【スーツ2・第6話ねたばれ・感想】甲斐と大輔はマカオのカジノへ

SUITS

2020年8月17日(月)放送の第6話のあらすじとネタバレになります。

嵐の前の静けさだと思いますが、甲斐がどことなく寂しげでした。それは秘書の玉井がいなくなってしまったからかな。。。なんと玉井の後釜の秘書が男性でした。なんか草食系の秘書で、いまどきの若者って感じでした。でも玉井は戻ってくると思うのですよ。甲斐が裁判で一発逆転することを期待してます。

詳しくは第5話のネタバレ記事はこちらをご覧ください。

スポンサーリンク

SUITSスーツ・第6話あらすじ・ネタバレ

かけがえのない秘書・玉井(中村アン)を失い、喪失感にかられる甲斐(織田裕二)。ある日、クライアントである碓氷ジュエリー社長の碓氷秀明(博多華丸)に会いに、大輔(中島裕翔)を連れてマカオのカジノを訪れる。

薄井はマカオで300万ドルを失い会社のすべてを奪われてしまう

碓氷はギャンブル依存症だったが、3年間は賭け事を断っていた。だが、甲斐の心配をよそに、カジノのVIPルームでポーカーに興じていた碓氷は、1回の勝負に300万ドル以上も賭けた挙句負けてしまう…。しかも碓氷は、日本人の元会社社長・城田悟志(三浦誠己)から、碓氷ジュエリーの全株式を担保にすることを紙ナプキンに書いて、300万ドルもの金を借りていたのだ。碓氷は城田に、その一瞬で会社の全てを奪われてしまう。

スポンサーリンク

蟹江は真琴に劇場稽古場の設備不良の案件を任す

一方、真琴(新木優子)蟹江(小手伸也)は、とあるバレエ団の公演で偶然一緒になる。公演後、バレエ団の演出家・里中栄一郎(吉澤健)が、劇場スタッフともめているのを目撃する蟹江たち。

里中は、劇場の稽古場の設備不良が原因で、バレエ団のダンサーがケガをした、と怒っていた。里中の大ファンだった蟹江は、劇場側との交渉の代理人に名乗りを上げると、その案件を真琴に任せることにする。

甲斐の新しい秘書は男・小笠原

碓氷に借りがあった甲斐は、帰国後すぐに城田と彼の代理人弁護士・安斎芳樹(加藤啓)に会いに行く。お互い一歩も引かない。法廷で争うことになった。甲斐はチカに報告するが、裁判に持ち込まず、和解で処理するよう命令される。

甲斐は、城田と代理人弁護士・安斎に、和解金の提示を依頼する。

しかし「欲しいのは金じゃない。実力を誇示するフィールだ!」交渉決裂に終わる

甲斐の新しい秘書・小笠原がきた。男。。。そして甲斐の部屋に自分が生けた花を置く男。。。

スポンサーリンク

チカと関東弁護士会副会長の羽鳥との確執

そんな折、チカ(鈴木保奈美)のもとに、旧友でもある関東弁護士会副会長の羽鳥亜美(堀内敬子)から電話が入る。

羽鳥は、『コースタル・モーターズ』訴訟の件で、甲斐が賠償金と弁護士資格のはく奪を和解条件として提示されていることを問題視していていると伝えている。

羽鳥はチカに対して恨みがあった。チカは、ハーバードロースクールのときに彼女の進路にかかわるレポートを消し去った過去があった。

チカは弁護士会にお金を寄付した。弁護士会はあなたがゆすっていたと疑うでしょう。これ以上、甲斐のことに首をつっこむなとクビを刺す。

バレエの案件は無事に解決

里中英一郎は劇団のお金を横領していた。

蟹江は、里中に「劇場の修理費は支出を見直し支払った。代表理事を下りてもらう。バレエの作品作りに集中すれば今回のことは水に流す」

里中は出ていった。

ひょんなことから大輔は蟹江が甲斐の部屋に盗聴器を忍ばせていたことに気づく。

スポンサーリンク

ツキに見放された甲斐だが・・・

城田は、今度は契約不履行で訴えると言ってきた。そして碓氷社長がギャンブル依存症であることもマスコミに公表し、3年前、ギャンブルで大きな損失をだしたが不正経理で解決したことも公表すると言ってきた。

甲斐はボソッと「上杉が戻り、玉井がいなくなり、裁判で訴えられ、ツキに見放されている。」

甲斐は城田を呼び出し、選択肢は3つある。

①裁判する。

②300万ドルでケリをつける

③俺と君とでポーカーする。私が勝ったらお金は1円も出さない。あなたが勝ったら無条件で会社をあなたに渡す。

そしてポーカーで勝負することになる。

スポンサーリンク

碓氷ジュエリーをかけたポーカーが始まる

甲斐は俺の相手は確率ではない。人間だ。

ポーカー対決が始まる。

甲斐はすべての掛け金を勝負すると城田は逃げようとした。甲斐は、

「あなたを徹底的に調べました。たたき上げだと誰もそうは言ってなかった。親の七光りで大損害を会社に与えたと。。。いつも弁護士にコンサルに頼り切っている。あなたはどんなに良いカードがきてもリスクを恐れ逃げ出す。勝つのに必要なのは運じゃない。場を支配する力だ。私と君とでは勝ちへの執着が違う。私は君に必ず勝つ!

城田はポーカーせず立ち去った。。。

チカが甲斐の代理弁護士になる!

チカは上杉が連れてきた副島絵美里(清水ミチコ)弁護士を解任する。

「あなたは甲斐を信用してないから。」

甲斐先生の弁護はチカが務める。

甲斐の部屋を盗聴していた蟹江だが、甲斐は上層部には伝えないが、

「いつか君には手助けを頼むことがあるかもしれない。そのときは見逃したことを忘れるな。これは貸しだ!」

スポンサーリンク

SUITS2・相関図・キャスト

公式の発表になります。

 

SUITS2・第6話・感想

チカがなんと甲斐の裁判の代理人弁護士になることに!!!SUITS1でもチカが裁判所に立っている姿はなかったと思います。チカがどう戦うのか。。。楽しみです。上杉が邪魔しそうですが。。。でも大輔が弁護士資格持ってないことを上杉はいつ知ってしまうのかもハラハラしますね。

劇中に甲斐が「勝つのに必要なのは運じゃない。場を支配する力だ。」というセリフがあったのですが、これは運ではなく実力だ!!ってことだと思うのですが、甲斐がいうと説得力がありますね。

次回、第7話のあらすじはこちらになります。

404 NOT FOUND | 刑事ドラマWalkers
刑事ドラマ好きの管理人がお届けする、刑事ドラマ好きのためのブログ

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました