【特捜9シーズン3第1話ネタバレ・感想】村瀬ナイスジョブ!!

特捜9

『特捜9(とくそうないん』のシーズン3が2020年4月8日からスタートしました。他春ドラマは軒並み放映日が延期されてますが、無事に放送されてよかったです。

今回のシーズンでは、メインキャストは全然変わりませんが、係長役が寺尾聡さんから中村梅雀さんに変わりました。今回の放送ではさほど特捜メンバーと絡みはなかったのですが、次回から増えますかね。

特捜9はやっぱり事件を追うだけではなく、事件関係者の人生も追っていって救っていくみたいな一面もあり、昨日放送された1話もとても深い人間の思いがありました。

今回は村瀬さんがナイスジョブでしたよ。

スポンサーリンク

特捜9シーズン3第1話あらすじ・ネタバレ

前班長が去ってから9カ月…。浅輪直樹(井ノ原快彦)ら特捜班のもとには、捜査一課からの応援要請が来なくなり、メンバーは警備など地道な仕事にばかり駆り出されていた。組織内には、特捜班への遺恨を持ったまま警視庁を追われた元刑事部長・三原達朗(飯田基祐)の影響力が、いまだに残っていたのだ…。

そんなある日、特捜班が多摩川の河川敷で防犯イベントの警備に当たっていたところ、市長の挨拶を橋上で見学していた市民が突如、銃撃される事件が発生! 浅輪はすぐさま倒れた男性のもとに駆けつけるが、すでに絶命していた。

3つの事件は無差別連続殺人?

降格人事で警察庁に戻され、刑事局広域捜査担当審議官に就任した三原(前刑事部長)は、この事件を現在捜査中の連続殺人の3件目として捜査すると宣言する。

その連続殺人事件とは――1件目は池袋で中華料理チェーンマザー餃子の経営者(毛利健市)が、2件目は横浜でイベント企画会社の社長(湯川豪)が同じライフル銃で射殺された。

被害者2人につながりはなく、捜査本部は無差別連続殺人と考えていた。そして特捜班が居合わせた3件目の事件の被害者は、退職したばかりの元刑事・北村龍一(モロ師岡)と判明。

無差別に懸念を示す浅羽。慎重に捜査したほうがいい。応援捜査はきてないが、捜査することに。

第1の事件(今回の事件)、リーダーの浅輪直樹(井ノ原快彦)×新藤亮(山田裕貴)、第3の事件は小宮山志保(羽田美智子)×村瀬健吾(津田寛治)、第2の事件は、青柳靖(吹越満)×矢沢英明(田口浩正)が捜査を始める。

第1事件・マザー餃子経営者の殺人事件

浅輪と新藤が調査する。被害者は、店から出てきたところを撃たれた。

女性店員から社長には息子がいて後継者のことで揉めていて、みんな息子が犯人だと言っていることをきいた。さっそく息子の毛利健司宅へいく。

アリバイを確認し、その裏をとったところ、嘘の供述を頼まれていたことがわかった。毛利健司は車を借りていて第2の事件現場の近くでガソリンをいれていた。毛利は第2の被害者湯川と認識があったことがわかった。

浅輪はそのことを確認すると健司は、

殺された親父は、何十年も海外の黒社会とつながっていてマフィアのフロント企業だった。輸入食材にまぜて覚せい剤を密輸入していた。自分はそれを断ち切るために社長になる必要があった。そして使われたライフルも被害者が闇で仕入れた。

健司は犯人ではない。

スポンサーリンク

第2の事件・イベント会社社長の殺人事件

青柳と矢沢が調査する

被害者は、出勤しているところを撃たれた。従業員からクビにいれずみがある男が社長を訪ねていて、社長は何年も前から揉めていると言っていた。

首に入れ墨がある男は、上田雅也で前科があった。検挙したのは調布中央署だった。

上田のことを取り調べしたのは第3の被害者の北村刑事だった。

上田雅也が第2の事件の湯川と接触していたのは、葵(ホステス)のためだった。湯川は、仲間と一緒にクラブで覚せい剤を売っていた。クラブはつぶれたが湯川は逃げ切って、半グレ連中と同じようなことをしており葵にもちょっかいをだしてきた。

葵にも話をきかれると思い、上田は黙っていた。

上田雅也は犯人ではない。

第3事件元刑事・北村龍一殺人事件

小宮山・村瀬が調査する。

殺害された北村龍一刑事課長は優秀だった。1つ気になる事件があった。同じ署にいた片山巡査が北村課長に不正を指摘されて懲戒免職、その後不起訴となっていた。冤罪だった可能性がある。それを恨んで北村課長は殺されたのか?

小宮山と村瀬は、片山を訪ねるが、逃げだしてしまった。母親と2人暮らしだった。

第1事件のマザー餃子に聞き込みにいくと片山はアルバイトしていたことが分かった。店長と喧嘩して1日で辞めていた。

片山は、北村について自分の横領をかばってくれたが、その北村さんがもっと多額な金額を横領していた。そして辞めさせられた。

片山は母親が手術するためにお金が必要だった。働いて返すからって頭を下げる。

片山は犯人ではない。

犯人はマザー餃子にいた林豊春

広報課の国木田(中村梅雀)は、橋の下に落ちていた時計をみつけていた。それを浅輪に渡す。被害者はそのとき別の時計していた。

浅輪は”フロント企業、横領、半グレ集団”もしかして・・・・思い当たる節がある。

そんなときライフルをもった男が逃亡中という情報がながれた。マザー餃子で厨房で働いていた林だった。

特捜のメンバーは逃げるつもりがなければ犯行現場に戻るとして向かうが、村瀬はとどまり三原に電話をする。

「特捜班が被疑者の場所を特定しました。行きましょう。彼らより先に」しかしそれは時間かせぎのために村瀬が三原を違うビルに連れていくためだった。

やはり浅輪が思ったとおり、林は第3の犯行現場にいた。

スポンサーリンク

林豊春は第3の被害者北村刑事のS(エス)だった

浅輪はマザー餃子の厨房にいた林が、温度管理が難しい小麦粉の袋を全開にあけていたのが不審に思っていた。第2の被害者湯川がクラブのガサ入れがあったとき林は実刑10か月くらっていた。北村刑事は毎月30万円ずつ横領していた。

きみは非公式のSだった。そして北村は突然やめてしまい林は1人で犯罪を無くそうとしていた?

林は、あの頃、仕事もなくて、助けてくれる人もいなかった。空き巣6件したときに北村さんが取り調べをした。関東少年院にはいり、出所したときか。北村さんが待っていてくれた。自分のために何かしようとしてくれた。

反社会組織に潜ったり、1か月に一度会っていた。北村さんは会うたびに偉くなっていた。それは自分は貢献できていると思って嬉しかった。ガサ入れで捕まったとき、このまま刑務所に入ってくれないか?といわれた。迎えにきてくれると思ったけどいなかった。

そのとき始めから利用されていた。いらなくなったから捨てられた。と分かった。

林は北村に認められたかった

自分はすべて北村さんのためにやっていた。覚せい剤を試されたり、入れ墨もいれた。泣いているひとを殴ったのも、北村さんだけが自分を認めてくれたから。

あの橋で待ち合わせしていた。北村さんに置き去りにされた。だから決めた。犯罪者を自分の手で始末することを。

浅輪「なぜ第1も第2の射殺事件も至近距離からだったが、なぜ北村さんだけは遠距離から射殺したのか?」

林は、一か八かだった。「もしはずれたら許そうと思っていた。でもあたったときはさようなら。」

北村は林のために時計を用意していた

浅輪は、警察を辞めたのも君を守るためだったと思う。Sの活動を10年もしていたらマークされている可能性が高い。林が危険に晒されるとと思ったから不名誉な疑いも引き受けた。そうでなければ時計の説明がつかない。

北村はこの時計は、君に渡そうと思ったんだと思う。君の10年を肯定するために。

警視総監賞と書いてあった。北村さんはずっと家族をもたなかった。君に孤独を敷いたから自分も孤独でいようといたんじゃないかな?

林は後悔でむせび泣く。。。

警視総監の命令で国木田を特捜9の班長へ

国木田は元捜査一課の第6係の係長だった。警視総監は強制的に9係の班長に任命をした。

スポンサーリンク

特捜9シーズン3・相関図・キャスト

公式が発表している相関図はこちらになります。

 

キャスト紹介

 

 

 

 

浅輪直樹(あさわ・なおき)………井ノ原快彦

警視庁捜査一課特別捜査班主任。警部補。20代で捜査一課に抜擢されただけのことはあり、頭の回転は速く、運動能力も高い。また、正義感が人一倍強く、曲がったことが大嫌いな性格で、常に弱者に寄り添い、手柄とはほど遠い地道な捜査も厭わない。そんな姿勢ゆえ、承認欲求の強い若手刑事・新藤から不満に思われていた時期もあったが、今では信頼を得ている。仲間を誰よりも思いやり、その活躍を見守ることのできる、特捜班のリーダー。

 

 

 

 

小宮山志保(こみやま・しほ)………羽田美智子

警視庁捜査一課特別捜査班刑事。警部補。14係の係長に栄転異動した村瀬の誘いを断って9係に残り、主任まで務めた。特捜班の紅一点として独自の視点を持ち、それが捜査に生かされる場面もある。特捜班のメンバーとの間には絆も感じている。特に村瀬に支えられた恩義から、彼に対する思いは強い。村瀬を心配しつつ、頼りにもしている。

 

 

 

 

村瀬健吾(むらせ・けんご)………津田寛治

警視庁捜査一課特別捜査班刑事。警部補。大学卒業後、ノンキャリアとして警視庁に入るが、自分の能力はキャリア以上と信じて疑わない自信家。実際、頭の回転はよく品行方正で、何をやっても卒のないエリート刑事で一時は14係の係長を務めていた。出世しか頭にないようだが、実は熱い刑事魂を内に秘めている。志保とは恋を意識した時期もあり、彼女の活躍を陰で支えることを喜びにしている節も。

 

 

 

 

青柳靖(あおやぎ・やすし)………吹越満

警視庁捜査一課特別捜査班刑事。警部補。反骨精神の塊のような男で、金持ちと上流階級が大嫌いな皮肉屋。自分のことを完璧主義者だと思っているが、コンプレックスを常に抱えた生き方はかなり不器用。同居している恋人の垣内妙子は、過去にヤクザから救出した女性。それゆえ反社会勢力の事件には過剰反応する。妙子との関係を認めない警察組織の中で、刑事という職業をめぐる葛藤もある。

 

 

 

 

矢沢英明(やざわ・ひであき)………田口浩正

警視庁捜査一課特別捜査班刑事。巡査部長。大らかな心で、変わり者の青柳を受け止め、聞き役やサンドバックに徹することもできる一方、時には厳しく叱ることもできる、優れた相棒。妻の早苗は売れっ子の漫画家で、休日にはアシスタントを務めることも。捜査に必要な似顔絵もプロ級で、実は多才。子煩悩でもある。

 

 

 

 

新藤亮(しんどう・りょう)………山田裕貴

警視庁捜査一課特別捜査班刑事。巡査。運動神経がよく、犯人と格闘する場面などでは非常に頼もしい。熱い思いを秘めてはいるが、現代っ子らしい効率主義的な思考もあわせ持つ。手柄を立てて認められたいという願望もあり、軽々しい発言で直樹に怒られたり、最初は特捜班の面々とも衝突したりしていた。しかし、次第に直樹ら特捜班の先輩たちを尊敬するようになった。

スポンサーリンク

 

 

 

 

佐久間朗(さくま・あきら)………宮近海斗〈ジャニーズJr. / Travis Japan〉

警視庁本庁所属の若手鑑識課員。大先輩・猪狩の下で修業中。

 

 

 

 

浅輪倫子(あさわ・みちこ)………中越典子

直樹の妻。かつて9係の係長だった加納倫太郎の実娘であり、“パティシエール”。
さまざまなニーズに対応したスイーツをネット販売したいと考えて試行錯誤する中、本シーズンでは友人が営む喫茶店の手伝いをはじめて…。

 

 

 

 

早瀬川真澄(はやせがわ・ますみ)………原沙知絵

関東監察医務院に勤務する監察医。遺体に関するプロフェッショナル。
女同士、そして友人がいないもの同士、志保とは相変わらず仲が良い。

 

 

 

 

国木田誠二(くにきだ・せいじ)………中村梅雀

警視庁総務部広報課主査。かつては警視庁捜査一課6係の有能な係長だったが、“ある事件”の責任を取るために広報課に異動した過去を持つ。

特捜9の初代係長は渡瀬恒彦さん

特捜9は、どうしても渡瀬恒彦さんを思い出してしまいます。念のため渡瀬恒彦さんがいたときは「警視庁捜査一課9係」というドラマタイトルでなんと2006年から2017年まで11年間放送されたのです。9係の係長で加納倫太郎役でした。2017年3月に渡瀬さんが逝去されて、その後ドラマのタイトルが『特捜9』で加納係長とバディを組んでいた浅輪君がリーダーになって放送され始めました。

わたしは渡瀬さんイコール加納倫太郎というイメージがすごい強く印象に残っています。でもドラマでは、加納係長はまだ内閣テロ対策室のアドバイザーとして存在しているのです。やっぱり9係としてはずっと加納倫太郎さんを残しておきたいのではないかと思います。10年も一緒に同じチームで、この刑事ドラマは滅茶苦茶チーム力が高いと思います。

特捜9の見どころは、2人組で捜査するのですが、リーダーの浅輪直樹×新藤亮(山田裕貴)、小宮山志保(羽田美智子)×村瀬健吾(津田寛治)、青柳靖(吹越満)×矢沢英明(田口浩正)ですね。

村瀬と青柳のやりとりが、本当小学生の喧嘩みたいにおもしろいんです。矢沢と小宮山さんがそれぞれの相棒の面倒をみるところも最高におもしろいです。みなさんの役がキャラ立ちしているので、仲が悪いようでして、年下の浅輪係長を立てて、みんなで“真実”を暴いていくところはいつも爽快です!

特捜9シーズン3第1話・感想

自分を認めてくれる人のために頑張る・・・それはすごいよくわかります。その人のために無理をしてまで頑張ってしまう。だけどやっぱり依存してしまうと1人になったときに辛いですよね。今回の犯人はまさしくそんな感じでした。人に左右されずに自分の人生生きていかないとですね。

浅輪主任はほんわかのんびりしてますが、人を見抜く力はすごいですね。メンバーみんな元気そうで安心しました。

国木田との相性はどうですかね。青柳とあうかがキーです。

次回4月15日放送の第2話のあらすじ・ネタバレ記事はこちらをご覧ください。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました