【捜査一課長2020・第10話ネタバレ・感想】近づくとクシャミが出るご遺体

捜査一課長

2020年7月9日夜8時から放送の第10話のあらすじとネタバレになります。

今回は、カレー店で捜査会議が行われました。それもコショウがたくさん撒かれたところで。。大岩一課長の「ホシを挙げる!」が聞けました(笑)犯人は自分が作ったスパイスを落としてしまいそれをごまかすためにコショウを撒いたんです。

第9話のあらすじとネタバレはこちらになります。見逃した方はぜひご覧ください。

 

スポンサーリンク

警視庁捜査一課長・第10話あらすじ・ネタバレ

「近づくとくしゃみの出る遺体が見つかった」という奇妙な知らせが入った。臨場した大岩は、捜査員たちがマスクをつけているにもかかわらず、一様にくしゃみをしているのに驚く。なんと遺体の周囲には、超大量のコショウがまかれていた。犯人はコショウで足跡を残さないのと他にも理由があるのではないか。

殺されていたのは人気カレー店の店長・住谷香奈(中別府葵)で、従業員によると、香奈は最近、“スパイス武田杯”のことで悩んでいたという。スパイス武田杯とは、辛口のグルメライター“スパイス武田”こと武田茂樹(片桐仁)が主催したカレーコンテストで、並みいる名店を差し置いて、香奈の店が優勝。

それ以降、売り上げが大きく伸びたのだが、武田と香奈が交際しているという噂もあり、出来レースを疑う出場者たちが多くいたという。

しびれ堂の店主・梨子

調べたところ、店内に飾られていた優勝トロフィーが凶器であることが判明した。

香奈の店のメニューを見た現場資料班刑事・平井真琴(斉藤由貴)は、被害者はカレーにさほど強いこだわりを持っていなかったように直感。手がかりを求め、コンテストで最下位に終わったカレー店「しびれ堂」を訪ねる。

ところが、開店時刻を過ぎても、店がオープンする気配はない…。

待ちすぎてしびれを切らしていた平井。(しびれ堂だけに?)常連客の松野平吉(渡辺正行)の話では、店主・出口梨子(南沢奈央)は自身のカレーの出来に満足することがなく、日々、悩み続けているのだという。でも待つ時間は長いが、来るのは早い。とても500円に見えないぐらい美味しかった。

梨子は一度悩むとまらない

梨子はいちど悩みはじめると止まらないタイプらしく、真琴がアリバイをたずねただけで、「うーん…」と煮詰まってしまう。そして夜通し思い出そうとするが、朝8時にふと思い出した。

「アリバイ時刻は仕込みをしていた」なぜ回答に時間がかかったのか不思議に思う平井だが、そのアリバイは嘘で事件当日の朝8時30分、UMAUMA堂の現場を通ったドライブレコーダーで梨子が映っていた。手には凶器のトロフィーを持っていた!

取り調べを受ける梨子

梨子はしびれ堂の開店資金を怪しい闇金からお金を借りていた。

平井はすぐに回答できる質問をする「どうしてカレー屋さん始めたんですか?」

香奈と一緒にUMAUMA堂を始めるが・・・

梨子は、1つの事をじっくりやることは苦ではなくて、カレー店でアルバイトして美味しいと褒められて嬉しかった。仕事のペースについていけなくて自分の居場所を探していた。そんなとき神保町のカレー店で香奈に会い、自分の貯金をUMAUMAカレーの開店費用に充てた。

しかし、梨子は一生懸命美味しいカレーを作ろうとしたけど、香奈が自分と距離を作ろうとした。そしてUMAUMA堂を辞め、闇金だと知らず自分のカレーのファンだという男からお金借りて自分でしびれ堂を開店した。

梨子のお店からトロフィーがみつかった。トロフィーからは被害者の血液しか見つからなかった。

梨子は従業員の米美を庇っていた

南川米美はUMAUMA堂でもアルバイトをしていた。米美は梨子がつくるカレーが大好きだった。梨子にお店を持つようにすすめ、3食賄い付きならタダ働きするといってしびれ堂で働いていた。

スパイス武田杯の出来レースに文句を言おうと事務所を訪ねたら、そこに闇金の男がいて武田に「自分の女に手を出すな」文句を言っていた。そして米実は事件当日のアリバイがなかった。

大岩が事件現場のコショウから何かを見つけ出すよう指示

「被害者の無念を晴らすのは我々だけだ。必ずホシをあげる!」

黒コショウを1粒ずつ調べたところ、コショウ以外の香辛料がみつかった。犯人は武田だった。梨子を殺害後、8時20分梨子に電話したのは武田だった。香奈はずっと梨子にはかなわないと言っていた。武田は特製ブレンドをつくって市販のコショウを使わずに自分がブレンドしたこの香辛料を使うように香奈に持っていったが邪見にされてしまう。

カッとなり殺してしまった。ばらまいた香辛料をごまかすために大量なコショウを撒いた。

武田は自分の罪を梨子に被せようとした

武田は梨子に電話し、米実がUMAUMA堂で優勝したトロフィーを盗もうとしている。梨子は急いでUMAUMA堂へいきトロフィーを持って帰る。家にかえってニュースをみて殺人事件だとわかり、米実が犯人だと勘違いしてしまったのだ。

そして米美をかばうため電話のことも言わなかった。米美は梨子にとって恩人だった。自分がカレー店やっているのは米実が美味しいと言ってくれたおかげ。

武田は「梨子さん、僕もあなたのカレーのファンでした」香奈が梨子に冷たかったのはあなたに勝ちたかったからだ。

大岩は梨子に「もっと自分に自信をもってください。」激励する。

スポンサーリンク

警視庁捜査一課長・主な登場人物

 

 

 

 

 

大岩純一(内藤剛志)

ドラマのタイトルになっている捜査一課長役。「ヒラから成りあがった捜査一課長」を謳い文句に毎回、現場に臨場しご遺体に手を合わせる一課長。

 

 

 

 

 

平井真琴(斎藤由貴)

大岩一課長から”大福”と呼ばれている。小山田管理官との掛け合いがとてもおもしろい。事件捜査にあたっては独特な観点から自ら捜査していく。大岩から絶大なしん

 

 

 

 

 

小山田大介(金田明夫)

警視庁捜査一課 庶務担当管理官です。「ヤマさん」と呼ばれており、捜査に関わる重要な証拠を見つけ出すことに長けており、「見つけのヤマさん」の異名を持ってます。大岩一課長の良き側近でお互いの信頼関係は毎回「こんな関係いいなあ」と思います。

 

 

 

 

 

 

笹川健志(本田博太郎)

警視庁刑事部長役で大岩のことをとても信頼しています。時には愛のある叱咤激励したり、また、捜査のヒントを伝えることがあります。事件が解決すると決まって「大岩純一捜査一課長!ベリーグッドです」とフルネームで呼んで褒めたたえます。

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

天笠一馬(鈴木裕樹)

このドラマが始まった当時は、大岩の運転手役でした、毎回の発生する事件を誰よりも大岩の一番近くでみてたまに捜査もしていました。その努力がみとめられ捜査一課の巡査部長として引き続き捜査一課長のために事件解決に奔走する約です。

 

 

 

 

 

 

奥野親道(塙 宣之(ナイツ))

大岩からは「ブランク」というあだ名で呼ばれており、一課長の社用車の運転手役です。お菓子が得意でいつも事件が難局を迎えているとお菓子をもって関係者を励ましているとても和む役柄。

 

 

 

 

 

大岩小春(床嶋佳子)

重責を担う夫を支える良き妻役で愛ネコビビとともに夫の大岩をいつも家で待っている。大岩が捜査の合間に自宅に戻って小春さんと話している会話の中に事件解決のヒントとなることがよくあって「小春、ありがとう!」といって捜査に戻る大岩がいつも晴れやかです。

2人には、20年前に病気で亡くした1人娘春菜ちゃんがいます。月命日に必ず娘の好物だったカレーライスとプリンを食します。そしてたまに春菜ちゃんの感謝の言葉とかを話していたりして、この自宅シーンは大岩がとても安堵していることが分かります。

 

 

 

 

 

武藤広樹(矢野浩二)

鑑識課のリーダーでいつも大岩一課長のために迅速に鑑識をおこない報告をします。鑑識メンバーに熱い言葉をかけて気合を入れます。

捜査一課長2020・第10話感想

今日の笹川刑事部長がロッカーから出てきました(笑)そして2時間も待機していたようで汗だくでした!理由は大岩に大切なことを伝えるためだったのですが、「悩んでいる人にたった一言話しかけることで突破できることができる。」それは梨子がうーんうーん唸っているときに誰かが褒めてくれたら救われるっていうことを伝えたかったんです。梨子は自分の従業員の米美を庇ってました。

あんなに有名な俳優さんがロッカーになんて。。。でも偉いですね。大御所の分類に入るひとなのに。。。ロッカーにはいるなんて。

カレーが食べたくなってしまいました。外でたべるカレーは自分では調理できない手間がかかったカレー食べたいですよね。

次回11話のあらすじはこちらになります。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました