、すべては患者の“当たり前の毎日”を取り戻すため-。患者一人一人と真摯(しんし)に向き合っていく。

相原くるみ … 西野七瀬

萬津総合病院薬剤部の新人薬剤師。「医者は無理そうだけど、薬剤師なら自分でもできそうだし、医者ほど責任は生じないだろう」という消極的な理由で薬剤師の道を選んだが、時に医師とぶつかりながらも患者のために懸命に働く姿みどりを近くで見るうちに、仕事に対する意識が変わっていく。

刈谷奈緒子 … 桜井ユキ

萬津総合病院薬剤部主任。調剤のプロ中のプロ。作業効率を重んじ、無駄話もせず、淡々と仕事を進めるタイプの病院薬剤師。つい患者に深入りして時間をかけてしまうみどりとは対照的な仕事スタイル。みどりに対し「仕事が遅い!」と咤(しった)することもしばしばだが、患者を救いたいという根底の思いは同じ。

羽倉龍之介 … 井之脇 海

萬津総合病院薬剤部。キャリア3年目の若手薬剤師。萬津総合病院薬剤部のムードメーカー。その明るい笑顔の裏には、薬剤部のメンバーも知らない顔を持っている。
 

販田聡子 … 真矢ミキ

萬津総合病院薬剤部部長。部下に気を遣う上司として、新人の相原くるみに対しても細心の注意を払って優しく接する。ハラスメントに敏感な現代を象徴する上司像の販田だが、ただ単に優しいだけではなく、ある種のズルさや計算高さも併せ持つ。

瀬野章吾 … 田中 圭

 

萬津総合病院薬剤部副部長。いつもぶっきらぼうで愛想の無い人間にみえるが、実際の心根は優しく、誰よりも患者思い。みどりに対し冷たい態度を示すこともしばしばだが、患者と真摯(しんし)に向き合うみどりのことを心の中では認めている。

小野塚綾・・・成田凌

当初、清原翔さんが出演予定でしたが、療養中のため成田凌さんになりましたよね。ただどういったバックグランドかはまだわかりません。

葵の良き話し相手のような気がします。

アンサング・シンデレラ第6話感想

ずっと働き詰めで、会社定年後に1人暮らししたとき、誰ともつながりがなくなってしまったら不安になりますよね。親切に話を聞いてくれる人がいたら、嬉しくなる気持ちわかるな~って思いました。ホストクラブってだからあるんでしょうね。。。(行かないですけど)

老後のこと、どうなるのかな~って色々考えさせられた回でした。でも共感するところがたくさんありました。ドラマの話になるくらいだから、たくさんの人が思っていることなんだと思います。

葵は色々な人の世話をして、話を聞いてますが、毎日どれぐらい連絡がきているんだろうか。。。。病気以外のことも心配してますもんね~。こんな人がいたら引っ張りダコですよね。。

自分の近くにこんな人がいたら嬉しいけど、現実にいるのかな。。。ないものねだりですね。。

次回第7話のあらすじはこちらになります。

【薬剤師アンサング・シンデレラ第7話ネタバレ感想】心春が退院できる!?
2020年8月27日(木)第7話のあらすじとネタバレになります。 第1話から出演されている心春さんは白血病で入院していた患者さんですが、退院できると喜んでいたのですが、体調が悪くなってしまいます。それを見ていた国会議員の万里子が勇気づけら...

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました