【スーツ2・第3話ねたばれ・感想】大輔は聖澤にもう別れを告げることに!

SUITS

2020年7月27日夜9時から第3話が再開されました。あらすじとネタバレになります。

待望のスーツ2が再開されました。やっぱり甲斐先生はかっこいいですね~。エリート、できる男、なんか劣等感も感じますが、クライアントのために勝ち続けるところはやっぱりかっこいい。

第2話で大輔と聖澤は付き合うことになりましたが、今日の第3話で大輔からやっぱり付き合えないと伝えます。大輔は聖澤に自分は弁護士資格がないことを伝えようかどうか迷ってました。それを甲斐に相談してましたが、そればバレれば、幸村、甲斐ともに上杉からファームを追い出される可能性があります。大輔を説得したのは玉ちゃんでした。

詳しくはネタバレ記事をご覧ください。

第2話を見逃した方はこちらのネタバレ記事をどうぞ。

スポンサーリンク

SUITSスーツ・第3話あらすじ・ネタバレ

甲斐(織田裕二)とチカ(鈴木保奈美)は、『幸村・上杉法律事務所』のトップの座を狙っている上杉(吉田鋼太郎)の動向を注視していた。上杉が、シニアパートナーの過半数の票を集めて代表権の交代を画策するものと考えたチカは、まず企業再生部門の瀬川修一(笹野高史)を味方につけるよう、甲斐に命じる。

一方、真琴(新木優子)と交際を始めたばかりの大輔(中島裕翔)は、彼女にすべてを打ち明けるべきかどうか悩んでいた。そんな折、チカからディナーに誘われた大輔は、幼いころのことなどをいろいろと尋ねられる。だが、チカが自分を呼び出した目的がわからず、困惑するばかりだった。ディーナーのお代は大輔が払わされる。

スポンサーリンク

幸村一票のために大手町スカイビスタのプロジェクトを潰すよう指示される

瀬川のもとを訪ねた甲斐は、チカに対して不満を抱く彼に、力になれることを証明したいと申し出る。そこで瀬川が提示したのは、建設中の商業ビル『大手町スカイビスタ』プロジェクトを潰してくれ、というものだった。

『大手町スカイビスタ』は今年の春に完成予定だったが、大幅に建設が遅れていた。原因は、プロジェクトを進めるマディソン建設のワンマン社長・芹沢(石丸幹二)のこだわりで、度重なる仕様変更にあったためだった。

また、同社はメインバンクの東京ナショナル銀行への返済も迫られていたが、資金は完全に底をついている状態だ。しかし芹沢は、建設を断念すべきだという甲斐たちの提案を聞き入れず、追加融資をしない銀行の方がおかしい、と主張して最新の財務計画書を甲斐に手渡す。

働きやすい法律事務所でワースト2位の幸村・上杉法律事務所

同じころ、アソシエイトを統括する蟹江(小手伸也)は、経済誌に載った“アソシエイトが選ぶ働きやすい法律事務所”という記事で、『幸村・上杉法律事務所』がワースト2位だったことにより、東大ロースクールはインターンシップの廃止も検討しているということでチカに責められる。東大ロースクールから視察がくることになった。蟹江は真野麻子を出迎えるが、いきなりアソシエイトに大々的に紹介してしまったため、偵察の意味がないと苦言、蟹江が押されている。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

芹沢社長が会社を追いやられるかもしれない

マディソン建設のメイン銀行である東京ナショナル銀行の融資担当・吉永由紀子は、蟹江の後輩だった。融資の口利きをするよう依頼するが撃沈

甲斐が直接吉永に会いに行くが、「芹沢社長は経営者としての実力はゼロ、私たちの仕事を甘く見られては困る」と門前払いされる。

大輔の調べでは「大手町スカイビスタの周りにある3つのビルのメインバンクが、東京セントラル銀行だった。なぜスカイビスタの融資を断るのか不自然だ」と伝える。

芹沢社長が甲斐のもとへ

「役員会で自分が社長を降ろされる可能性がある。夢を見過ぎたのかもしれない。」みんなの反感を買ってまで続けるつもりはない。

甲斐はクライアントを満足させたい

瀬川は甲斐に東京ナショナル銀行まで乗り込んで決裂したことを批判し手を引けと強く伝える。芹沢社長の希望はあのビルの完成でありクライアントに満足させたい。

芹沢社長のほか案件もつぶれる可能性もあるから、あのビルからの撤退を依頼したんだ。瀬川はチカにも自分の票はまだ中立ですと伝え、甲斐に邪魔させないよう念を押す。

チカは瀬川先生の顔を立てるよう甲斐に伝える。私たちが戦う相手は上杉だと伝える。

スポンサーリンク

大手町スカイビスタの買い取り先はメインバンクだった

鈴木はやっぱり大手町スカイビスタの引き取り手が見つからないと甲斐に報告する。

甲斐と大輔は由貴子のもとへ、

土地を抑えられた後の引き取り手は東京セントラル銀行だと甲斐は伝える。計画はずいぶん前から勧められた。ビルが差し押さえ物件になれば格安になる。大胆な横取り作戦だ。

由貴子は「法的な問題でも?」

甲斐と大輔は「あの周辺のビルが真実を知れば、メインバンクのエゴを誰も信じないだろう。メインバンクを引き払う可能性がある。」とはっぱをかける

東京ナショナル銀行は追加融資を認めた

東京ナショナル銀行は追加融資を決めた。芹沢社長は「もう少し私の夢を観させてくれ」と伝える。

重田が、社長の解職動議をかけられた。しかし解職に賛同する人は誰もいなかった。役員全員は芹沢社長のわがままにとことん付き合う。

瀬川が幸村と甲斐に案件の乗っ取りだ!と激高する。上杉にも報告するとの事。

しかし甲斐は、瀬川に「あの銀行と裏で組み、ビルを奪おうとした。銀行の役員が目当てだった。」と証拠を見せる

チカは瀬川に「今日中に退所届を。。。」

これで上杉への票は消えた。

これが私のやり方です。「わたしはどんな案件でも勝つ、どんな状況になってもあなたを守る」

スポンサーリンク

大輔は聖澤に付き合えないと伝える

偵察の結果、アソシエイト全体に蟹江の不満が蔓延していると調査結果が伝えられる。仕事を押し付けて楽していると、蟹江がショックを受けている。そこに甲斐が、、、お互いの苦労話をして甲斐は一度だけ言ってやる「蟹江先生、君はすごい」蟹江は録音して何回も聞いていた。

玉井が大輔を呼び出す。

「鈴木先生がお忘れではないかと、鈴木先生が面接できたとき、甲斐はかなりのリスクを負ってあなたを迎えいれた。ボストン費用まですべて負担した。甲斐先生は確かに鈴木さんの才能をかっている。それ以上にあなたの人生を。。。。私にも真意はわかりません。だけど甲斐先生の気持ちを踏みにじらないで!」と強く伝える。

大輔は聖澤に「やっぱり付き合えない、君を嫌いになったわけではない、山岡悟、当時新人だった彼は君と別れたあと仕事が手につかずファームをクビになった。自分はうまくやっていく自信がない。」

聖澤は「はっきりおっしゃってください。私では釣り合わないと」

甲斐はそれを聞きつけ、大輔に「また出会えるさ、これで、よかった」と伝える。

大輔「やっぱり、、つらい」

スポンサーリンク

SUITS2・相関図・キャスト

公式の発表になります。

SUITS2・第3話・感想

第3話では上杉は出てきませんでした。

蟹江がアソシエイトから嫌われていることが露呈しましたが、でも甲斐の励まし?にあい、やっぱり自分が厳しくするのはアソシエイトのためだとして今までのやり方を踏襲します。理解してくれる人がいると強くなれるんですね、蟹江も。。。。(笑)

大輔は聖澤と付き合うのを断念します。甲斐の秘書の玉井に「甲斐先生の気持ちを踏みにじらないで!!」の一言が効きましたね。玉井はボスのために真剣になるなんて、秘書の鏡だな。。。ですが、このまま大輔は弁護士資格がないことを黙っておけるのでしょうかね。。。。雪村・上杉ファームと甲斐にとってはとんでもない爆弾です。

次回第4話のあらすじはこちらになります。

刑事ドラマWalkers
1970.01.01
刑事ドラマWalkers
https://arafifblues.com/suites3_4_20200803/%20‎
刑事ドラマ好きの管理人がお届けする、刑事ドラマ好きのためのブログ

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました