【ネタバレ】ドラマ『エアガール』~広瀬すず主演・戦後初のCAを演じる!

2021年スペシャル
2021年3月20日夜21時から放送される広瀬すずさん主演の『エアガール』のあらすじとネタバレになります。
 
この『エアガール』は、“空”へのあこがれを胸に、持ち前のチャレンジ精神で戦後初のCAとなったひとりの女性・佐野小鞠の奮闘を描きます。
 

スポンサーリンク

エアガールネタバレ

1928年、東京・下町で小さな町工場を営む両親のもとに生まれた佐野小鞠(広瀬すず)は、飛行機部品の生産を手がける父の影響で空へのあこがれを募らせ、パイロットになりたいという夢を抱きながら大きくなった。しかし、家族を亡くしてしまい、ひとりぼっちとなった小鞠は、料亭を営む叔母・千代(松雪泰子)のもとで暮らす。

そんなある日、小鞠は料亭の一室から、逓信省航空保安部長の松木静男(吉岡秀隆)と彼の若き部下・三島優輝(坂口健太郎)と出会い、2人が設立した日本の航空会社“日本民間航空のエアガールに応募し、見事採用される。

ある日のフライトで、飛行機が突然揺れたために小鞠が目を負傷する。パイロットが低空飛行し、突然高度を上げたのが原因だった。

日本民間航空が自主運航、自主整備になるまでの道のりは困難だったが、1953年に実現する。そして1954年には海外への運航も実現

しかし小鞠に異変が生じる。網膜剥離だと診断されエアガールを退職し、パイロットも諦めることに。三島優輝ともお別れし。。。1人で生きていく。

詳しいストーリーはあらすじをご覧ください。

スポンサーリンク

エアガールあらすじ

1928年、東京・下町で小さな町工場を営む両親のもとに生まれた佐野小鞠(広瀬すず)は、飛行機部品の生産を手がける父の影響で空へのあこがれを募らせ、パイロットになりたいという夢を抱きながら大きくなった。しかし、兄は神風特攻隊として出撃して戦死。両親も東京大空襲で亡くしてしまい、ひとりぼっちとなった小鞠は、料亭を営む叔母・千代(松雪泰子)のもとに身を寄せることに。おかげで高等女学校だけは卒業させてもらったものの、料亭の手伝いに明け暮れる日々を送っていた。

そんなある日、小鞠は料亭の一室から「日本の空を日本人の手に取り戻したい!」という決意みなぎる熱い言葉を耳にする。声の主は、逓信省航空保安部長の松木静男(吉岡秀隆)。日本は終戦後、GHQによって一切の航空活動を禁じられていた。

GHQとは・・・総司令部。特に、 第二次大戦後、連合国軍が日本占領中に設置した総司令部。マッカーサーを最高司令官とし、占領政策を日本政府に施行させた。

さらに、吉田茂首相の側近・白洲次郎(藤木直人)は日本の航空事業を海外企業に委ねた方がよいと考えていた。だが、松木はどんな困難が待ち構えていても日本人の手で航空事業をはじめるべきという、固い信念を抱いていたのだ。松木の話に感動し、思わず聞き入ってしまった小鞠だったが、彼の若き部下・三島優輝(坂口健太郎)に立ち聞きをとがめられてしまう。

しかし、これが2人の運命の出会いとなる…。優輝が落としたお守りは、小鞠が兄に渡したものだった。兄は、優輝の航空学校の同級生だった。

スポンサーリンク

初の日本の航空会社に入社する小鞠

1951年、GHQと粘り強く交渉を重ねた松木の熱意が実り、ついに戦後初の日本の航空会社“日本民間航空”が発足する。すでに社員となっていた三島からエアガールを募集していると聞いた小鞠は飛行機の仕事に関わりたい一心で応募を決意。

しかし、エアガールは最先端の超人気職! 1300倍もの倍率の試験が待ち構えていた。小鞠は一次が通り二次試験の面接が行われ、最終選考40名に小鞠も受かった。次は3次面接の教養試験だった。

三島が家庭教師をかって出る。三島は小鞠の兄が熱を出した自分の代わりに出撃したことを謝るが、小鞠は日本の空を取り戻してほしいと伝える。三島もまた、小鞠に、エアーガールの夢をあきらめないでほしい。そして小鞠は、エアガール試験に受かった。

しかし入社式からわずか1週間後、あわただしく試験飛行に臨むこととなる。その飛行機にはエアガールも乗り込み身体検査が行われた。

小鞠は空の中を飛んでいることに感動し泣いてしまう。

次は、日本民間航空で初の福岡へのフライト、機内食付だった。

スポンサーリンク

小鞠は記念すべき民間航空第1便のエアガールに

小鞠は叔母にお店を辞めたことで迷惑かけたことを謝るが、叔母は、小鞠の父がパイロットになるのが夢だったことを思い出したと、小鞠に黒い靴をプレゼントする。

同僚の翠が飛行機で乗り物酔いしていたのを小鞠は医者を紹介し、友情が芽生える。

そんな中、9月1日の札幌フライトが中止になる。フィリピン航空から借りている飛行機の賃料で交渉決裂したからだった。白洲に直談判する松木

松木は日本の空を取り戻そうと白洲に航空事業令を改正するよう土下座する。日本の産業を育成するのか海外に売り渡すのか?しかし白洲は総理大臣に口添えをし、そこから一気に開けて、セントラル航空とチャーター契約を締結することができ、東京⇔札幌、東京⇔大阪、東京⇔福岡が決まった。

記念すべき東京→福岡行き第1便のエアーガールは、翠と小鞠だった。

その記念すべき1便には小鞠の叔母も搭乗する。

スポンサーリンク

日本民間航空が自主運航になるまでの道のり

1951年、民間航空機第1号が無事に飛んだ。しかしその後、突然の欠航、搭乗するのは限られた乗客となり、セントラル航空の整備が杜撰のためフライトが遅延することも頻繁にありエアーガールの退職者も跡を絶たない。

ある日のフライトで、飛行機が突然揺れたために小鞠が目を負傷する。パイロットが低空飛行し、突然高度を上げたのが原因だった。

松木は最高水準のサービスを提供するために、操縦や整備に力を入れることを宣言した。日本民間航空の経営はひっ迫していたが、社員全員で金策に翻弄し、アメリカへパイロット研修へ向かわせた。

白洲が裏から糸を引き、オールアメリカン航空と京阪神合同電鉄が、日米共同航空を立ち上げ東京から大阪まで3500円の運賃でスタートさせようとしていた。松木の会社の存続が危ぶまれる状況になる。

松木は白洲と話すが、決裂に終わる。日本民間航空と日米共同航空の全面対決になるが、世論とジャーナリズムは日本民間航空を指示した。海外からの自立を強く求めた。白洲次郎の日米共同航空は頓挫した。

そして日本民間航空が、自主整備、自首運航がいよいよスタートした。白洲次郎は祝福にきていた。

スポンサーリンク

小鞠は網膜剥離でエアーガールを離脱

三島が操縦訓練のためアメリカへ

1953年に海外進出へ、そのころには経営が安定していた。

しかし小鞠に異変が生じる。三島にお願いしてコックピットを見せてもらう小鞠

操縦桿を握り「もう思い残すことはありません、今日で退職します。網膜剥離だと診断されました。エアガールも無理だし、パイロットにもなれない」以前、目を怪我したときが理由

小鞠は三島にお守りを渡し「私の分までたくさん飛んでくださいね」と別れを告げる。

1954年、国際線が運航し三島にとって心残りは小鞠がいないことだった。

老紳士(橋爪功)は、三島優輝だった。

そして小鞠の孫が、パイロットとして空を飛び立つ

 

スポンサーリンク

エアガール・キャスト

メインキャストの皆さんです。公式ページの発表です。

佐野小鞠(さの・こまり)

広瀬すず(ひろせ・すず)

東京で小さな町工場を営む両親の元に生まれ、幼い頃から飛行機のパイロットを夢見ていた。
戦争で天涯孤独となり、料亭を営む叔母に引き取られ、朝から晩まで働き詰めの日々を送っていた。そんなある日、エアガールの募集を知り、自分も空を飛びたいと応募! 見事合格し、“日本民間航空”のエアガール第一期生となる。

三島優輝(みしま・ゆうき)

坂口健太郎(さかぐち・けんたろう)

パイロット志望の青年。日本の空を取り戻すために奔走する初代航空保安庁長官・松木静男の考えに賛同し、彼の部下として働き、戦後初の日本の航空会社“日本民間航空”の社員となる。
実は、特攻隊員として戦死した小鞠の兄・大地と親友だった。その縁もあり、空への憧れを募らせる小鞠の思いを受け止め、エアガールの募集があることを教え、支え続ける。自身も操縦桿を握る夢を捨てきれずにいて…。

白洲次郎(しらす・じろう)

藤木直人(ふじき・なおひと)

実業家。時の首相・吉田茂と親交が厚く、彼の側近として活躍する。戦後全てを失った日本の状況を踏まえ、日本の航空事業は海外の企業に任せたほうが賢い方策だと考えていた。日本の空を取り戻そうと奮闘する松木静男と激しく対立する。

相原 翠(あいはら・みどり)

山崎紘菜(やまざき・ひろな)

“日本民間航空”エアガール第一期生。華族出身の令嬢だが、戦争で家も財産も縁談すらも失い、屈辱的な気持ちを抱えてエアガールに応募した。英語も堪能で、女性の社会進出についての意識も高い。プライドが高く、小鞠に対してきつく当たるが…!?

伊原雅美(いはら・まさみ)

藤野涼子(ふじの・りょうこ)

“日本民間航空”エアガール一期生。名門女学院の卒業生。戦後、元陸軍中将の父の収入が途絶えてしまったため、エアガールを志す。採用試験用の写真が間に合わず困っていたところ、小鞠に声をかけられ、一緒に日本民間航空まで交渉しに行ったことがきっかけで仲良くなる。

志田多美子(しだ・たみこ)

中田クルミ(なかた・くるみ)

“日本民間航空”エアガール一期生。国際社会進出の夢を持ち、流暢な英語を話す上、世界情勢にも通じている才媛。小鞠がいつも一生懸命な事も理解している。

川村陽子(かわむら・ようこ)

伊原六花(いはら・りっか)

“日本民間航空”エアガール一期生の最年少合格者。溌溂とした、明るい性格。スポーツや医学に関しての知識を持っている。

柳沢誠二(やなぎさわ・せいじ)

田中哲司(たなか・てつし)

元日銀副総裁。松木の考えに共鳴し、日本人による航空事業設立の気運を高めるため、新聞社をまわって論説委員などを説得した。『日本民間航空』誕生の際に社長となる。

藤原一郎(ふじわら・いちろう)

鶴見辰吾(つるみ・しんご)

日本商工会議所会頭。『日本民間航空』の初代会長に就任し、経営を軌道に乗せるため奔走する。

柳沢美代子(やなぎさわ・みよこ)

真飛 聖(まとぶ・せい)

『日本民間航空』社長・柳沢誠二の妻。美術学校を卒業しており、小鞠たちエアガールの制服をデザインする。

老紳士

橋爪功(はしづめ・いさお)

現在の日本で、『日本民間航空』の立ち上げについて語る、謎の紳士。

佐野千代(さの・ちよ)

松雪泰子(まつゆき・やすこ)

小鞠の叔母。家族を亡くした小鞠を引き取って、厳しくしつけながら料亭を切り盛りしている。戦後、進駐軍向けに洋食を提供するなどして店を繁盛させ、GHQの高官や政財界の要人が訪れるまでに成長させた。小鞠がエアガールを目指していることを知り、猛反対する。

松木静男(まつき・しずお)

吉岡秀隆(よしおか・ひでたか)

“戦後日本航空業界の父”といわれる人物。「日本の空を日本人の手に取り戻したい」という熱い思いを抱き、GHQと粘り強く交渉を重ねた。対立する白洲との攻防の末、『日本民間航空』設立にこぎつける。

エアガール・感想

広瀬すずさんの髪型がかわいくてハート型?のようなヘアースタイルでしたね。風と共に去りぬのビビアンリー的な。。。とてもお似合いでした。

網膜剥離でエアーガールを退職しパイロットの夢も諦めなければならなかったなんて。。今だったら医療も進んでいて治ったのかな?

ドラマ中で印象に残ったのが、初めて飛行機になったお客様が、「シートベルトをお締めください」のアナウンスに自分のズボンのベルトを締めていて、小鞠(広瀬すずさん)が注意するシーンがあったんです。これ本当の話ですよね?きっと。最初はそうなるだろうなって思って。

でも航空会社を国内で立ち上げするのにものすごい苦労があったんですね。

今の日本の産業があるのは、あたりまえに見えて歴史があるのだと改めて思いました。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました