【ネタバレ】特捜9Season4第3話~村瀬のポケットにあったイヤリング

特捜9Season4

2021年4月21日『特捜9season4』第3話のあらすじとネタバレになります。

2018年4月から、井ノ原快彦さん主演で新たにスタートした『特捜9』も今回でシーズン4回目になります。難事件に挑む刑事たちの活躍はもちろん、その背景にある人生模様など、事件そのものだけでなく“人間”を真摯に描く物語が印象的な刑事ドラマです。

Season4の視聴率の推移はこちらです。

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話
13.2% 13.7% 11.9%          

第2話のあらすじとネタバレはこちらになります。

【ネタバレ】特捜9Season4第2話~デザイナー殺人事件が発生
2021年4月14日『特捜9season4』第2話のあらすじとネタバレになります。 2018年4月から、井ノ原快彦さん主演で新たにスタートした『特捜9』も今回でシーズン4回目になります。難事件に挑む刑事たちの活躍はもちろん、その背景にある...

スポンサーリンク

特捜9Season4第3話あらすじ

特捜班のメンバー・村瀬健吾(津田寛治)はある朝、戸惑いを抱えながら登庁していた。なぜなら、どうしても思い出せないものが見つかったのだ。それはブドウをかたどった金のイヤリング。着なくなった服を整理していたところ、古いスーツのポケットから出てきたのだが、いつどこで紛れ込んだのかまったく思い出すことができなかったのだ。

 通勤途中に会った浅輪直樹(井ノ原快彦)に件のイヤリングを見せて心当たりがないか聞いてみるが、まったく知らないという。そんなことを直樹と話しているうち、村瀬は刑事として未熟だった直樹が主任になるまでの成長を思い返していく事に…。

また、”犬猿の仲”青柳靖(吹越満)をはじめとする特捜班メンバーにも聞くが、皆イヤリングに見覚えはないと言う。いったいこのイヤリングは何だったのか?と考えるうちに、遺留品がポケットに残っていたのではないかという疑惑にたどり着く。しかし、大事な証拠品を紛失していたとなれば懲戒処分も免れないと聞きつけた村瀬は大いに焦る。

村瀬は様々な記憶を呼び起こし、イヤリングの謎に迫ろうとする!この日、特捜班には出動要請が入らず、警察官にとって最高な日・・・浅輪は言った。

ぶどうのイヤリングは小宮山のだった。かつて村瀬は、亡くなった妹の正義の味方になるために警察官になった。小宮山志穂は妹に似ていた。

村瀬にとって小宮山は言葉にできない存在だった。

感傷的になっていた村瀬が、誰かに刺されてしまった!!

今日は村瀬にとって最期の1日だった。

「小宮山くん・・・・」言い残して・・・・・

スポンサーリンク

特捜9Season4キャスト

メインキャストになります。

浅輪直樹(あさわ・なおき)・・・井ノ原快彦

警視庁捜査一課特別捜査班主任。警部補。正義感が人一倍強く、曲がったことが大嫌いな性格。 常に弱者に寄り添い、手柄とはほど遠い地道な捜査も厭わない。

小宮山志保(こみやま・しほ)・・・羽田美智子

警視庁捜査一課特別捜査班刑事。警部補。特捜班のメンバーとの間には強い絆を感じている。特に村瀬に支えられた恩義から、彼に対する思いは強い。村瀬を心配しつつ、頼りにもしている。

村瀬健吾(むらせ・けんご)・・・津田寛治

警視庁捜査一課特別捜査班刑事。警部補。自分の能力はキャリア以上と信じて疑わない自信家。志保とは恋を意識した時期もあり、彼女の活躍を陰で支えることを喜びにしている節も。

青柳 靖(あおやぎ・やすし)・・・吹越 満

警視庁捜査一課特別捜査班刑事。警部補。反骨精神の塊のような男で、資産家と上流階級が大嫌いな皮肉屋。

矢沢英明(やざわ・ひであき)・・・田口浩正

警視庁捜査一課特別捜査班刑事。巡査部長。大らかな心で変わり者の青柳を受け止め、聞き役やサンドバックに徹することもできる一方、時には厳しく叱ることもできる。

新藤 亮(しんどう・りょう)・・・山田裕貴

警視庁捜査一課特別捜査班刑事。巡査。運動神経がよく、犯人と格闘する場面などでは非常に頼もしい。熱い思いを秘めてはいるが、現代っ子らしい効率主義的な思考もあわせ持つ。

スポンサーリンク

佐久間朗(さくま・あきら)・・・宮近海斗〈Travis Japan/ジャニーズJr.〉

警視庁本庁所属の若手鑑識課員。鑑識の大先輩・猪狩哲治の下で修業中。

浅輪倫子(あさわ・みちこ)・・・中越典子

直樹の妻。かつて9係の係長だった加納倫太郎の実娘であり、“パティシエール”。

早瀬川真澄(はやせがわ・ますみ)・・・原 沙知絵

関東監察医務院に勤務する監察医。志保とは相変わらず仲が良い。

国木田誠二(くにきだ・せいじ)・・・中村梅雀

警視庁捜査一課特別捜査班の新班長。警視庁捜査一課6係時代に冤罪を引き起こした過去を見つめ直し、特捜班の班長として始動する。

特捜9Season4第3話・感想

まさか村瀬さんが刺されてしまうなんて。。。今日のタイトルは「最高の日」だったのですが、最高で最低な日ですよね。亡くなってはいないと思うのです!!!でも、もしかしたら後遺症が残ってしまって刑事を続けられない??というような結末が待っているじゃないかと、心配しています。

今日は一風変わって、村瀬さんが特捜9の過去を振り返ってました。浅輪の成長っぷりや、加納係長(渡瀬恒彦さん)もたくさん出てきて、嬉しかったです。「自分の父親のような人だった。」と振り返っていて、そして一番仲の悪い青柳に対しては「人間性を嫌いになったことは一度もない。」そして矢沢は「自分よりも他人を大事にしている。」など、村瀬の目線で、特捜9の面々を人となりを復習できて貴重な第3話でした。でもそれが刺される前に感傷だったなんて。。。反動が大きすぎです。。。

最後の刺されるまで、ホッコリした気分になっていたのですが、さすが特捜9です。いい意味で期待を裏切ります。。。

次回第4話のあらすじはこちらになります。

【ネタバレ】特捜9Season4第4話~村瀬は生きている!?犯人は一体誰
2021年4月28日『特捜9season4』第4話のあらすじとネタバレを追加します。 2018年4月から、井ノ原快彦さん主演で新たにスタートした『特捜9』も今回でシーズン4回目になります。難事件に挑む刑事たちの活躍はもちろん、その背景にあ...

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました