【ネタバレ】ドラマ・当確師~聖達磨・当選確率99%の戦術とは!?

2020年スペシャル

2020年12月27日(日)夜9時から放送の当確師のあらすじとネタバレになります。

”おしまいDEATH(デス)”が、まだ印象に残っている大和田常務を演じた香川照之さんの次回作は――凄腕選挙コンサルタント・聖達磨(ひじり・たつま)。彼は、当選率99%を誇ることから“当確師”の異名を持つ、百戦錬磨の人物。ドラマでは新たな市長として、保育園を経営する黒松幸子(檀れい)を選挙で勝たせようとするあらすじになっています。香川さんが演じる当確師はハマり役となるでしょうか?

 原作は、大ベストセラー『ハゲタカ』シリーズで知られる人気作家・真山仁氏の同名小説となります。

スポンサーリンク

ドラマ当確師:ネタバレ

“当確師”の異名を持つ敏腕選挙コンサルタントの聖達磨(香川照之)に国会議員の大國から、高天市の市長鏑木を次の市長選で倒すよう依頼される。しかしそれを依頼した黒幕は、鏑木市長の妻で小早川グループの令嬢である瑞穂からの依頼だった。鏑木は高天コンパクトシティを建設させるために遺跡の発掘を中止させていた事実があった。もしそれば公になれば小早川グループに傷がつく。知られる前に幸子を市長にしたかった。

しかし幸子は、麻薬逮捕歴、また経歴詐称の疑惑が次々に出てきていしまい劣勢になるが、当確師の聖は、最悪のピンチを最高のチャンスに変え、幸子を見事、高天市の市長に当選させた。

詳しいストーリーはあらすじをご覧ください。

スポンサーリンク

ドラマ当確師・あらすじ

聖達磨(香川照之)は当選確率99%を誇り、“当確師”の異名を持つ敏腕選挙コンサルタント。「選挙は戦争だ、勝つためなら手段は選ばん。それが当確師、聖達磨のやり方だ」と豪語する聖は、つい先日も、裏工作し敵陣営に内部分裂を生じさせ、大劣勢から、圧倒的な勝利を収めたいという候補者を希望どおりの形で当選させたばかりだった。

 そんな聖に、新たな仕事が舞い込む。旧知の仲である国会議員・大國克人(木場勝己)から、“高天市”のカリスマ市長・鏑木次郎(高橋克実)を次の市長選で倒してほしい、と依頼されたのだ。

元検事の鏑木は7年前、前市長の不正を暴いて当選。革新的な政策を次々実行して自治体を急成長させ、“日本一有名な市長”とよばれていた。

 実は、7年前、聖と鏑木の間には浅からぬ因縁があった。鏑木が初出馬した際、聖は大國の依頼によりアドバイザーを引き受けたものの、鏑木のやり口にあきれて途中で降りたという過去があったのだ。

もともと鏑木派だった大國がなぜ今回は敵に回るのか? 探りを入れたものの、大國は答えることなく、聖に現金の束と3枚の履歴書を渡す。

「カネは幾らでも払う、強力なスポンサーもいる。対立候補をこの3人の中から選び、鏑木を市長の座から引きずり落してほしい」と――。

スポンサーリンク

聖は大國の依頼を受けて黒松幸子を市長候補へ

訝しみながらも大國の依頼を受けた聖は、候補者を吟味。そして、高天市で保育園を経営する黒松幸子(檀れい)こそ、候補者にふさわしいと狙いを定める。

さっそく幸子に接近するが、幸子は鏑木の妻・瑞穂(奥貫薫)の学生時代からの親友。瑞穂との関係から見ても、幸子が市長選に立候補する可能性は限りなくゼロに近いと思われた。

聖は鏑木市長にはっきりと3期目はない!と断言したところを幸子はみていた。聖は幸子に市長選に出馬してほしいと伝えるが、幸子は狼狽え、自分には経験がないと伝えるが、聖は経験はないが知識と感心はある。幸子は大学で政治学を学んでおり論文をみて判断した。また幸子が鏑木市長が嫌いなはずだと言い切る。

幸子は市長選に出馬表明

3月、幸子は、市長にふさわしいアンケートで2位になり、鏑木市長は中学、高校で同級生だった妻の瑞穂に、幸子を自分の福祉担当補佐官にしたいと伝えるよう指示した。

幸子は引き受けた。そして生放送の公開質問で、高天コンパクトシティについて問題を提議する。経済的弱者がコンパクトシティに追いやられる計画ではないか?完全に鏑木市長を論破した幸子は、公開討論で出馬表明をした。

しかし不敵な笑みを浮かべる鏑木瑞穂に聖は警戒する。そして鏑木市長は部下に幸子のゴシップを探させる。

そんな中、瑞穂は車で外出する。聖は関口に瑞穂の行動を見張るよう指示していた。瑞穂は男とホテルで密会していた。それは国会議員・大國の秘書だった。幸子を市長選に立候補させようとしたのは瑞穂自身だった。鏑木を市長から引きづり降ろすのが目的だった。聖は、小早川グループの組織票を幸子に入れるよう頼んだが、それはできないから当確師を頼んだと断られる。

スポンサーリンク

幸子が麻薬で逮捕されていた過去が!?

幸子には基礎票が足りない。鏑木の組織票を獲得するためにどうするか?

ハイランド構想を進めていた糠島には遺跡が見つかっていた。しかし台風を理由に発掘が中止になっていた。聖は、副市長に近づき、市長夫人が市長おろしの黒幕だと明かし、遺跡発掘が台風で中止になったあと、発掘責任者の学芸員が解雇されたことを聞きだす。

聖はさっそく解雇された学芸員に会いにいく。発掘が打ち切られたのは人為的なものであり、貴重な出土品も見つかっていたが、台風後、それがなくなっていた。マスコミにリークしようとしたが、妻も自分も脅迫され、そして会社から解雇された。

そんな中、幸子が留学時代に麻薬で逮捕されていたことがネットニュースになっていた。そもそも幸子は留学できるほど裕福ではなかった。しかし幸子は誤認逮捕だった。友人からカバンを預かっただけだった。

鏑木市長は幸子は終わった。。。3期目も自分が市長だと安堵するが。。。

幸子の大学時代の論文を手に入れる聖

スポンサーリンク

最悪のピンチを最高のピンチに変える

鏑木市長に差出人不明の封書が届く。聖を呼び出す。

幸子の経歴をみると親に捨てられたと書いてあるが、これは経歴詐称だ。父親は副総理だった橋爪正義、幸子の出馬をここでやめると言えば、この事は誰にも言わない。鏑木は聖に選択を迫る。

組織票もダブルスコアの幸子に勝ち目はないと聖のスタッフは伝えるが、「不可能を可能にして当確師、タネは撒いてある、一発逆転の!」聖には秘策があった。それは記者会見を開き、すべてを明らかにすることだった。父を憎んでいたこと、そしてアメリカで会って褒めらたことなど包み隠さず自分の気持ちをぶつけた。その上で高天市の市長選に立候補すると宣言する。

記者たちから拍手が。。。最悪のピンチから最大のチャンスになった。父親のこと、マスコミにリークしたのはすべて聖の筋書き通りだった。告示前に膿を出せばクリーンなイメージしかない。

しかし幸子が、市長になるのは別の動機がある。

幸子は高天市長に就任

聖は、鏑木市長が隠した出土品は買い取っていた。これが公に出れば、鏑木市長の不正が明らかになり、それは小早川グループに傷がつくことだった。瑞穂はそれを避けるために幸子を市長にしようとした。

その上で聖は、小早川グループの組織票をすべて渡すように伝え、鏑木瑞穂と小早川グループは幸子を指示すると表明した。

そして幸子は選挙に圧勝した。

幸子は瑞穂の上にたって優越感に浸りたかった。市長になることはゴールじゃなくてスタートだった。父がたどり着けなかった高みを目指すための、それは総理大臣??

スポンサーリンク

当確師・キャスト紹介

聖 達磨(ひじり・たつま)・・・香川照之

黒松幸子(くろまつ・さちこ)・・・檀れい

鏑木瑞穂(かぶらぎ・みずほ)・・・奥貫 薫

関口健司(せきぐち・けんじ)・・・岡山天音

高月千香(たかつき・ちか)・・・黒川智花

碓氷俊哉(うすい・としや)・・・野間口 徹

和田(わだ)副市長・・・矢島健一

大國克人(おおくに・かつひと)・・・木場勝己

鏑木次郎(かぶらぎ・じろう)・・・高橋克実

ドラマ当確師・感想

当確師という名の選挙コンサルタントは本当に実在するようです。香川照之さんといえば、圧が強い役が本当ハマり役ですよね。目力がすごいです。家はお坊さんなのに、なぜ選挙コンサルタントになろうとしたのか。。。そのあたり知りたかったです。精進料理ばっかり食べていたから、ピザにたくさんタバスコをかけていたんですかね。。。あれは体に悪いかと。。。
 
一方、市長に立候補する幸子役の檀れいさん、本当美しかったですし、演説シーンも最高でした。政治家とは!?やはり市民に寄り添う人ですよね。。政府の不祥事が続いているなか、本当クリーンなものを見せてもらいました。これが正しい政治家ですよね。
見事に当確させた聖ですが、幸子のほうが上手??だったように思います。でも見応えのある楽しいドラマでした!!
 
第2弾の当確師をお待ちしています。
 

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました