【薬剤師アンサング・シンデレラ第4話ネタバレ感想】羽倉の父親が認知症!?

アンサングシンデレラ

2020年8月6日(木)第4話のあらすじとネタバレになります。

「薬剤師は医師の奴隷」っていう言葉がキーワードでした。でも薬剤師でも患者さんを救うことができるという話です。羽倉の父親は認知症の症状がでてましたが、実は違う病気だったのです。詳しくはネタバレ記事をご覧ください。

第3話のあらすじと感想はこちらになります。

スポンサーリンク

アンサング・シンデレラ第4話・あらすじ・ねたばれ

葵みどり(石原さとみ)が『娘娘亭』で食事をしていると、辰川秀三(迫田孝也)の娘、樹里(久保田紗友)が帰って来た。みどりは具合が悪そうな樹里を気にするが、辰川は客に挨拶もしない樹里を叱り、最近は自分と口も聞かないと嘆く。それでも、樹里を心配するみどり。一緒にいた小野塚綾(成田凌)はお節介と評した。

 翌日、みどりは相原くるみ(西野七瀬)に樹里の話をする。だが、くるみは樹里よりもみどりが小野塚と食事をしていたことが羨ましい。

羽倉の父親が入院する

話しながら廊下を歩いていると、年配の患者、龍一(菅原大吉)がうずくまっていた。介助しようとするみどりに、龍一は自分は医者だ、薬剤師より自分の体のことはよく分かっていると無碍に言い放つ。そこに妻の志帆(宮田早苗)が来て、龍一を病室に戻した。

調剤室に戻ると、販田聡子(真矢ミキ)も手伝うほどの忙しさ。一方、羽倉龍之介(井之脇海)は電話で疑義照会しているが医者に押し切られてしまう。医者の言うことは絶対と諦めている羽倉に、みどりは納得出来ない。そこに志帆が羽倉を訪ねて来る。志帆は羽倉の母親、龍一は父親で病院を経営する医師だった。

 みどりはくるみと龍一に服薬中の薬などを聞きに行く。龍一の態度は薬剤師が診察するのかと高飛車。

スポンサーリンク

摂食障害の樹里が救急で運ばれてくる

そんな時、みどりに瀬野章吾(田中圭)から救急センターに来いと連絡が。樹里が搬送されたのだ。付き添いの小野塚は、樹里が自分の店で倒れていたと言う。

駆けつけた辰川は医師から樹里が摂食障害だと告げられる。樹里の環境変化を気にかけるみどりに、辰川は祖父の太一(伊武雅刀)が末期がんで入院していることを教えた。家族の絆は壊れかけていた。

樹里は太一が病室にくるととても喜んでいた。摂食障害の原因は末期がんの父親のせいかもしれないが何も話してくれない。

辰川秀三は、父太一に末期がんだと伝えてなかった。白血病で入院している小春が樹里に洋服を貸し、祖父に会いにいった。

羽倉の父親が倒れる

羽倉は2浪しても医者になれなかった。医者になれなかった時点で羽倉病院から出ていくように言われていた。

そんな矢先、羽倉は池松先生に疑似紹介をかけたが、そのまま押し切られた処方に対して副作用がでた患者が耳鳴りがしたと来訪した。羽倉は謝罪する。

その姿を父親・龍一にみられ、「みじめだな、調剤師は医者の奴隷だ!」と言い放つ。

龍一は倒れる。

龍一は、脳神経外科一線でやってきたため、MRIみるのが怖く、検査をしてなかったが、軽い認知症だった。母親は龍之介にもう一度医者になって実家を継いでほしいと依頼する。

母親は竜一が飲んでいた薬を手帳に纏めていた。みどりはその手帳を預かる。

龍之介は父親に検査を受けるよう説得するが、言い合いになってしまう。

みどりは母親の手帳をみながら、薬を飲んで軽い認知症になった症例をみたことがあると、それを調べていた。龍之介に父親を1人の患者として薬剤師として助けてあげないとと伝える。

スポンサーリンク

龍之介は竜一の病気を突きとめる

羽倉が退院して出ていく。

「自分の体のことは一番わかっている。治らない病気もあるんだ」

龍之介は「あなたの病気は治るかも知れません!」

MRIをとると、脳の萎縮はみられなかった。

多剤服用だった。ポリファーマーシーだった。薬の飲みすぎだった。薬を減らすことで改善する可能性が高いことを伝える。

龍之介は父親と和解する

 

何も謝罪しない竜一に、

「医者だからといって、1人で勝手に判断なさらないでください。今回の多剤服用も薬剤師がみていたらすぐにわかったはずです。そのことを忘れないでください。」

竜之介は「あんたを救ったのは薬剤師だ!」

竜一は「龍之介、お前、もう一度医者を目指してみないか?俺の椅子に座るのはお前だ。まだ間に合う。俺の跡をつげ!」

龍之介「あんたは小さいころ僕のヒーローだった。だから医者を目指した。医者ではなくても患者を守ることはできる。僕はここに残って薬剤師を続ける。」

「葵さん、うちの半人前をこれからもよろしくお願いします」

 

樹里の祖父が急変した。また樹里が一番苦しいのは大好きなおじいちゃんに嘘をつくのが辛かった。おじいちゃんは治らないって死ぬってわかっているのに、嘘ついて治療をうけている。すごい怖い。家族がどんどんバラバラになってしまうのにどうしていいか分からない。

「助けて、葵さん」

スポンサーリンク

 

アンサング・シンデレラ・相関図

 

アンサング・シンデレラ・キャスト紹介

メインキャストの紹介になります。

葵みどり … 石原さとみ

萬津総合病院薬剤部のキャリア8年目の薬剤師。みどりは「薬は患者の今後の生活につながるからこそ、その人自身を知る必要がある。それが、薬剤師にとって何より大切だ」という信念を持っている。1人でも多くの患者を救いたいと思っているが、ついつい患者に深入りして時間をかけてしまい、他の薬剤師からはもっと効率的に仕事をすべきだと叱られることも。だが、すべては患者の“当たり前の毎日”を取り戻すため-。患者一人一人と真摯(しんし)に向き合っていく。

相原くるみ … 西野七瀬

萬津総合病院薬剤部の新人薬剤師。「医者は無理そうだけど、薬剤師なら自分でもできそうだし、医者ほど責任は生じないだろう」という消極的な理由で薬剤師の道を選んだが、時に医師とぶつかりながらも患者のために懸命に働く姿みどりを近くで見るうちに、仕事に対する意識が変わっていく。

刈谷奈緒子 … 桜井ユキ

萬津総合病院薬剤部主任。調剤のプロ中のプロ。作業効率を重んじ、無駄話もせず、淡々と仕事を進めるタイプの病院薬剤師。つい患者に深入りして時間をかけてしまうみどりとは対照的な仕事スタイル。みどりに対し「仕事が遅い!」と咤(しった)することもしばしばだが、患者を救いたいという根底の思いは同じ。

羽倉龍之介 … 井之脇 海

萬津総合病院薬剤部。キャリア3年目の若手薬剤師。萬津総合病院薬剤部のムードメーカー。その明るい笑顔の裏には、薬剤部のメンバーも知らない顔を持っている。
 

販田聡子 … 真矢ミキ

萬津総合病院薬剤部部長。部下に気を遣う上司として、新人の相原くるみに対しても細心の注意を払って優しく接する。ハラスメントに敏感な現代を象徴する上司像の販田だが、ただ単に優しいだけではなく、ある種のズルさや計算高さも併せ持つ。

瀬野章吾 … 田中 圭

 

萬津総合病院薬剤部副部長。いつもぶっきらぼうで愛想の無い人間にみえるが、実際の心根は優しく、誰よりも患者思い。みどりに対し冷たい態度を示すこともしばしばだが、患者と真摯(しんし)に向き合うみどりのことを心の中では認めている。

小野塚綾・・・成田凌

当初、清原翔さんが出演予定でしたが、療養中のため成田凌さんになりましたよね。ただどういったバックグランドかはまだわかりません。

葵の良き話し相手のような気がします。

アンサング・シンデレラ第4話感想

羽倉親子が和解してくれてよかった。やっぱり親子の絆は消えないってことですね。

龍之介のあのハキハキぶりの対応は気持ちいいですよね。

薬を乱発して飲むのは軽い認知症にもなってしまうこともあるのですね。しっかり覚えておかなきゃ。。

このドラマって毎回薬の知識や病気を知ることができるので自分の今後のためにも役立ちますね。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました