【ネタバレ】駐在刑事SP2021~奥多摩に白骨遺体に隠された謎

2021年スペシャル

2021年5月24日(月)放送「駐在刑事SP2021」のあらすじと放送後にネタバレを追加します。

寺島進VS檀れい!奥多摩を舞台にした義理と人情とサスペンスの人気シリーズ“駐在さん”シリーズです。隠された“親子の秘密”と空から降ってきた“白骨の謎”に挑みます。

見逃し配信はPraviでみることが可能です。

Paravi

スポンサーリンク

駐在刑事SP2021・あらすじ

奥多摩のキャンプ場に複数の白骨が落下した。原因は竜巻で運ばれてきたと考えられる。捜査を進めると山の崖下から17年前行方不明になっていた会社社長・野上耕三(若杉宏二)の白骨遺体が見つかった。すでに再婚していた妻・祥子(中島ひろ子)と現在の夫・荒木良次(木下ほうか)が引き取りにきた。

一方、奥多摩の水根ストアの娘・沢井真紀(小林星蘭)から自分は両親の子ではないと相談を受ける。両親の血液型を知り、組み合わせから自分は生まれないことが分かった。父の啓太郎(お宮の松)は告白する。17年前、山を登っているときフラフラになっている女性から託されたそうだ。真紀の前では言わなかったが、その女性は、著名な写真家・若宮沙雪(檀れい)だった。

後日真紀は1人で沙雪に会いに行くが、自分は子供は産んだことはない!と冷たくあしらうが、帰る途中に真紀が車で襲われて、沙雪が庇って大けがしてしまった。襲った車の持ち主は荒木良次だったが、運転していたのは、祥子だった。

スポンサーリンク

江波は祥子を怪しむ

白骨でみつかった野上耕三の家に家政婦で働いてのが、奥多摩の川でおぼれた女性・家政婦紹介所の社長・安藤里美(冨樫真)だと分かった。

沙雪は望まない妊娠で産んだのが真紀で愛情はないと江波に伝える。

17年前、野上耕三の捜索依頼を出した祥子は、雲取山だった。発見された山とだいぶ離れている。江波は怪しいのは当時妻だった荒木祥子だと加倉井管理官(北村有起哉)に伝える。軽部(佐藤寛太)は祥子を取り調べて野上を崖から突き落としたのも良次で、共犯だと脅され黙っていたと自供する。

安藤里美の殺害事件、江波は祥子を疑っている。アリバイは完璧と思われたが偽証した可能性もでてきた。Nシステムに引っかからない。自宅にあったスクーターを調べると、蜂の死骸があった。その死骸にはピンクのマークがあって、それは奥多摩の養蜂家がみつばちの行動範囲を調べるためにつけたマークで移動距離は2kmしか飛ばない。

スポンサーリンク

沙雪と真紀は2人分かち合う

しかし祥子は令状がない捜査だとして認めない。江波は窮地に追い込まれ沙雪に会いにいく。沙雪は真紀に知られたくないため黙っていることがあるに違いない。

17年前、沙雪は奥多摩の山で、祥子が野上を殺害するところを見ていた。自分も真紀を置き去りにしたことを同罪だと咎められ、隠蔽した。その後、祥子からお金の援助をうけていた。

沙雪は逮捕前に、真紀と会い、奥多摩で道連れして死のうとしたことを謝罪し、真紀もまた謝罪しお互い分かり合う。

祥子は完落ちする。野上を17年前殺害したときには荒木と不倫関係で邪魔だったために殺害したこと、そのことを家政婦だった里見にばれ、脅されたために殺害した。

スポンサーリンク

駐在刑事SP2021・キャスト

江波敦史…寺島進
若宮沙雪…檀れい
加倉井国広…北村有起哉
軽部翔平…佐藤寛太
荒木祥子…中島ひろ子
荒木良次…木下ほうか
沢井真紀…小林星蘭
穴水虎夫…徳井優
金沢公之…梨本謙次郎
池原美也子…市毛良枝

池原孝夫…鈴之助
輪島義男…山口祥行
沢井啓太郎…お宮の松
笹崎治子…茅島成美
安藤里美…冨樫真
熊井健吾…鷹松宏一
野上耕造…若杉宏二
沢井ふたば…玉野るな
沢井宗助…湯川颯

駐在刑事SP2021・感想

放送後に更新します。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました