【ネタバレ】特捜9Season4第8話~ 密室のハリネズミ

特捜9Season4

2021年5月26日『特捜9season4』第7話のあらすじとネタバレになります。

やはり村瀬は後遺症で足が動かない状況になってしまいました。リハビリして復活してくれることを祈ります。小宮山さんは婚姻届けを記載して村瀬に渡しますが、村瀬に同情か?といわれ、とりあえずは保留になってしまったようです。

2018年4月から、井ノ原快彦さん主演で新たにスタートした『特捜9』も今回でシーズン4回目になります。難事件に挑む刑事たちの活躍はもちろん、その背景にある人生模様など、事件そのものだけでなく“人間”を真摯に描く物語が印象的な刑事ドラマです。

Season4の視聴率の推移はこちらです。

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話
13.2% 13.7% 11.9% 14.2% 12.9% 13.2% 13.9% 13.0%

第7話のあらすじとネタバレはこちらになります。

【ネタバレ】特捜9Season4第7話~犯人の鍵を握る天才パズル少年
2021年5月19日『特捜9season4』第6話のあらすじとネタバレになります。 やはり村瀬は後遺症で足が動かない状況になってしまいました。リハビリして復活してくれることを祈ります。小宮山さんは婚姻届けを記載して村瀬に渡しますが、村瀬に...

スポンサーリンク

特捜9Season4第8話ネタバレ

ビル清掃員・宮川文子(田島令子)が自宅リビングで刺殺されていた。誰もいないはずの2階から物音が聞こえてきた。階段を駆け上がった直樹たちは、奥の部屋の押し入れに隠れていた文子の娘・雪(春木みさよ)がいた。15年前からの引きこもりだった。

小宮山志保(羽田美智子)は、文子が最後に電話で会話した相手、人権派弁護士の成瀬聡美(松浦佐知子)と娘・莉子(新井郁)とともに、パワハラによって不当解雇された原告の代理人を務めていたが、文子はそのパワハラ現場を人として出廷する予定だった。

雪は、犯行時刻、ハリネズミの生態を生配信されているチャンネルをみていたことがわかる。15年前引きこもりの原因になったのは恋人が自分がふったから自殺したからだ。しかしその自殺は、その居酒屋で産地偽装が行われていたからだ。居酒屋側の弁護士が成瀬聡美だった。

犯人は娘の成瀬リコだった。母親がしたくない悪の部分を自分がしてきたが、母親が文子に土下座していて裁判に勝つために殺害した。

くわしいストーリーはあらすじをご覧ください。

スポンサーリンク

特捜9Season4第8話あらすじ

ビル清掃員・宮川文子(田島令子)が自宅リビングで刺殺されているのが見つかり、浅輪直樹(井ノ原快彦)ら特捜班が臨場する。無断欠勤した文子の様子を見に来て窓から遺体を発見した同僚によると、文子には大手商社でバリバリ働く娘がいるものの家を出ており、現在はひとり暮らしとのことだった。
 ところが、誰もいないはずの2階から物音が聞こえてきた。階段を駆け上がった直樹たちは、奥の部屋の押し入れに隠れていた文子の娘・雪(春木みさよ)を発見! 雪は確かに大学卒業後、商社に勤務していたが、15年ほど前に退職して以来、ずっとひきこもっていたようだ。ハリネズミのぬいぐるみがついたパーカーのフードを目深くかぶった雪は手をケガしており、現場が密室状態だったことから、彼女に母親殺しの疑惑がふりかかる。

その後、警察病院に収容された雪は食事にも手を付けず、投げやりな態度で「夕飯に嫌いなニンジンが入っていたから殺した。それでいいんじゃない?」と犯行を認めるような言葉を放つ。しかも、直樹が何か食べたいものはないか聞くと、「ミルワーム」と謎の言葉を発する…。

そんな中、小宮山志保(羽田美智子)は、文子が最後に電話で会話した相手、人権派弁護士の成瀬聡美(松浦佐知子)を訪問。文子が翌日行われる裁判に、証る。聡美は同じく弁護士である娘・莉子(新井郁)とともに、パワハラによって不当解雇された原告の代理人を務めていたが、文子はそのパワハラ現場を人として出廷する予定だったことを知目撃した唯一の証人だったのだ。

スポンサーリンク

15年前の雪の恋人が自殺

だが、青柳靖(吹越満)矢沢英明(田口浩正)が文子の同僚に話を聞くと、金に固執していた文子が仕事を失う可能性があるにもかかわらず、雇い主に歯向かう証言をすることに疑問がわき上がる。
 その頃、国木田誠二(中村梅雀)新藤亮(山田裕貴)は、雪が時折、訪れていたハリネズミカフェへ。実は、“ミルワーム”とはハリネズミが好んで食べるエサ用の虫のことだったのだ。その店では毎晩、ハリネズミの生態を生配信されており、雪は母親の死亡推定時刻頃、この生配信みながらチャットでコメントをたくさんいれていた。ヘッドフォンしていたため犯行に気づかなかった可能性がある。

直樹は、雪とチャットし、母親との生活について確認しながら、「透くんは自分のせいで死んだ・・・」透とは、15年前、雪の元恋人で首つり自殺していた。自殺した理由が雪から振られたのが原因だと居酒屋あじとの店主の証言で決まってしまった。その裁判の弁護士が成瀬聡美だった。

雪の母親・文子は、15年前の事件を調べなおしていた。雪の恋人が自殺したのは、その居酒屋でお肉の産地偽装が行われていたからだ。成瀬弁護士は当時、店長に偽装を脅されて偽証していた。

文子の偽証証言のICレコーダーを聞いていると明らかに編集されたあとがあった。犯人は成瀬リコだった。母親がしたくない悪の部分を自分がしてきたが、母親が文子に土下座していて裁判に勝つために殺害した。

スポンサーリンク

特捜9Season4キャスト

メインキャストになります。

浅輪直樹(あさわ・なおき)・・・井ノ原快彦

警視庁捜査一課特別捜査班主任。警部補。正義感が人一倍強く、曲がったことが大嫌いな性格。 常に弱者に寄り添い、手柄とはほど遠い地道な捜査も厭わない。

小宮山志保(こみやま・しほ)・・・羽田美智子

警視庁捜査一課特別捜査班刑事。警部補。特捜班のメンバーとの間には強い絆を感じている。特に村瀬に支えられた恩義から、彼に対する思いは強い。村瀬を心配しつつ、頼りにもしている。

村瀬健吾(むらせ・けんご)・・・津田寛治

警視庁捜査一課特別捜査班刑事。警部補。自分の能力はキャリア以上と信じて疑わない自信家。志保とは恋を意識した時期もあり、彼女の活躍を陰で支えることを喜びにしている節も。

青柳 靖(あおやぎ・やすし)・・・吹越 満

警視庁捜査一課特別捜査班刑事。警部補。反骨精神の塊のような男で、資産家と上流階級が大嫌いな皮肉屋。

矢沢英明(やざわ・ひであき)・・・田口浩正

警視庁捜査一課特別捜査班刑事。巡査部長。大らかな心で変わり者の青柳を受け止め、聞き役やサンドバックに徹することもできる一方、時には厳しく叱ることもできる。

新藤 亮(しんどう・りょう)・・・山田裕貴

警視庁捜査一課特別捜査班刑事。巡査。運動神経がよく、犯人と格闘する場面などでは非常に頼もしい。熱い思いを秘めてはいるが、現代っ子らしい効率主義的な思考もあわせ持つ。

スポンサーリンク

佐久間朗(さくま・あきら)・・・宮近海斗〈Travis Japan/ジャニーズJr.〉

警視庁本庁所属の若手鑑識課員。鑑識の大先輩・猪狩哲治の下で修業中。

浅輪倫子(あさわ・みちこ)・・・中越典子

直樹の妻。かつて9係の係長だった加納倫太郎の実娘であり、“パティシエール”。

早瀬川真澄(はやせがわ・ますみ)・・・原 沙知絵

関東監察医務院に勤務する監察医。志保とは相変わらず仲が良い。

国木田誠二(くにきだ・せいじ)・・・中村梅雀

警視庁捜査一課特別捜査班の新班長。警視庁捜査一課6係時代に冤罪を引き起こした過去を見つめ直し、特捜班の班長として始動する。

特捜9Season4第8話・感想

村瀬さんはリハビリ順調のようです。1カットだけでしたが、元気なところをみるとほっとします。

今日は引きこもりの女性が43歳、その母親が殺害されてしまう事件でした。70代の親が40代の子どもの面倒を見るというのはよくあるそうです。でもひきこもり方も理由があって自分の身をまもるためだと直樹が言ってましたが、本当にそうだと思います。

次回第9話のあらすじはこちらです。

【ネタバレ】特捜9Season4第9話~空飛ぶ容疑者とは!?
2021年6月2日『特捜9season4』第9話のあらすじとネタバレになります。 やはり村瀬は後遺症で足が動かない状況になってしまいました。リハビリして復活してくれることを祈ります。小宮山さんは婚姻届けを記載して村瀬に渡しますが、村瀬に同...

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました