【ネタバレ】天国と地獄ドラマ第7話~アズマサクヤが日高?一体何者?

天国と地獄

2021年2月28日(日)『天国と地獄~サイコな2人』第7話のあらすじとネタバレになります。

視聴率の推移はこのようになってます。(%) 2021年冬ドラマではNo1のようです。

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話
16.8 14.7 14.1 13.4 13.2 14.7 14.7  

脚本は「JIN-仁ー」「義母と娘のブルース」を手掛けた森下佳子さんです。ドン詰まりな女性刑事とサイコパスな殺人鬼の魂が入れ替わり、人生が逆転してしまった2人、立場や性別、言葉遣いや立ち居振る舞い、生活様式、価値観などすべてが逆転し入れ替わった先でスリリングな生活を送るはめになるというドラマです。

第6話のあらすじとネタバレはこちらになります。

【ネタバレ】天国と地獄ドラマ第6話~手紙の差出人は一体誰!?彩子は調べる
2021年2月21日(日)『天国と地獄~サイコな2人』第6話のあらすじとネタバレになります。 視聴率の推移はこのようになってます。(%) 2021年冬ドラマではNo1のようです。 第1話 第2話 第3話 第4話 第5...

見逃した方はPraviで配信されております!2週間は無料ですので、見られてない方は是非!

Paravi

スポンサーリンク

天国と地獄第7話ねたばれ

数字の落書きをした男から、お金を渡された男の特徴を聞くと、右手のひらにほくろがあったという証言が。

日高<彩子>は福岡の実家に帰り、父親から、日高には双子の兄がいて、手紙を送ったのは兄からだった。名前は東朔也(あずまさくや)、朔也の意味は新月なり。日高は母親に引き取られ、兄は長男のため父親に引き取られたが、その後大きな借金を抱えてしまい生活が困窮していることを知った母親は引き取ろうとしたが、別れた夫は許さなかった。

日高<彩子>は、一連の殺人事件の犯人はクウシュウゴウで、クウシュウゴウは日高の双子の兄だと確信する。

朔也は、すい臓がんを患っており、陸たちと飲んでいたとき倒れ病院に搬送された。彩子<日高>はソーシャルワーカーから朔也が救急搬送されたことをきき、入院した病院に行く。しかしそのとき殺人事件の連絡が入る。被害者は、久米の息子だった。リストにあったのは父や、息子を狙うことはリストにはなかった。

陸は師匠・湯浅に付き添っていた。いつも落書き(数字)を消すとき、師匠・湯浅と会っていたことを思い出す。湯浅は右手の包帯をまいていた。ほくろがあるのか??確かめようとする。(来週へ)

詳しいストーリーはあらすじをご覧ください。

スポンサーリンク

天国と地獄第7話のあらすじ

彩子<日高>(綾瀬はるか)は身元不明の遺体の中から「東朔也」という人物を探していた。しかし検索結果は0だった。日高<彩子>(高橋一生)と河原(北村一輝)もその名前にたどり着くが、事件とのつながりは見えてこない。

落書きをしていた男から、お金を渡された男の特徴を聞くと、右手の手のひらにほくろがあった。そのころ、八王子火災で身元不明の遺体が7体、彩子<日高>はそのご遺体の手のひらを確認する。(ほくろを探している?)

(柄本佑)からの情報を手掛かりに、殺人の共犯かもしれない「クウシュウゴウ」が現れるのを待って、歩道橋で張り込む日高<彩子>。しかし、やって来たのは彩子<日高>だった。日高もまた「くうしゅうごう」と連絡とれてないのではないか?

日高<彩子>が声をかける。「東サクヤって誰?」奄美でその名前で声を掛けられたことを話す。しかし彩子<日高>はいつでも警察に突き出すことはできるとけん制する。彩子は確かに日高が焦っている感触を得る。

日高には二卵性の双子の兄がいた

ある日、日高<彩子>のもとに、息子が記憶喪失になったと聞いて心配した父・(木場勝己)から連絡が入る。妹の優菜(岸井ゆきの)と福岡の実家へ行った日高<彩子>は、満から手紙のことを聞く。

なんと東朔也は、日高の双子の兄だった!!二卵性だから似てないらしい。日高の母親は奄美の出身だった。別れた夫はバブルがはじけて、四方という男に負債を押し付けれ、借金がひどいことになり、日高の父親と母親は、援助を申しもうとしたが、バカにされたと思い断られた。父親が引き取っていた朔也は、弟のはるに手紙を書き、2人は歩道橋で会う。こっそり様子を見に行った母親。2人は同じタイミングで同じところの歯が抜けた。

朔也は、新月なりという意味だった。母親に引き取られるか?父親に引き取られるかで人生が大きく変わってしまった2人

日高<彩子>は、一連の殺人事件の犯人はクウシュウゴウで、クウシュウゴウは日高の双子の兄だと確信しょうとした。

彩子<日高>は兄を探す

病院で行方不明者の患者を確認する彩子<日高>は、病院で行方不明者の手伝いをしているソーシャルワーカー千田と会う。そして、「東サクヤ」を探していることを伝える。東さくやは、すい臓がんを患っており、トルヒノームという薬を飲んでいることを千田に伝えると、昨日救急搬送されたと人が該当すると連絡が入り、急いで病院へいく。

そのころ、久米の息子が殺害されたと連絡が入る。彩子<日高>はリストにない人物を殺害していたことを知り、やるせない気持ちを叫ぶ。。。。現場に行くと犯人の決紋がでた。

もうダメだ。。。。

落書きを消すとき、依頼するとは人を毎回変えているのに、消すのは何故いつも陸なのか?日高<彩子>は違和感を感じる。

陸は落書きを消す現場にいつも師匠・湯浅がいたことを思い出す。その湯浅が飲んでいるときに倒れてしまった。湯浅は右手に包帯をまいていた。陸はほくろがあるのか確かめようとする。

スポンサーリンク

天国と地獄~サイコな2人~相関図

こちらはTVnaviの引用になります。公式が発表しましたら更新します。

 

望月もちづき 彩子あやこ 綾瀬はるか
日高ひだか 陽斗はると 高橋一生
渡辺わたなべ りく 柄本 佑
八巻やまき 英雄ひでお 溝端淳平
五木いつき 樹里じゅり 中村ゆり
湯浅ゆあさ 和男かずお 迫田孝也
新田にった 将吾しょうご 林 泰文
五十嵐いがらし公平こうへい 野間口 徹
十久河とくがわ広明ひろあき 吉見一豊
富樫とがし 義貴よしたか 馬場 徹
はば 健太郎けんたろう 谷 恭輔
日高ひだか 優菜ゆな 岸井ゆきの
日高ひだか みつる 木場勝己
河原かわはら 三雄みつお 北村一輝

天国と地獄・第7話感想

日高<彩子>が陸にものすごい濃厚なキスしてましたよね。日高は、アズマサクヤが飲んでいた薬の名前を調べるために日高の家に戻ったのですが、陸がきてしまったんです。そして陸に濃厚キッスするのですが、コインロッカーに隠していたのを取りにきたのがばれないようにしたのだろうだけど、陸を撒くためにキスしたのかな。。。ここでキスしなくてもよかったのにな(笑)

それにしても日高には双子の兄がいたとは!それが陸を家に泊めていた師匠っぽいです。でも子供には何も罪はないのに、父親の見栄で母親が引き取りたいと言っても応じなかったですが、きっと陽斗は、自分ばかりが幸せで、兄に対して負い目があったから、今回の一連の殺人事件を手伝ったのかもしれないです。

でも兄は自分の余命が少ないのもあり、自分が犯人だと警察に分かるようにリストにない人物を殺害した!?のかな。

連続殺人の被害者も朔也の父親を借金漬けにした関係者なんだと思いますが。。。

日高<彩子>は真相をつきとめ、陽斗を救うことができるでしょうか???

次回第8話のあらすじはこちらになります。

【ネタバレ】天国と地獄ドラマ第8話~日高の双子の兄は湯浅(師匠)なのか?
2021年3月7日(日)『天国と地獄~サイコな2人』第8話のあらすじと放送後にネタバレを追加します。 視聴率の推移はこのようになってます。(%) 2021年冬ドラマではNo1のようです。 第1話 第2話 第3話 第4話...

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました