【特捜9シーズン3第5話ネタバレ・感想】6/17再開・コロナ渦後の新しいスタイル

特捜9

特捜9・第5話が2020年6月17日夜9時から再開されます。第5話「10年目の殺人」のあらすじとネタバレになります。

ソーシャルディスタンスをしっかり守ってましたよ。すごい工夫しながら・・・・。不自然なところもたくさんありましたが、必死に距離をとろうとしているのが分かりました。でも特捜9が一同に集まって話している姿がないと寂しいな。。。

第4話を見逃したかたはこちらのネタバレ記事をご覧ください。

スポンサーリンク

特捜9シーズン3第5話あらすじ・ネタバレ

警視庁・特捜班で国木田誠二(中村梅雀)は自分宛の封書を見つける。差出人に見覚えのある国木田が手紙を読むと、慌てた様子で出かけてしまう。

国木田の元部下が自殺!?

ちょうど出先から帰ってきた浅輪直樹(井ノ原快彦)は、新藤亮(山田裕貴)から電話をもらう。直樹は真澄から、自殺した遺体を解剖したところ、他殺の疑いがあると聞かされる。ところが所轄が自殺と決めつけ、真澄の言うことに耳を貸さないというのだ。真澄は、遺体の口紅が女性自身で塗ったとは思えないほど雑にはみ出していたことに違和感を抱いたと告げる。詳しく調べたところ、前歯に微量の血液が付着し、さらにその血液が、亡くなった女性のものではなかったという。

被害者は直樹の元先輩門脇の不倫相手だった

直樹は、この遺体の主が竹内沙織(竹内恵美)と知り、驚く。沙織は直樹の所轄時代の先輩・門脇健司(橋本さとし)の元不倫相手で、門脇が警察を辞めざるをえなかったのも、沙織との仲が公になったからだった。

直樹から連絡を受けた青柳靖(吹越満)と矢沢英明(田口浩正)は、かつて沙織が勤務していた所轄を訪ねる。すると、不倫発覚後、署内で立場を悪くした沙織を上司が気遣っていたことがわかる。その上司が国木田だとわかった。それをきいた直樹は沙織から国木田宛てにきていた手紙をみつける。

直樹は、いまやテレビのコメンテーターとして売れっ子の門脇に電話をし、沙織が自殺したことを告げる。門脇は驚きながら、沙織とは10年以上会っていないと伝えた。2週間前に届いたファンレターが沙織だったかもしれない。匿名だったが、昔のことが詳しく書かれていたから沙織だったかもしれない。探しておくと伝える。

スポンサーリンク

沙織に好意を寄せていた男性がいた

その直後、沙織の同僚から好意を寄せていた男性がいることが判明。沙織のアパートを訪ねた青柳と矢沢は、彼女に交際を迫っていたという和田孝雄(おおたけこういち)が不審な様子でアパート周辺を動き回っているのを目撃し任意同行した。

和田は沙織が死んだことを知らなかった。もし死んだのであれば犯人は門脇だ!と証言する。そして沙織の部屋を訪ねる門脇の動画をとっていた。和田は門脇には沙織さんを殺害する動機があると伝える。

直樹と新藤が門脇を訪ね、ファンレターを見せてもらう。沙織の自宅を訪ねたか?直樹が聞いたが、門脇は否定する。動画を見せると護摩かそうとするが。。。

門脇は次の参院選に立候補することになっていた。過去に不倫していたことをばらされたくなかったのが動機なのか?と詰め寄ると門脇は、「すでに沙織は首を吊って死んでいた。」

口の中に門脇との写真を丸めて口に含んでいた。

沙織は余命が宣言されたガンだった

国木田は解剖のやり直しを早瀬川に依頼していた。再度、解剖するとリンパ性がんがあった。進行状況から余命宣告されていたに違いない。

被害者の歯についていた血痕は門脇ではなく、また門脇に届いたファンレターと沙織の筆跡は違っていた。

「竹内沙織さんは自殺です」直樹は門脇に、「和田孝雄という人物を知ってますか?」門脇の選挙ポスターの責任者だった。和田は沙織から門脇との不倫関係を聞いていた。

国木田は和田に沙織の気持ちをつたえる

国木田は和田孝雄に会いに行く。

和田は沙織が昔の不倫相手のことで悩んでおり報われない思いを苦に自殺したと思っていた。しかし国木田はそれは誤解であり、和田さんの想いを真剣に受け止めようとしたが、自分の余命があと少しだと知り、身を引いた。和田に伝えると悲しむから言わずに自殺した。

和田は沙織と門脇をもう一度会わせようとしていたが、沙織にはそんな気持ちはなかった。

国木田は「あなたに幸せな人生をおくってほしいと思った沙織さんの気持ちを汲んでほしいと思います。」和田に伝える。

スポンサーリンク

特捜9シーズン3・相関図・キャスト

公式が発表している相関図はこちらになります。

 

スポンサーリンク

キャスト紹介

 

 

 

 

浅輪直樹(あさわ・なおき)………井ノ原快彦

警視庁捜査一課特別捜査班主任。警部補。20代で捜査一課に抜擢されただけのことはあり、頭の回転は速く、運動能力も高い。また、正義感が人一倍強く、曲がったことが大嫌いな性格で、常に弱者に寄り添い、手柄とはほど遠い地道な捜査も厭わない。そんな姿勢ゆえ、承認欲求の強い若手刑事・新藤から不満に思われていた時期もあったが、今では信頼を得ている。仲間を誰よりも思いやり、その活躍を見守ることのできる、特捜班のリーダー。

 

 

 

 

小宮山志保(こみやま・しほ)………羽田美智子

警視庁捜査一課特別捜査班刑事。警部補。14係の係長に栄転異動した村瀬の誘いを断って9係に残り、主任まで務めた。特捜班の紅一点として独自の視点を持ち、それが捜査に生かされる場面もある。特捜班のメンバーとの間には絆も感じている。特に村瀬に支えられた恩義から、彼に対する思いは強い。村瀬を心配しつつ、頼りにもしている。

 

 

 

 

村瀬健吾(むらせ・けんご)………津田寛治

警視庁捜査一課特別捜査班刑事。警部補。大学卒業後、ノンキャリアとして警視庁に入るが、自分の能力はキャリア以上と信じて疑わない自信家。実際、頭の回転はよく品行方正で、何をやっても卒のないエリート刑事で一時は14係の係長を務めていた。出世しか頭にないようだが、実は熱い刑事魂を内に秘めている。志保とは恋を意識した時期もあり、彼女の活躍を陰で支えることを喜びにしている節も。

 

 

 

 

青柳靖(あおやぎ・やすし)………吹越満

警視庁捜査一課特別捜査班刑事。警部補。反骨精神の塊のような男で、金持ちと上流階級が大嫌いな皮肉屋。自分のことを完璧主義者だと思っているが、コンプレックスを常に抱えた生き方はかなり不器用。同居している恋人の垣内妙子は、過去にヤクザから救出した女性。それゆえ反社会勢力の事件には過剰反応する。妙子との関係を認めない警察組織の中で、刑事という職業をめぐる葛藤もある。

 

 

 

 

矢沢英明(やざわ・ひであき)………田口浩正

警視庁捜査一課特別捜査班刑事。巡査部長。大らかな心で、変わり者の青柳を受け止め、聞き役やサンドバックに徹することもできる一方、時には厳しく叱ることもできる、優れた相棒。妻の早苗は売れっ子の漫画家で、休日にはアシスタントを務めることも。捜査に必要な似顔絵もプロ級で、実は多才。子煩悩でもある。

 

 

 

 

新藤亮(しんどう・りょう)………山田裕貴

警視庁捜査一課特別捜査班刑事。巡査。運動神経がよく、犯人と格闘する場面などでは非常に頼もしい。熱い思いを秘めてはいるが、現代っ子らしい効率主義的な思考もあわせ持つ。手柄を立てて認められたいという願望もあり、軽々しい発言で直樹に怒られたり、最初は特捜班の面々とも衝突したりしていた。しかし、次第に直樹ら特捜班の先輩たちを尊敬するようになった。

スポンサーリンク

 

 

 

 

佐久間朗(さくま・あきら)………宮近海斗〈ジャニーズJr. / Travis Japan〉

警視庁本庁所属の若手鑑識課員。大先輩・猪狩の下で修業中。

 

 

 

 

浅輪倫子(あさわ・みちこ)………中越典子

直樹の妻。かつて9係の係長だった加納倫太郎の実娘であり、“パティシエール”。
さまざまなニーズに対応したスイーツをネット販売したいと考えて試行錯誤する中、本シーズンでは友人が営む喫茶店の手伝いをはじめて…。

 

 

 

 

早瀬川真澄(はやせがわ・ますみ)………原沙知絵

関東監察医務院に勤務する監察医。遺体に関するプロフェッショナル。
女同士、そして友人がいないもの同士、志保とは相変わらず仲が良い。

 

 

 

 

国木田誠二(くにきだ・せいじ)………中村梅雀

警視庁総務部広報課主査。かつては警視庁捜査一課6係の有能な係長だったが、“ある事件”の責任を取るために広報課に異動した過去を持つ。

 

特捜9シーズン3第5話・感想

村瀬と志穂が同じ非番で志穂の用事に付き合わされた村瀬ですが、2人一緒でいることがとても自然に感じます。いつか結婚すればいいのにな・・・。

第5話では国木田のよいところが特捜9のメンバーに少し知れたみたいです。部下が病気を苦にして自殺してしまうのですが、遺書とかもなく、部下のために真実を大事な人に伝えようとします。ぶっきらぼうだけど優しいところは歴代の係長と同じでした。

第6話のあらすじはこちらになります。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました