【ネタバレ】特捜9Season4第1話~国木田班長に圧力をかける渡辺検事

特捜9Season4

2021年4月7日夜9時テレビ朝日系列『特捜9season4』第1話のあらすじとネタバレになります。

2018年4月から、井ノ原快彦さん主演で新たにスタートした『特捜9』も今回でシーズン4回目になります。難事件に挑む刑事たちの活躍はもちろん、その背景にある人生模様など、事件そのものだけでなく“人間”を真摯に描く物語が印象的な刑事ドラマです。

Season4の視聴率の推移です。

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話
13.2%              

スポンサーリンク

特捜9Season4第1話ねたばれ

死後10日ほど経過した若い女性の刺殺体が、寂れた雑居ビルの空き店舗で見つかった。昨年、故郷の大分県から上京した女子大学生・澤村香奈とわかる。香奈は寂しさを埋めるためなのかマッチングアプリを使っていたことが判明。

監察医・早瀬川真澄(原沙知絵)は、香奈を殺害した凶器と、先日発生した弁護士夫婦強盗殺人事件の凶器のナイフの特徴が一致した。弁護士夫婦強盗殺人事件の被疑者・八木敬司はすでに逮捕・送検され、検察で取り調べを受けていたが、一貫して犯行を否認。自分が目撃した黒いジャンパーの男こそ真犯人だと主張していた。しかし検事の渡辺は八木が犯人だと確信している。

八木から直接話を聞くことに成功した特捜9、八木が小川弁護士の自宅へ行ったとき、外に黒いジャンパーで手首に傷がある男を見かけており、また訪問したときに先約の女性がいたことがわかる。

その女性が雑居ビルで殺害された女性であり外にいた男性はストーカーだと分かった。しかしその男は自宅で自殺していた。そばには、2つの殺害をおこなった凶器が置いてあった。

八木は釈放された。

スポンサーリンク

特捜9Season4第1話あらすじ

死後10日ほど経過した若い女性の刺殺体が、寂れた雑居ビルの空き店舗で見つかった。さっそく浅輪直樹(井ノ原快彦)ら特捜班が、捜査を開始。遺体の身元は昨年、故郷の大分県から上京した女子大学生・澤村香奈とわかる。香奈は新たな環境になじめなかったらしく、大学にはほとんど顔を出していなかったようで、寂しさを埋めるためなのかマッチングアプリを使っていたことが判明。

青柳靖(吹越満)と矢沢英明(田口浩正)は、事件直前、彼女がある男と会う約束をしていたことを突き止める。一方、小宮山志保(羽田美智子)と村瀬健吾(津田寛治)は、被害者の住むアパートでしつこくチャイムを鳴らしていた不審な男がいたことを調べ上げる。また、直樹と新藤亮(山田裕貴)は、香奈が大学内に残したわずかな痕跡を根気強く探っていた。

その矢先、監察医・早瀬川真澄(原沙知絵)が重要な情報をもたらす。香奈を殺害した凶器と、先日発生した小川弁護士夫婦強盗殺人事件の凶器のナイフの特徴が一致するというのだ。弁護士夫婦強盗殺人事件の被疑者・八木敬司はすでに逮捕・送検され、検察で取り調べを受けていたが、一貫して犯行を否認。自身が目撃した、黒いジャンパーの男こそ真犯人だと主張していた。

 検察で取り調べ中の八木に話を聞こうとする直樹だったが、大きな壁が立ちはだかる。それは、東京地検次席検事・渡辺理人(佐野史郎)。特捜班の班長・国木田誠二(中村梅雀)と深い因縁を持つ渡辺は、特捜班の依頼を冷酷にはねつける。

スポンサーリンク

真犯人はストーカーだった

そんな中、渡辺は浅輪を呼び出す。連れていかれた場所は、殺害された検事の自宅だった。八木が犯人だと確信しているため、余計なことをするなと釘をさすためだった。

しかし浅輪は真実がわかるまで捜査を引き続き行うことにする。

八木から直接話を聞くと、被害者の小川は自分がバイトしている喫茶店にきたお客だった。週に70時間働いているのが、労働基準法に違法であり、当座のお金を渡されると共に、お店には行かないように言われた。その時、自分より先に先客の女性がいた。その女性が殺害された被害者だったかもしれない。外には黒いジャンパーをきた手首に傷がある男がいた。

殺害された女性はストーカーされていた。犯人の男は殺害されていた。

渡辺検事が八木を起訴しようとしたとき、国木田と浅輪が検察庁へ。

ストーカーの林田が女性と小川弁護士を殺害したことを伝える。林田は自殺しており、部屋には2つの殺人事件の凶器のナイフがあった。

検事正(渡辺の上司)の判断により、嫌疑不十分で釈放となった。

スポンサーリンク

特捜9Season4キャスト

メインキャストになります。

浅輪直樹(あさわ・なおき)・・・井ノ原快彦

警視庁捜査一課特別捜査班主任。警部補。正義感が人一倍強く、曲がったことが大嫌いな性格。 常に弱者に寄り添い、手柄とはほど遠い地道な捜査も厭わない。

小宮山志保(こみやま・しほ)・・・羽田美智子

警視庁捜査一課特別捜査班刑事。警部補。特捜班のメンバーとの間には強い絆を感じている。特に村瀬に支えられた恩義から、彼に対する思いは強い。村瀬を心配しつつ、頼りにもしている。

村瀬健吾(むらせ・けんご)・・・津田寛治

警視庁捜査一課特別捜査班刑事。警部補。自分の能力はキャリア以上と信じて疑わない自信家。志保とは恋を意識した時期もあり、彼女の活躍を陰で支えることを喜びにしている節も。

青柳 靖(あおやぎ・やすし)・・・吹越 満

警視庁捜査一課特別捜査班刑事。警部補。反骨精神の塊のような男で、資産家と上流階級が大嫌いな皮肉屋。

矢沢英明(やざわ・ひであき)・・・田口浩正

警視庁捜査一課特別捜査班刑事。巡査部長。大らかな心で変わり者の青柳を受け止め、聞き役やサンドバックに徹することもできる一方、時には厳しく叱ることもできる。

新藤 亮(しんどう・りょう)・・・山田裕貴

警視庁捜査一課特別捜査班刑事。巡査。運動神経がよく、犯人と格闘する場面などでは非常に頼もしい。熱い思いを秘めてはいるが、現代っ子らしい効率主義的な思考もあわせ持つ。

スポンサーリンク

佐久間朗(さくま・あきら)・・・宮近海斗〈Travis Japan/ジャニーズJr.〉

警視庁本庁所属の若手鑑識課員。鑑識の大先輩・猪狩哲治の下で修業中。

浅輪倫子(あさわ・みちこ)・・・中越典子

直樹の妻。かつて9係の係長だった加納倫太郎の実娘であり、“パティシエール”。

早瀬川真澄(はやせがわ・ますみ)・・・原 沙知絵

関東監察医務院に勤務する監察医。志保とは相変わらず仲が良い。

国木田誠二(くにきだ・せいじ)・・・中村梅雀

警視庁捜査一課特別捜査班の新班長。警視庁捜査一課6係時代に冤罪を引き起こした過去を見つめ直し、特捜班の班長として始動する。

特捜9Season4第1話・感想

1年ぶりの特捜9ですが、やっぱりこのメンバーが揃っているのを見ると嬉しい気持ちになります。

青柳と村瀬のやりとりもいつも通りです。この2人に対して矢沢と小宮山さんが言及してましたが、本音はお互い認め合っていると言っているシーンがあり、その通りだなって思いました。本当に仲が悪かったら嫌な感じしますもんね。今日の渡辺検事と国木田班長のように。

マッチングアプリで青柳の女装のアバターがあったのですが、かわいい!!他特捜メンバーの分もありうちわになってましたが、もっとゆっくり見たかったです。ホームページにアップしてほしい。浅輪さんの女装が、儚げな女性になっていて、モテそうでした(笑)

さて第2話のあらすじはこちらになります。

【ネタバレ】特捜9Season4第2話~デザイナー殺人事件が発生
2021年4月14日『特捜9season4』第2話のあらすじとネタバレになります。 2018年4月から、井ノ原快彦さん主演で新たにスタートした『特捜9』も今回でシーズン4回目になります。難事件に挑む刑事たちの活躍はもちろん、その背景にある...

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました