【捜査一課長2020・第5話ネタバレ・感想】しがみつく女性達の逆襲

捜査一課長

2020年5月7日夜8時放送の捜査一課長第5話のあらすじとネタバレになります。

そんなものを握りしめて・・今回の第5話は自分がデザインしたキャミソールをしがみついたまま殺されてしまった被害者の犯人を追うストーリーです。

「しがみつく」ということにものすごい執念を感じた第5話でした。(おもしろい)

笹川刑事部長が毎回色々なことをしてくれるのですが、今日は一瞬消防隊員?って思ったのですが、救出するための訓練をしていました。いつも大岩一課長に何かのヒントを与えているのですが、本当にユニークです。大岩一課長は決して笑いません。いつも真面目です。さすがです。

第4話をお見逃ししたかたはこちらのネタバレ記事をご覧ください。

スポンサーリンク

警視庁捜査一課長・第5話あらすじ・ネタバレ

キャミソールを手にした女性が、ビル屋上から転落死する事件が発生した。目撃者によると、彼女はキャミソールにしがみつくように屋上からぶら下がっていたが、しばらくして力尽きた様子で落下。屋上には犯人らしき人物の影を見た目撃者もいた。

臨場した警視庁捜査一課長・大岩純一(内藤剛志) は 、死んでなおキャミソールを固く握りしめている彼女の姿に“執着心”のようなものを感じる。

遺体の身元は古着店を営む青崎美枝(内田慈)と判明。彼女が元交際相手の人気デザイナー・灰田民夫(小田井涼平)へのストーカー行為で警察から注意を受けていた事実も浮上する。

被害者の青崎美枝は恐喝常習犯

美枝と灰田は1年前に破局したが、美枝は灰田にデザインを盗まれたと言いがかりをつけては度々、金を要求してきたという。お金に困っていたと思う。

さらには、美枝が握りしめていたキャミソールが、自身のデザインによるヒット商品だとわかる。彼女はかつて大手アパレル会社で働いていたが、10年前に同僚・赤堀ルリ子(酒井若菜)とランジェリー専門のアパレル会社・トロアフィルを設立。

その後、美枝のデザインしたキャミソールが大ヒットして会社も軌道に乗り、社長を務めるルリ子との仲も良好だったはずが、なぜか3年前に自主退職したようだった。退職理由は不明。

平井はルリ子を疑う

事件現場でルリ子を見かけた現場資料班刑事・平井真琴(斉藤由貴)は彼女を怪しむが、新ブランドを立ち上げたばかりのルリ子は事件発生時刻、提携先の社長・黒坂圭一郎(天宮良)と打ち合わせをしていたと主張。黒坂、そして黒坂の秘書・緑沢いづみ(小橋めぐみ)もルリ子のアリバイを証言する。

口裏合わせみたいだと不審に思う平井。

ルリ子は、キャミソールをヒットさせたという過去の栄光にしがみつく美枝のことが嫌いだったが、殺してはいないと、真琴に心情を吐露。

「私は何にも執着しない、しがみつかない。自分ひとりで自由に生きていく」とキッパリ断言するのだがそれが余計平井には不自然に感じる。

そんな仲、被害者がしがみついていたキャミソールにあった指紋とるり子の指紋が一致した。

スポンサーリンク

るり子は任意取り調べされるがアリバイが完璧

事件の前日、るり子は提携先の社長・黒坂と打ち合わせをしており、その動画があると秘書の緑沢いづみから連絡がある。

午後3時にオフィスにいた、武蔵野市の犯行現場に10分で着くことは不可能だった。

平井は何もしがみつかず自由に生きていくと断言している、るり子が子供服を作るのを不審がり、るり子の経歴を調べる。

るり子の母親は、るり子が小学校上がる前に若い男と駆け落ちしていた。母親が唯一るり子のために縫ってくれた赤いスカートを忘れずにいた。母親が出ていくとき、るり子は出て行こうとする母親の腕をつかむが、振りほどかれた。母親は若い男の腕にしがみついていた。その手が忘れない

平井は、「何故、子供服なんですか?かわいくてあたたかくてとても素敵です。本当はお母さんにしがみつきたかったじゃないですか?しがみついても止めたかったじゃないですか?」

何故被害者はあのビルにいたのか?あのビル、設立当初に事業を始めたばかりに事務所にあった。

大岩は動画の検証を指示する

あきらめずにもう一度この動画をみてくれ。

そのころ、平井はトリアフィル設立時に撮った写真を見つけていた。

黒坂社長から提供された動画をみると飛行機が左上に映っていた。国際線増便にともない新しいルートが飛行しており、晴れた日の南風の場合と北風だとルートが違う。

事件当日は、雨のち曇り、北風ルートだった。しかし写真は南風ルートだった。事件当日に動画でないことが判明した。

美枝を殺害したのは青崎美枝(取引先の秘書)

いずみとるり子はKKドレスの同期入社で仲がよかった。そして2人は小さいころ同じような境遇で育った。母親が小さい頃に男と駆け落ちしていた。いずみは母親が家をでるときに金のロングネックスレスを渡され大事にしていた。

いずみはるり子と同じく、母親にしがみつきたかったじゃないですか?だからあんなに子供服にこだわったの?と問い詰める平井

いづみは、黒崎社長にしがみつくしかなかった。子供服のブランドを立ち上げ、その責任者にしてほしい。そうしてくれたらなんでも社長のいうことをきく。黒崎社長の愛人になったが、何年たってもその夢は実現しなかった。

いづみは事件当日美枝がるり子に300万円お金をたかっていた。るり子は「いつまでこんなものにしがみついているのよ。」キャミソールをとりあげようとした。

キャミソールを拾おうとしたところを、いづみは後ろから振り落とそうとした。美枝がいたら全部だめになる!

しがみついて夢を実現させる

るり子はいづみに謝り、「罪を償ったら、また一緒に仕事してくれない?」と伝えるが

ふらふらといずみは屋上にいき自殺しようとする。

それをるり子が止める。

大切な人はしがみついてでも守らなければならない。

しがみつくって事は諦めないということ。

スポンサーリンク

警視庁捜査一課長・主な登場人物

 

 

 

 

 

大岩純一(内藤剛志)

ドラマのタイトルになっている捜査一課長役。「ヒラから成りあがった捜査一課長」を謳い文句に毎回、現場に臨場しご遺体に手を合わせる一課長。

 

 

 

 

 

平井真琴(斎藤由貴)

大岩一課長から”大福”と呼ばれている。小山田管理官との掛け合いがとてもおもしろい。事件捜査にあたっては独特な観点から自ら捜査していく。大岩から絶大なしん

 

 

 

 

 

小山田大介(金田明夫)

警視庁捜査一課 庶務担当管理官です。「ヤマさん」と呼ばれており、捜査に関わる重要な証拠を見つけ出すことに長けており、「見つけのヤマさん」の異名を持ってます。大岩一課長の良き側近でお互いの信頼関係は毎回「こんな関係いいなあ」と思います。

 

 

 

 

 

 

笹川健志(本田博太郎)

警視庁刑事部長役で大岩のことをとても信頼しています。時には愛のある叱咤激励したり、また、捜査のヒントを伝えることがあります。事件が解決すると決まって「大岩純一捜査一課長!ベリーグッドです」とフルネームで呼んで褒めたたえます。

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

天笠一馬(鈴木裕樹)

このドラマが始まった当時は、大岩の運転手役でした、毎回の発生する事件を誰よりも大岩の一番近くでみてたまに捜査もしていました。その努力がみとめられ捜査一課の巡査部長として引き続き捜査一課長のために事件解決に奔走する約です。

 

 

 

 

 

 

奥野親道(塙 宣之(ナイツ))

大岩からは「ブランク」というあだ名で呼ばれており、一課長の社用車の運転手役です。お菓子が得意でいつも事件が難局を迎えているとお菓子をもって関係者を励ましているとても和む役柄。

 

 

 

 

 

大岩小春(床嶋佳子)

重責を担う夫を支える良き妻役で愛ネコビビとともに夫の大岩をいつも家で待っている。大岩が捜査の合間に自宅に戻って小春さんと話している会話の中に事件解決のヒントとなることがよくあって「小春、ありがとう!」といって捜査に戻る大岩がいつも晴れやかです。

2人には、20年前に病気で亡くした1人娘春菜ちゃんがいます。月命日に必ず娘の好物だったカレーライスとプリンを食します。そしてたまに春菜ちゃんの感謝の言葉とかを話していたりして、この自宅シーンは大岩がとても安堵していることが分かります。

 

 

 

 

 

武藤広樹(矢野浩二)

鑑識課のリーダーでいつも大岩一課長のために迅速に鑑識をおこない報告をします。鑑識メンバーに熱い言葉をかけて気合を入れます。

捜査一課長2020・第5話感想

「しがみつく」って身近な言葉だと思ってましたが、意外と重い言葉だったのですね。腕をつかむのも「しがみつく」と言いますし、会社にしがみつくというように精神的な時にもつかいますよね。”しがみつく”イコール”しつこい” というイメージがあってあまり使ってませんでしたが、とても前向きな言葉だったのですね。

あとコロナの影響で渋谷上空の航空空路はあまり使われないですよね。今日はその空路が複数あったためにアリバイ崩しにあってしまいました。

今日のキーワードはしがみつくでした。

 

次回第6話は5月14日放送です。あらすじはこちらをご覧ください。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました