【ネタバレ】ウチの娘は彼氏が出来ない最終回~モテ期がきた碧は誰を選ぶ!?

ウチの娘は彼氏が出来ない!!

2021年3月17日(水)『ウチの娘は、彼氏が出来ない!!』最終回のあらすじとネタバレになります。碧は風雅とゴンちゃん、漱石の3人からモテてしまいます。空はやっと光への気持ちに気づき、でも母娘の絆が深まった最終回でした。

視聴率の推移はこのようになってます。(%)

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話
10.3 8.8 8.1 8.2 8.3 8.4 9.0 8.6
第9話 第10話            
7.9 9.0            

4年ぶりに連続ドラマの主演を務める菅野美穂さんが演じる水無瀬碧(みなせあおい)は、ちょっと規格外で天然なシングルマザー、しかし”恋愛小説の女王”という異名を持つ売れっ子小説家、一方、娘の空(そら)を演じるのが浜辺美波さんは”筋金入りの漫画オタク”で”オタ活”に大忙し。とある理由は「恋をしよう!!」と一大決心をした2人の恋愛を通して、世代間にある価値観のギャップや、母と娘の関係性を描いていくドラマになります。

空と同じ大学に通うイケメン大学生の入野光役が岡田健史さん、碧の幼馴染で家族のような付き合いをするゴンちゃん役に沢村一樹さんが演じます。娘にとっては人生初の、そして母にとっては久しぶりの恋!!2人の恋の行方がどうなるのかが注目です。

第9話のあらすじとネタバレはこちらになります。

【ネタバレ】ウチの娘は彼氏が出来ない第9話~空と風雅は仲良く沖縄旅行!?
2021年3月10日(水)『ウチの娘は、彼氏が出来ない!!』第9話のあらすじとネタバレになります。 視聴率の推移はこのようになってます。(%) 第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 ...

見逃した方は、HULUで見ることができますよ。31日間は無料ですので、課金される前に解約も可能です。

コナン

スポンサーリンク

ウチの娘は、彼氏が出来ない!!最終回ねたばれ

風雅ふうが(豊川悦司)から一緒に沖縄で暮らそうと誘われ、また、漱石(川上洋平)からもニューヨークに一緒に来ないかと誘われモテ期がやってきたとモテ期到来を喜びながらも心揺れるあおい(菅野美穂)

そんな中、風雅はゴンちゃん(沢村一樹)をわざと怒らせるようなことを言って殴り合いの喧嘩になってしまう。空は風雅と沖縄へ一緒にいったときに碧がゴンちゃんを好きなんだと聞かされ、ゴンちゃんに碧への気持ちを気づかせるためにわざと喧嘩していた。

碧は漱石にニューヨークに行けないと断ったうえで、「私を忘れないでくれーーー」と漱石とお別れする。

碧の気持ちは、まだ空と一緒にいたい、見守ることを選んだ。翌日、風雅に沖縄に行けないと断る最後に3人で一緒に写真を撮る。

2人の作品「君がいる世界」は努力賞を受賞した。

詳しいストーリーはあらすじをご覧ください。

スポンサーリンク

ウチの娘は、彼氏が出来ない!!最終回あらすじ

風雅ふうが(豊川悦司)から一緒に沖縄で暮らそうと誘われ、心揺れるあおい(菅野美穂)。一方仕事では、映画化が話題となり小説家として再び脚光を浴びる。そんな折、碧はニューヨークへの異動を告げられた漱石そうせき(川上洋平)からも、自分と一緒にニューヨークに来ないかと誘われる。

突然のモテ期の到来に浮かれる碧だが、そら(浜辺美波)からは沖縄にもニューヨークにもついて行かないと言われ、母娘の間には微妙な距離が生まれる。

そんな中、ゴンちゃん(沢村一樹)は地元の銭湯で風雅と鉢合わせる。風雅に対し一方的に対抗心を燃やすゴンちゃんだが……。
そして大学では、お互いを意識する空とひかる(岡田健史)の間にぎこちない空気が流れていた。そんな中でも光は、碧と離れることが淋しいと思っている空の気持ちを感じ取っていた。

その日、空はわたる(東啓介)に別れを切り出す。「他に好きな人、出来た?」という質問に、空の心には光の顔が浮かんでいた……。光との関係は失くしたくない。渉は「失くしたくない相手は守らないと」

一方、おだやには転勤前におでんを食べに来た漱石が現れる。さらに、風雅までやってきて、碧をめぐる男たちが一堂に会する。

スポンサーリンク

風雅vsゴンちゃん

碧と空を自分の物のように話す風雅の態度にイラっとするゴンちゃんは怒りが沸点に達し、勢いよく風雅に殴りかかる!修羅場と化すおだや!タイミング悪く現れた空は、風雅に向かって碧と空の気持ちを代弁するゴンちゃんの言葉を聞いてしまう。

ゴンは「あんたに碧と空は渡さない、俺が守る!」風雅は殴られながらホッとしたように笑っていた。

空はそのことを風雅に聞く。「ちゃんと自分の罪を怒ってくれて安心したのかもしれない」

風雅は泣きながら空に、「毎日空の写真を撮りながら自分の中で少しずつ大きくなっていった。まさか会えるとは思わなかった。。。」

漱石が最後の日、あまりに素っ気ない漱石だったが、碧は一緒にニューヨークに行けないと断ったうえで、「私を忘れないでくれーーー」と漱石にしがみつく。碧は漱石の言葉で立ち直ることができた。

通常が戻ってくる

ジャンプ新人賞にむけて作品ができた光と空は、「君がいる世界」を提出する。

空は、風雅はわざとゴンちゃんを怒らせて碧が好きだと自覚させようとしたに違いない。空は風雅と沖縄に行ったときに、母ちゃんはゴンちゃんが好きだと思う伝えていた。

碧は、「まだ空を見守っていたいです。離れたくないです」

そして翌日、風雅に沖縄に行けないと断る。風雅は、自分の気持ちは、「半分以上、碧と寄りを戻せたら、、、空と都合がいいときに会えたら・・・と思った。」

そして3人で一緒に写真を撮る。

2人の作品「君がいる世界」は努力賞を受賞した。

スポンサーリンク

ウチの娘は、彼氏が出来ない!!相関図とキャスト

 

水無瀬 みなせ あおい ・・・菅野美穂 

無瀬 みなせ空 ・・・・・浜辺美波 

野 ひかる ・・・・・・岡田健史 

橘 漱石 ・・・・・川上洋平 [Alexandros]

小西編集長・・・有田哲平

ゴンちゃん・・・沢村一樹 

伊藤沙織役・・・福原 遥 

スポンサーリンク

ウチの娘は、彼氏が出来ない!!最終回感想

碧は最後は誰も選ばず、母親として空とまだ一緒にいることを選びましたね。とても”しっくり”する穏やかな最終回でした(笑)

豊川悦司さんのダンディっぷりがかっこよかったですね~。碧が漱石にしがみついて「忘れないでーー」というところも、碧が小動物みたいでかわいかったです(笑)

空と光もはっきりおたがいが告白することはなかったのですが、気持ちがつながっている感じがして言わなくてもわかる感じでしたよ。渉先生はかわいそうだったけど。

菅野美穂さんにとって久しぶりの連ドラだったのですが、最終回に近づくに連れて、やっぱり唯一無二の演技をされる方だな、、すごい素敵な女優さんだなって改めて思いました。子育ても大変だと思いますが、また等身大の女性を演じる連ドラに出てほしいなぁと思います。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました