【特捜9シーズン3第4話ネタバレ・感想】マジシャンの殺人トリック

特捜9

2020年4月29日(水)夜9時から放送される第4話「殺人の城」のあらすじになります。放送終了後にネタバレを追加します。

今回の殺害死因になったのは生石灰に水が反応して熱がでることを利用したものでした。乾燥剤によく生石灰があるのは聞いたことがありましたが、今回のように悪いことに使われることもあるんですかね。身近にあるのが使われるとびっくりしますね。

 

第3話を見逃したかたはこちらのネタバレ記事をご覧ください。

スポンサーリンク

特捜9シーズン3第4話あらすじ・ネタバレ

警視庁捜査一課特捜班のメンバー・新藤亮(山田裕貴)が休日、ネットの生配信番組「マジシャンズ・ライ~マジシャンのトリック見抜いて100万円~」の観覧に出かける。番組はマジシャンがその場で披露するマジックを、挑戦者の一般人が見破るという内容だった。

 先週、トリックを見破られたミステリオ遠野(渋江譲二)と、遠野を追い詰めた江上秀平(池内万作)の対決が始まった直後、事件が起きる。本番中、マジックのネタとなる古文書に触れていた江上が突然せき込み、スタッフが差し出した水を飲んだ途端、のどをかきむしりながら転倒。その直後、口から煙を吐き出している様子が全世界に配信されてしまう。

江上の楽屋から少年が飛び出してきた

 現場に駆け付けた浅輪直樹(井ノ原快彦)ら特捜班は、番組プロデューサー兼司会の磯山真司(水橋研二)らに聞き込みを行うなど、捜査を開始。すると、本番前に江上の楽屋から飛び出してきた少年がいることがわかり、水に毒を入れた可能性が浮上する。

 青柳靖(吹越満)が遠野を怪しむ一方、小宮山志保(羽田美智子)と村瀬健吾(津田寛治)はマジックのネタを明かす「マジシャンズ・ライ」に抗議文を送っていたマジシャンの組合を訪ねる。被害者の江上はかつてマジシャンだだったときく。

江上の部屋から出てきた少年

水には何も毒は入ってなかった。被害者の喉が焼きただれ、気道がふさがって窒息していた。

江上の部屋から出てきた少年は、高校を中退し、たてもとクリーニング店で働く志倉昇(小原唯和)あった。中退したのは母親がガンで入院し手術代を稼ぐためだった。

直樹らは入院している母親に被害者の江上が死亡したことを伝える。江上のことを知っているか?尋ねるが母親は答えなかった。

生石灰が焼きただれた原因だった

生石灰は水にふれると熱が出る。何等かの理由で生石灰がのどにある状態で水を飲み熱がでて喉が焼けた。生石灰は何から摂取したのか?

ミステリオ遠野は、江上と正々堂々と戦うつもりだった。

志倉昇と江上の関係

世田谷わんぱく公園に志倉はいた。新藤は昇に江上との話を聞かせてくれ。と説得する。

わんぱく公園は江上と小さい頃よくきていた公園だった。あるとき江上はマジックの練習もかねてこの公園にきたとき、昇を木の上に乗せてマジックをしていたところ、火がでてびっくりし昇が転倒してしまい肩を複雑骨折してしまった。大好きな野球を諦めることになってしまった。

その後、江上は昇と母親をおいて逃げてしまった。江上は父親なのか?

江上は2回戦に勝つつもりはなかった

昇は江上から100万円渡されていた。盗ったわけではない。2回戦の500万円も渡すように伝えたが、500万円は渡せないと言ってきた。しかし昇は殺してない。

昇は江上の部屋から出てきたとき、アシスタントの女性とぶつかり飴が床に落ちたことを証言する。生石灰の元ではないか?

番組プロデューサー兼司会の磯山真司は、今回の殺人事件でネットでめちゃくちゃバズっていることを喜んでいた。

犯人はプロデューサーの磯山だった

のど飴から生石灰がみつかる。それを持っていたアシスタントの女性は磯山から頼まれたと証言した。部屋からすでにのど飴は消えており、残った飴はトイレに流していた。磯山は番組のアクセス数を稼ぎたかったために殺害した。

江上は負けるつもりだった。それは昇と母親と自分のためだった。一度は昇と約束したように500万円の賞金を渡そうと思ったが、それだと何も解決できないと思ったから。

江上は本当の父親ではなかったが家族になろうとしていた

江上は母親が働いていた喫茶店の常連だった。不注意で昇を怪我をさせてしまった。そしてマジックをやめて一人で生きていた。しかし3か月前、この病院で警備したときに2人を見つけていた。昇は高校を辞めて働き母親に早くに手術を受けられるようにしていたことも知った。そしてマジックの挑戦者となり、100万円を獲得した。

江上さんはまた長野に家を借りていた。3人で暮らすための家を。

江上の遺品には即席カップラーメンがあった。水を入れると沸騰するのを昇に見せたかったのではないか?

新藤は昇に「もう1回やり直すつもりだったんだよ。だから人生終わったとかいうな!何回だってやり直せるんだよ。お前は全然終わってないだろう。」と励ます。

スポンサーリンク

特捜9シーズン3・相関図・キャスト

公式が発表している相関図はこちらになります。

 

スポンサーリンク

キャスト紹介

 

 

 

 

浅輪直樹(あさわ・なおき)………井ノ原快彦

警視庁捜査一課特別捜査班主任。警部補。20代で捜査一課に抜擢されただけのことはあり、頭の回転は速く、運動能力も高い。また、正義感が人一倍強く、曲がったことが大嫌いな性格で、常に弱者に寄り添い、手柄とはほど遠い地道な捜査も厭わない。そんな姿勢ゆえ、承認欲求の強い若手刑事・新藤から不満に思われていた時期もあったが、今では信頼を得ている。仲間を誰よりも思いやり、その活躍を見守ることのできる、特捜班のリーダー。

 

 

 

 

小宮山志保(こみやま・しほ)………羽田美智子

警視庁捜査一課特別捜査班刑事。警部補。14係の係長に栄転異動した村瀬の誘いを断って9係に残り、主任まで務めた。特捜班の紅一点として独自の視点を持ち、それが捜査に生かされる場面もある。特捜班のメンバーとの間には絆も感じている。特に村瀬に支えられた恩義から、彼に対する思いは強い。村瀬を心配しつつ、頼りにもしている。

 

 

 

 

村瀬健吾(むらせ・けんご)………津田寛治

警視庁捜査一課特別捜査班刑事。警部補。大学卒業後、ノンキャリアとして警視庁に入るが、自分の能力はキャリア以上と信じて疑わない自信家。実際、頭の回転はよく品行方正で、何をやっても卒のないエリート刑事で一時は14係の係長を務めていた。出世しか頭にないようだが、実は熱い刑事魂を内に秘めている。志保とは恋を意識した時期もあり、彼女の活躍を陰で支えることを喜びにしている節も。

 

 

 

 

青柳靖(あおやぎ・やすし)………吹越満

警視庁捜査一課特別捜査班刑事。警部補。反骨精神の塊のような男で、金持ちと上流階級が大嫌いな皮肉屋。自分のことを完璧主義者だと思っているが、コンプレックスを常に抱えた生き方はかなり不器用。同居している恋人の垣内妙子は、過去にヤクザから救出した女性。それゆえ反社会勢力の事件には過剰反応する。妙子との関係を認めない警察組織の中で、刑事という職業をめぐる葛藤もある。

 

 

 

 

矢沢英明(やざわ・ひであき)………田口浩正

警視庁捜査一課特別捜査班刑事。巡査部長。大らかな心で、変わり者の青柳を受け止め、聞き役やサンドバックに徹することもできる一方、時には厳しく叱ることもできる、優れた相棒。妻の早苗は売れっ子の漫画家で、休日にはアシスタントを務めることも。捜査に必要な似顔絵もプロ級で、実は多才。子煩悩でもある。

 

 

 

 

新藤亮(しんどう・りょう)………山田裕貴

警視庁捜査一課特別捜査班刑事。巡査。運動神経がよく、犯人と格闘する場面などでは非常に頼もしい。熱い思いを秘めてはいるが、現代っ子らしい効率主義的な思考もあわせ持つ。手柄を立てて認められたいという願望もあり、軽々しい発言で直樹に怒られたり、最初は特捜班の面々とも衝突したりしていた。しかし、次第に直樹ら特捜班の先輩たちを尊敬するようになった。

スポンサーリンク

 

 

 

 

佐久間朗(さくま・あきら)………宮近海斗〈ジャニーズJr. / Travis Japan〉

警視庁本庁所属の若手鑑識課員。大先輩・猪狩の下で修業中。

 

 

 

 

浅輪倫子(あさわ・みちこ)………中越典子

直樹の妻。かつて9係の係長だった加納倫太郎の実娘であり、“パティシエール”。
さまざまなニーズに対応したスイーツをネット販売したいと考えて試行錯誤する中、本シーズンでは友人が営む喫茶店の手伝いをはじめて…。

 

 

 

 

早瀬川真澄(はやせがわ・ますみ)………原沙知絵

関東監察医務院に勤務する監察医。遺体に関するプロフェッショナル。
女同士、そして友人がいないもの同士、志保とは相変わらず仲が良い。

 

 

 

 

国木田誠二(くにきだ・せいじ)………中村梅雀

警視庁総務部広報課主査。かつては警視庁捜査一課6係の有能な係長だったが、“ある事件”の責任を取るために広報課に異動した過去を持つ。

スポンサーリンク

特捜9の初代係長は渡瀬恒彦さん

特捜9は、どうしても渡瀬恒彦さんを思い出してしまいます。念のため渡瀬恒彦さんがいたときは「警視庁捜査一課9係」というドラマタイトルでなんと2006年から2017年まで11年間放送されたのです。9係の係長で加納倫太郎役でした。2017年3月に渡瀬さんが逝去されて、その後ドラマのタイトルが『特捜9』で加納係長とバディを組んでいた浅輪君がリーダーになって放送され始めました。

わたしは渡瀬さんイコール加納倫太郎というイメージがすごい強く印象に残っています。でもドラマでは、加納係長はまだ内閣テロ対策室のアドバイザーとして存在しているのです。やっぱり9係としてはずっと加納倫太郎さんを残しておきたいのではないかと思います。10年も一緒に同じチームで、この刑事ドラマは滅茶苦茶チーム力が高いと思います。

特捜9の見どころは、2人組で捜査するのですが、リーダーの浅輪直樹×新藤亮(山田裕貴)、小宮山志保(羽田美智子)×村瀬健吾(津田寛治)、青柳靖(吹越満)×矢沢英明(田口浩正)ですね。

村瀬と青柳のやりとりが、本当小学生の喧嘩みたいにおもしろいんです。矢沢と小宮山さんがそれぞれの相棒の面倒をみるところも最高におもしろいです。みなさんの役がキャラ立ちしているので、仲が悪いようでして、年下の浅輪係長を立てて、みんなで“真実”を暴いていくところはいつも爽快です!

特捜9シーズン3第4話・感想

新藤は自分の若い頃に重ね合わせて、昇を気にかけて必死に心を開かせようとしてました。

江上がマジシャン時代はロン毛(腰ぐらいまで)だったのがおもしろかったです。マジシャンってお化粧したり派手な印象はなかったのですが、そんなものなのかな。。。

さて次回から傑作選になるようです。でも渡瀬恒彦さんが見られるにはとても嬉しいです。

来週5月6日(水)特捜9の第1話の再放送だそうです。これは見てなかったと思うので楽しみです。

刑事ドラマWalkers
1970.01.01
刑事ドラマWalkers
https://arafifblues.com/tokuso9_5/
刑事ドラマ好きの管理人がお届けする、刑事ドラマ好きのためのブログ

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました