【ネタバレ】特捜9シーズン5第10話~再開発の罠

特捜9シーズン5

2022年6月8日(水)夜9時『特捜9』シーズン5第10話「」のあらすじとネタバレ、感想になります。

このドラマは浅輪(井ノ原快彦さん)率いる個性派ぞろいの警視庁の特別捜査班の奮闘を描く人気シリーズです。新しいメンバーはSnow manの向井康二さんです。捜査支援分析センター所属の分析官・三ツ矢を演じます。

前シーズンでは村瀬と志保が結婚しましたよね。でも今回のシーズン5では公式ページのキャスト紹介に村瀬の名前がないんですよね。。。なのでもしかしたら回想のみの出演になる可能性が高いです。

第9話のあらすじはこちらです。

【ネタバレ】特捜9シーズン5第9話~模倣犯が現れる
2022年6月1日(水)夜9時『特捜9』シーズン5第9話「仮面の追跡」のあらすじとネタバレ感想になります。 このドラマは浅輪(井ノ原快彦さん)率いる個性派ぞろいの警視庁の特別捜査班の奮闘を描く人気シリーズです。新しいメンバーはSnow m...

スポンサーリンク

特捜9シーズン5第10話あらすじ

雑居ビル前の路上で、バーのオーナー・島田和樹が頭から血を流して死んでいるのが発見される。 青柳靖(吹越満)矢沢英明(田口浩正)が聞き込みをしたところ、第一発見者の管理人の話では、現場付近から制服姿の少女が飛び出してきて、バッジを落としていったと言う。

そのバッヂに持ち主は久保美幸。母親と幼い弟と三人で、良く来店していたそうだが、最近は毎日のようにバイトしている。直樹と由真は、美幸の母親・美奈子と接触。自身は健康面の問題で働かず、美幸ばかりに頼っていると言う。

やがて、押収した証拠物からオーナー・岡本博子の指紋が検出される。国木田班長(中村梅雀)小宮山志保(羽田美智子)が事情聴取すると、島田のお店に忍び込んだとき、久保美幸の母親・美奈子と揉めていたそうだ。島田と美奈子は中学の同級生だった。

そんな中、久保美幸ちゃんが自首してくる。家に帰ると「3時に待っている。」とメモがあり母親を追って島田食堂にいくと島田が道路に倒れていた。手には母の字に手紙があり、母が殺害したと思った。その手紙は20年前、美奈子から島田に渡したものだった。島田が亡くなった日、美奈子は島田に俺が3人の面倒をみると言われたが断わり、そのまま帰った。

その話を聞いていたのが昔島田も入っていた不良グループの木戸口、島田のバーが潰れないよう立ち退き防止のアドバイスをしたが全く相手にされない。美奈子のことで揉みあいになり階段から突き落とし殺害。

美奈子は脳脊髄液漏出症だと分かる。早瀬川はきちんと治療すれば治ると伝える。

進藤の謹慎があける。

スポンサーリンク

特捜9シーズン5キャスト

メインキャストの初回です。

公式の発表になりますが、村瀬がいないんですよね。。

浅輪直樹(あさわ・なおき) 井ノ原快彦

警視庁捜査一課特別捜査班主任。警部補。個性派チームを”ゆるく”まとめる頼れる捜査リーダー。地道な捜査を厭わない行動力と、傷ついた人の心に寄り添う共感力に優れる。

小宮山志保(こみやま・しほ) 羽田美智子

警視庁捜査一課特別捜査班刑事。警部補。特捜班のメンバーとの間には強い絆を感じている。同じ特捜班だった村瀬と結婚。部署異動となった彼を支えながら、事件解決に奔走する。

青柳靖(あおやぎ・やすし) 吹越満

警視庁捜査一課特別捜査班刑事。警部補。反骨精神の塊のような男で、資産家と上流階級が大嫌いな皮肉屋。

矢沢英明(やざわ・ひであき) 田口浩正

警視庁捜査一課特別捜査班刑事。巡査部長。大らかな心で変わり者の青柳を受け止め、聞き役やサンドバックに徹することもできる一方、時には厳しく叱ることもできる。
 

スポンサーリンク

新藤亮(しんどう・りょう) 山田裕貴

警視庁捜査一課特別捜査班刑事。巡査。運動神経がよく、熱い思いを秘めてはいるが、現代っ子らしい効率主義的な思考もあわせ持つ。誰にも言えない秘められた過去が明らかに!?

三ツ矢翔平(みつや・しょうへい) 向井康二< Snow Man >

捜査支援分析センター(SSBC)所属の分析官で村瀬の部下。性格は明るく天然で、なぜか憎めない得な性分。組織の枠にはまらない特捜班メンバーの自由さにある種の憧れを感じている。

高尾由真(たかお・ゆま) 深川麻衣

警視庁品川東署刑事課所属の女性刑事で、正義感の強いしっかり者。「特捜班」のことは「優秀だが個性派揃いのチーム」と噂を聞いていた…。警察官殺害事件捜査本部の会議中に、警視庁捜査一課からやってきた管理官に噛みついたところを、同席していた青柳靖(吹越満)と矢沢英明(田口浩正)に見られ、独自捜査に協力することに…。

浅輪倫子(あさわ・みちこ) 中越典子

直樹の妻。かつて9係の係長だった加納倫太郎の実娘であり、“パティシエール”。

早瀬川真澄(はやせがわ・ますみ) 原沙知絵

関東監察医務院に勤務する監察医。遺体に関するプロフェッショナルで志保とは相変わらず仲が良い。

国木田誠二(くにきだ・せいじ) 中村梅雀

警視庁捜査一課特別捜査班の班長。多趣味で整理整頓好き。普段は温和だが、実は切れ者。

特捜9シーズン5第10話感想

脳脊髄液漏出症とか脳脊髄液減少症ですが、原因不明のけだるさで、何回かドラマでみたような気がします。でも具合悪いなと思っても脳まで調べるのは中々ハードル高いですよね。採血とかで分かるといいのですが。

生活保護を申請して自治体が調査するときに血縁関係の方達に援助ができないか?確認するそうですよね。でも事情を話せばそのあたりも考慮されるとか。。。それが浅輪が言っていたことかもしれません。具合が悪くてまだ未成年の子どもがいるときは、国に頼ったほうがいいと思います。若いときから苦労するのはかわいそうです。。

いつも思うのですが倫子ちゃんのケーキとかお菓子たべてみたい。。。美味しそう。

とうとう進藤の謹慎が開けたようです。そろそろ戻ってきそうですね。

第11話のあらすじはこちらです。

【ネタバレ】特捜9シーズン5第11話~判決の行方
2022年6月15日(水)夜9時『特捜9』シーズン5第11話のあらすじとネタバレ、感想になります。 このドラマは浅輪(井ノ原快彦さん)率いる個性派ぞろいの警視庁の特別捜査班の奮闘を描く人気シリーズです。新しいメンバーはSnow manの向...

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました