【ネタバレ】となりのチカラドラマ第1話~中腰のチカラさん

となりのチカラ

2022年1月20日スタートの『となりのチカラ』第1話のあらすじとネタバレになります。

このドラマは、主人公・中越チカラを松本潤さんが演じます。思いやりと人間愛は人一倍、しかし何やっても中途半端な男ですが、困っている人を見ると気になってしまい、声をかけるかどうか悩みぬいたあげく、結局いつも声をかけ、他人の問題に突っ込んでしまう。社会派ホームコメディです。松本潤さんと初共演になる上戸彩さんが妻役です。

個性強めで謎多めなマンション住人たちとのアンサンブルも見どころです。

視聴率の推移はこちらです。

第1話                  
11.5%                  

スポンサーリンク

となりのチカラドラマ第1話あらすじ

東京のとある郊外に建つマンション。そこに、中越チカラ(松本潤)と妻の灯(上戸彩)、そして娘の愛理(鎌田英怜奈)と息子の高太郎(大平洋介)という1組の家族が移り住んでくる。優柔不断で困っている人を放っておけない性格の夫とテキパキしっかり者の妻に、ちょっぴり大人びた姉と無邪気な弟――そんな一家がやってきたマンションには、とても個性豊かな住人たちが暮らしていた。

さっそくチカラが遭遇したのは、全身を”今日のラッキーカラー”でまとめた隣人・道尾頼子(松嶋菜々子)。階下には複数の男性が出入りする謎の女性(ソニン)の部屋があり、さらには、ワケありそうな管理人の星譲(浅野和之)から「601には連続幼児殺人事件の犯人・少年Aが住んでいる」と聞かされ、いろいろと思いを巡らすチカラに、灯は「ご近所のことに首を突っ込まないように」と諭すのだった…。

 引っ越しから数日経ったある日、隣の部屋から悲鳴が!灯の忠告を思い出し、やや躊躇するチカラだったが、”引っ越しのご挨拶”を口実に、意を決して部屋を訪れてみる!大きな蜘蛛がでたのが原因だった。そこは、エリート会社員の木次学(小澤征悦)と妻・達代(映美くらら)、娘・好美(古川凛)が仲良く暮らす家なのだが…妻と好美の様子がおかしかった。

スポンサーリンク

隣人は幼児虐待している?

チカラたちが晩御飯食べていると、また木次家から鈍い音と叱咤する声が聞こえる。チカラは虐待だったらどうしよう。。。心配していると灯がから揚げを渡す。チカラはさっそく訪ねると好美はお風呂場のなかに洋服のまま入っていた。木次は遊んでいただけと言うが、これは虐待に違いない。。

チカラは木次に以前、デパートで偶然会っていて、娘のためにぬいぐるみを買っていたことを思い出す。それを伝えて木次家をあとにする。

チカラは好美に紅白の旗を渡し、「たすけて」の旗信号を教える。そして「おじさんは好美ちゃんのとなりにいることはできるから」好美は泣いてしまう。そこに母親がきてチカラに「ストーカーだと訴えますよ」と怒られてしまう。

好美は紅白旗で「ありがとう」の信号を送る。

スポンサーリンク

となりのチカラドラマキャスト紹介

メインキャストの紹介です。

中越チカラ(なかごし・ちから) 松本 潤

妻と二人の子を持つ父親。自称小説家だが、普段はゴーストライターとして著名人のエッセイなどを代筆している。執筆をする傍ら、家の掃除をしたり買い物に行ったり、それなりに忙しい。いつもニコニコしていて、特技は人の話をいつまででも聞けること。人のことには敏感だが自分のこと(仕事の締め切りや服装)には鈍感(無頓着)。
困っている人は放っておけないが、いざ手を差し伸べようとすると、あれこれ余計なことを考えて中腰になってしまったり、靴下が左右別になっていたり、ライターだが言葉が出てこず、物事を的確に表現できなかったりする。
とにかく中途半端な点を多く持つ主人公。

中越 灯(なかごし・あかり) 上戸 彩

チカラの妻で12歳の娘・愛理と10歳の息子・高太郎の母親。アパレルショップで店長を務めている。マンションに引っ越してきた途端、何かと住人の問題ごとに首を突っ込もうとするチカラを優しくいさめる日々…。ゴーストライターとして著名人のエッセイを代筆するばかりのチカラには、自分の小説を書いてほしいという思いが。優柔不断な夫・チカラとは対照的に明るく快活な女性。

木次 学(きつぎ・まなぶ) 小澤征悦

中越チカラ一家のお隣に住む、エリート会社員。妻・達代、そして小学校3年生の娘・好美と仲良く住む理想的な3人家族に見えるが…。なぜか、妻と娘は何かに怯えている。

木次達代(きつぎ・たつよ) 映美くらら

木次学の妻。エリート家系の夫に恥をかかせぬよう家事・育児を完璧にこなそうと頑張っているが…、 何か様子がおかしい。

マリア(まりあ) ソニン

チカラ一家の真下に住む住民。数人の女性同士でルームシェアしていそうだが…夜な夜な男が部屋を出入りしている。しかも曜日によって人が違う。一見、派手な生活をしていそうだが…?
 

スポンサーリンク

上条知樹(かみじょう・ともき) 清水尋也

十年前に世間を震撼させた凶悪少年犯罪事件の真犯人「少年A」という噂のある青年。
寡黙で無表情。住民から見ると、冷たい殺し屋のような印象。
何か大きな背景を背負っていそうな男。

柏木託也(かしわぎ・たくや) 長尾謙杜(なにわ男子)

祖母の清江と暮らす高校3年生。小学校の頃に震災で両親を失って以来、清江に育てられてきた。大学受験が目前に迫っているが…。最近清江の様子がおかしいことで思い悩んでいる。

星 譲(ほし・ゆずる) 浅野和之

マンションの管理人。一見人当たりがよく愛想のいいおじさんといった雰囲気だが、よく見るとどこか笑顔が嘘っぽい。色々苦情を訴えても「はいはい」と言いながら、適当にお茶を濁している。それでいて、住民のウワサ話は大好きで、聞いてもないのに喋りだす。しかし自分のことを聞かれると一切話そうとしない。実は深い闇を抱えていることがわかるのだが…?

柏木清江(かしわぎ・きよえ) 風吹ジュン

高校3年生の孫・託也と2人で暮らしている。託也が小学生の頃に両親を震災で失って以来、溢れるほどの愛情で孫を育ててきた。しかし数年前から異変が…。

となりのチカラドラマ第1話感想

チカラは人のことは敏感だけど、自分のことには鈍感。という性格のようですね。

集合住宅に引っ越してきたとき、家族連れだと隣の家と上と下には挨拶したほうがいいと言いますよね。また女性の1人暮らしの場合、防犯のためにも挨拶行かないでOKだといまは言われてます。そんな中、チカラは4Fなのに6Fまで挨拶してましたね(笑)よっぽど周りが気になるんですね。

愛情の反対は無関心というから、チカラは愛情たっぷりってことかな。でも人によってですよね、かまってもらうのが苦痛な人もいるし、だけど声かけないより、かけたほうがいいのかな。。

チカラは好美ちゃんに紅白旗渡しますが、「たすけて」以外がまったく分からないのもどんなものかと。まっ、そういう完璧ではないところが良いところなのかも。

第2話のあらすじはこちらです。

【ネタバレ】となりのチカラドラマ第2話~503号室の柏木さん宅の事情
2022年1月27日『となりのチカラ』第2話のあらすじと放送後にネタバレ感想を追加します。 このドラマは、主人公・中越チカラを松本潤さんが演じます。思いやりと人間愛は人一倍、しかし何やっても中途半端な男ですが、困っている人を見ると気になっ...

スポンサーリンク

 
タイトルとURLをコピーしました