【ネタバレ】東京MER第10話~椿は爆破テロを仕掛ける!初めての死者発生!?

TOKYO MER

2021年9月5日『TOKYO MER~走る緊急救命室~』第10話のあらすじとネタバレになります。

“MER”とは、モバイル・エマージェンシー・ルームの略称で、このドラマは、都知事の命で新設された「TOKYO MER」という救命救急のプロフェッショナルチームが、最新の医療機器とオペ室を搭載した大型車両(ERカー)で、危険極まりない重大事故・災害・事件の現場に駆けつけ、負傷者にいち早く救命処置を施し、“一人も死者を出さない”ミッションがあります。

主人公の喜多見を演じるのは鈴木亮平さんです。

現場に駆けつける最新鋭の機材とオペ室を備えるTOKYO MERの専用車両“ERカー”は、なんと、6ヶ月かけて改造し作り出されたそうです。車の中で手術をするのは新感覚です。

相関図と詳しい役どころの紹介はこちらをご覧ください。

【相関図】東京MER~走る緊急救命室~15人のキャスト紹介
2021年7月4日夜9時放送の『TOKYO MER~走る緊急救命室~』の相関図と、キャストの役どころの紹介になります。公式からの発表のままです。 “MER”とは、モバイル・エマージェンシー・ルームの略称で、このドラマは、都知事の命で新設さ...

第9話のあらすじとネタバレはこちらです。

【ネタバレ】東京MER第9話~赤塚都知事が倒れてしまう!喜多見が閉じ込められる
2021年8月29日『TOKYO MER~走る緊急救命室~』第9話のあらすじとネタバレになります。 “MER”とは、モバイル・エマージェンシー・ルームの略称で、このドラマは、都知事の命で新設された「TOKYO MER」という救命救急のプロ...

見逃し配信はPraviでみることができます。2週間は無料です。

Paravi

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話
14.1% 14.3% 14.4% 10.1% 10.8% 8.4% 15.0 14.5% 15.0% 13.5%

スポンサーリンク

東京MER第10話ネタバレ

喜多見幸太(鈴木亮平)がテロ組織への関与を疑われ、出動禁止を命じられた。涼香(佐藤栞里)は音羽(賀来賢人)だのために久我山(鶴見辰吾)に喜多見が刑務所にいたことを話した。

そんな中、ある大学で爆破事件が!爆破テロを仕掛けたエリオット・椿(城田優)の罠だった。要求は大学の不正献金を公表することだったが、人質は喜多見、音羽含めて11名だ。しかしその中に椿につながっている内通者がいた。患者の命を必死に救おうとしている喜多見に、人質になった学生たちは心を動かされ負傷者を救出し公安の力で外に脱出することができた。

安心したのもつかの間、涼香のかばんの中に赤い花柄の水筒が入っていることに気づいた喜多見。投げろ!!と叫んだ途端、爆発が起きる!その水筒は椿から渡されたものだった。

喜多見が必死に蘇生するが、涼香は亡くなった。。。。。

椿は、「約束は守りましたよ。教えたかったんですよ。世の中は不条理だってことを・・・・」

詳しいストーリーはあらすじをご覧ください。

スポンサーリンク

東京MER第10話あらすじ

喜多見幸太(鈴木亮平)がテロ組織への関与を疑われ、出動禁止を命じられたMER。涼香(佐藤栞里)は音羽(賀来賢人)のために久我山(鶴見辰吾)に兄のことを話した。

そんな中、ある大学で爆破事件が! 救助のため駆け付けた喜多見と音羽だったが、それは更なる爆破テロを仕掛けたエリオット・椿(城田優)の罠だった。要求は大学の不正献金を公表すること、人質は喜多見、音羽含めて11名だ。喜多見のスマホに椿からテロの仲間だと思われるメッセージが届く。人質の中に椿につながっている内通者がいる。

政府は椿の要望に応じるつもりはない。すべて喜多見と赤塚の責任に仕立てようとしていた。公安は喜多見が内通者だと決めつけていたが、喜多見は、1年前、椿に、傷が化膿するからこまめに消毒するよう伝えたら、「私を助けたことを必ず後悔させます」と言われたことを公安に話す。

椿は涼香に声をかける。

喜多見は、テロの内通者だと誤解した人質たちに監禁されてしまう。しかし必死に命を助けようとする喜多見を信じ、全員で脱出を図る。

スポンサーリンク

涼香が爆発の犠牲者に・・・

椿とつながっていた内通者は重傷を負っている大杉という女性だった。運んでいる途中で意識不明になるがMERチームがかけつけ緊急手術が行われ救出された。

涼香に「おれは音羽先生だったら賛成だから・・・」と喜多見は照れながら言った矢先、涼香のかばんの中に赤い花柄の水筒が入っていることに気づく。

喜多見は「その水筒どうした?」と大きな声で叫ぶ。その途端、爆発が起きる!

涼香は亡くなった。。。。。

椿から電話が入る。「言いましたよね?助けたことを後悔させるって。約束は守りましたよ。教えたかったんですよ。世の中は不条理だってことを・・・・」

スポンサーリンク

東京MER相関図とキャスト紹介

相関図はこちらです。

喜多見 幸太/鈴木 亮平

音羽 尚/賀来 賢人

弦巻 比奈/中条 あゆみ

千住 幹生/要 潤

冬木 治朗/小手 伸也

徳丸 元一/佐野 勇斗

喜多見 涼香/佐藤 栞里

ホアン・ラン・ミン/フォンチー

深沢 陽斗/佐藤 寛太

蔵前 夏梅/菜々緒

久我山 秋晴/鶴見辰吾

駒場 卓/橋本さとし

白金 眞理子/渡辺真起子

高輪 千晶/仲里依紗

赤塚 梓/石田ゆり子

東京MER第10話感想

悲しい。。。涼香は蘇生すると信じてみてましたが、喜多見の最愛なる妹が死んでしまうなんて。椿が「この世の不条理を知らせるため」的なメッセージがありましたが、アンフェアを思い出しました。『アンフェアにはアンフェアを!!』違うチャンネルですね(笑)

ですが喜多見は椿に復讐しないはず。医者ですから。でも公安に捕まってほしい。喜多見にどんな恨みがあるのか。命を助けたのに、何故だろう。アメリカの爆発事故は何か秘密があるのでしょうか。

音羽と涼香がいい雰囲気になっていて、最終回では恋人になっていることを期待していたのに。悲しいですね。。。悲しい。

いよいよ最終回です。喜多見チーフの東京MERチームの行く末はどうなるか?

あらすじはこちらです。

【ネタバレ】東京MER最終回~失意の喜多見チーフ最後の出動!!
2021年9月12日『TOKYO MER~走る緊急救命室~』最終回のあらすじとネタバレ、感想になります。最終回の視聴率はなんと19.5%でした。第10話で涼香が亡くなってしまい東京MERは初めて死者を出し悲しみが溢れましたが、最終回は悪者は...

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました