【ネタバレ】特捜9Season4第5話~2つの事件で使われたのは3Dの銃?

特捜9Season4

2021年5月5日『特捜9season4』第5話のあらすじとネタバレになります。

2018年4月から、井ノ原快彦さん主演で新たにスタートした『特捜9』も今回でシーズン4回目になります。難事件に挑む刑事たちの活躍はもちろん、その背景にある人生模様など、事件そのものだけでなく“人間”を真摯に描く物語が印象的な刑事ドラマです。

Season4の視聴率の推移はこちらです。

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話
13.2% 13.7% 11.9% 14.2% 12.9%      

第4話のあらすじとネタバレはこちらになります。

【ネタバレ】特捜9Season4第4話~村瀬は生きている!?犯人は一体誰
2021年4月28日『特捜9season4』第4話のあらすじとネタバレを追加します。 2018年4月から、井ノ原快彦さん主演で新たにスタートした『特捜9』も今回でシーズン4回目になります。難事件に挑む刑事たちの活躍はもちろん、その背景にあ...

スポンサーリンク

特捜9Season4第5話ねたばれ

有名建築家の岩井剛太郎(長江英和)が射殺される。岩井はハンティングが趣味だが、10年前に平井が狩猟で撃った弾が青井優太君(小学生)にあたり亡くなってしまった。その母親に射殺された。しかし銃は3Dプリンターで作られてものであり、だれが母親に渡したのか?

それは10年前に事件の現場にいた諸星(河合我聞)の妻・悟子(遊井亮子)だった。青井優太君が亡くなったとき平井はすぐに東京に帰ったが、代わりに諸星が両親に謝罪していた。真相は平井は子供が遊んでいるのを分かってて銃を撃った。事故ではなく過失だった。

また、殺害された岩井が建築デザイン大賞をとった建物は諸星が設計したものだった。夫の余命があと1か月のため、デザイン賞の建物は夫の作品だ公表してほしいと依頼したが、拒絶されたのが理由だった。

一時は意識不明の重体だった村瀬健吾(津田寛治)は、刺されたときに背中の神経も傷ついてしまい歩くことができないかもしれないとドクターから告知を受けていた。小宮山はそれを知って村瀬の家族になろうとしたが、村瀬は同情だと察知する。いまはしない。。。2人が決めた結論

詳しいストーリーはあらすじをご覧ください。

スポンサーリンク

特捜9Season4第5話あらすじ

昼食の買い出しに出かけた新藤亮(山田裕貴)は街中で突然、銃声を耳にする。驚いていると、プラスチック製の銃を手にした覆面3人組に遭遇。とっさに強盗と判断した新藤は、自分のスマートフォンを犯人たちの車に投げ込んだ後、公衆電話から浅輪直樹(井ノ原快彦)に連絡し、GPSを使って車を追うよう依頼。すぐさま国木田誠二(中村梅雀)が位置情報を解析し、青柳靖(吹越満)と矢沢英明(田口浩正)が追跡を開始する。

 だが、連絡を終えた直後、新藤は驚くべきものを発見する。近くの路地で、高級そうなスーツを着た男性が頭から血を流して死んでいたのだ。まもなく、遺体の身元は有名建築家の岩井剛太郎(長江英和)と判明。強盗が放った流れ弾に当たったものと思われた。

 ところが、監察医・早瀬川真澄(原沙知絵)が遺体を調べた結果、意外な事実が発覚する。後頭部に“接射痕”が見つかり、岩井は流れ弾に倒れたのではなく、何者かに故意に殺害されたことがわかったのだ。しかも、弾丸や銃は、強盗犯が使っていたものと特徴が一致。2つの事件で使われた銃は、おそらく同じ設計図をもとに3Dプリンターで作られたものと推測された。 

 その頃、小宮山志保(羽田美智子)は、一時は意識不明の重体だった村瀬健吾(津田寛治)の病室を訪ねていた。ようやく村瀬が一般病棟に移ることができ、ホッとした志保はケンカしながらも何かと世話を焼くが、奇しくも同室の入院患者・諸星雄一郎(河合我聞)と妻・悟子(遊井亮子)が岩井が社長を務める建築事務所の一員だと知る。

岩井社長の身辺を探っていると、建築は天才だが人望は全くなかった。岩井の会社には3Dプリンターがあった。

スポンサーリンク

村瀬に逆プロポーズする小宮山さんだが。。。

10年前、秩父のキャンプでハンターの流れ弾にあたって、青井優太君は亡くなってしまった。親が復讐した可能性がある。青柳と矢沢が母親を確保した。取り調べによると優太君が亡くなったとき、平井は東京に帰っていて代わりに謝ったのが諸星だった。

村瀬は諸星に一生かけても償えない嘘の真相を聞く。それは、10年前、平井は子供がいると分かっていたのに、口裏を合わせ、子供の存在は知らなかったと証言したことだった。

青井優太君の母親・春奈が平井を射殺した。銃は清掃カートに入っていた。平井に謝ってほしかった。誰がカートを入れたのか?

建築デザイナー大賞の建物をデザインしたのは諸星だった。悟子は、夫が病で倒れてしまったため、大賞をとった建物を夫がデザインしたと公表してほしいと平井に頼んだが拒絶される。夫の余命はあと1か月だった。

平井鋼太郎は龍丸会とつながっており、3Dのプリンターで銃を作っていた。プリンターに残っていた銃の設計図をみて悟子は銃を製造し、青井春奈にわかるように置いた。。

村瀬は先生から「もう歩けないかもしれない」と告知を受けていた。しかしリハビリで治る可能性があるとの事。村瀬は小宮山にそのことを打ち明ける。

小宮山は婚姻届を記入し村瀬に「家族にならない?」というが、村瀬は同情か?いまは聞かなかったことにすると伝える。小宮山はうなづく。

スポンサーリンク

特捜9Season4キャスト

メインキャストになります。

浅輪直樹(あさわ・なおき)・・・井ノ原快彦

警視庁捜査一課特別捜査班主任。警部補。正義感が人一倍強く、曲がったことが大嫌いな性格。 常に弱者に寄り添い、手柄とはほど遠い地道な捜査も厭わない。

小宮山志保(こみやま・しほ)・・・羽田美智子

警視庁捜査一課特別捜査班刑事。警部補。特捜班のメンバーとの間には強い絆を感じている。特に村瀬に支えられた恩義から、彼に対する思いは強い。村瀬を心配しつつ、頼りにもしている。

村瀬健吾(むらせ・けんご)・・・津田寛治

警視庁捜査一課特別捜査班刑事。警部補。自分の能力はキャリア以上と信じて疑わない自信家。志保とは恋を意識した時期もあり、彼女の活躍を陰で支えることを喜びにしている節も。

青柳 靖(あおやぎ・やすし)・・・吹越 満

警視庁捜査一課特別捜査班刑事。警部補。反骨精神の塊のような男で、資産家と上流階級が大嫌いな皮肉屋。

矢沢英明(やざわ・ひであき)・・・田口浩正

警視庁捜査一課特別捜査班刑事。巡査部長。大らかな心で変わり者の青柳を受け止め、聞き役やサンドバックに徹することもできる一方、時には厳しく叱ることもできる。

新藤 亮(しんどう・りょう)・・・山田裕貴

警視庁捜査一課特別捜査班刑事。巡査。運動神経がよく、犯人と格闘する場面などでは非常に頼もしい。熱い思いを秘めてはいるが、現代っ子らしい効率主義的な思考もあわせ持つ。

スポンサーリンク

佐久間朗(さくま・あきら)・・・宮近海斗〈Travis Japan/ジャニーズJr.〉

警視庁本庁所属の若手鑑識課員。鑑識の大先輩・猪狩哲治の下で修業中。

浅輪倫子(あさわ・みちこ)・・・中越典子

直樹の妻。かつて9係の係長だった加納倫太郎の実娘であり、“パティシエール”。

早瀬川真澄(はやせがわ・ますみ)・・・原 沙知絵

関東監察医務院に勤務する監察医。志保とは相変わらず仲が良い。

国木田誠二(くにきだ・せいじ)・・・中村梅雀

警視庁捜査一課特別捜査班の新班長。警視庁捜査一課6係時代に冤罪を引き起こした過去を見つめ直し、特捜班の班長として始動する。

特捜9Season4第5話・感想

やはり村瀬には後遺症が残ってしまったようです。小宮山さんが婚姻届を記入して村瀬に渡そうとしますが、渡せず「家族にならない?」と聞きますが、村瀬は同情か?と聞いて、いまは、無しになってしまいました。あーーもったいない。このまま勢いで結婚して欲しかった笑超お似合いですよね。

でも村瀬のリハビリはこれから始まるようですが、相当時間がかかるのかもしれないです。特捜9からいなくなってほしくないです。Season5(いまはSeason4)からの復活でもいいのでどうか離脱しませんように。。。

次回第6話のあらすじはこちらになります。

【ネタバレ】特捜9Season4第6話~村瀬の足は動くのか??
2021年5月12日『特捜9season4』第6話のあらすじとネタバレになります。 やはり村瀬は後遺症で足が動かない状況になってしまいました。リハビリして復活してくれることを祈ります。小宮山さんは婚姻届けを記載して村瀬に渡しますが、村瀬に...

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました