【捜査一課長2020・第9話ネタバレ・感想】自分で墓穴を掘ったご遺体とは?

捜査一課長

2020年7月2日放送の第9話のあらすじとネタバレになります。

今回も捜査会議は会議室ではなく、事件が発生したお屋敷の中でした。埋蔵金とマイ雑巾をかけていたとは・・・。考えもしなかったです(笑)くわしくはネタバレをご覧ください。

 

第8話のあらすじとネタバレはこちらになります。見逃した方はぜひご覧ください。

スポンサーリンク

警視庁捜査一課長・第9話あらすじ・ネタバレ

警視庁捜査一課長・大岩純一(内藤剛志)のもとに、「自分で墓穴を掘った遺体が見つかった」という奇妙な知らせが入った。

被害者は、雑貨通信販売会社の経理部長・唐沢民矢(小松利昌)で、本社の庭の一角に掘られた穴の中で頭から血を流して死んでいた。

同じ会社の社員5名のうち犯人は誰だ?

現場にはアルミケースが残されており、1万円札が1枚だけフタに引っかかっていたことから、被害者は庭に埋まっていた大金入りケースを掘り出した直後、何者かに頭部を殴られて殺害され、ケース内の金を奪われたものと思われた。

凶器は石だが、現場に落ちていたのは小さい石・・・。大福は石を投げて殺害したのではないか?また石は雨も降ってないのに濡れていた。

事件が起きたのは早朝5時だったが、社長の倉前風吹(森尾由美)によると、社員たちは通常の勤務時間にとらわれず自由に働いているらしく、事件発生時には日課の掃除をしていたという風吹のほか、販売部長・小堺保(前野朋哉)、商品開発課長・足利玉美(黒沢あすか)、商品管理・新島朱音(小西桜子)仕入れ担当・蜷川義和(藤田富)ら計5人が社内にいたという。

埋蔵金が隠されている?

 

新島が第一発見者だった。その時刻は5時15分

また、敷地の裏手には川が流れており、敷地への出入りは不可能であることが判明。それ以外の場所には防犯カメラが設置されていて、事件発生から警察が駆け付けるまでの間に、出入りした人物はいなかったこともわかった。

小山田大介(金田明夫)管理官は奪われた金を社内くまなく捜索するが、そんな中、被害者・唐沢が「うちの会社には埋蔵金がある」と話していたそうだ。社長が被害者に「私の宝物は埋蔵金」と言っていたのを聞いていた社員もいた。埋蔵金があるのか?

現場は密室状だったため、5人の中の誰かが唐沢を殺害し現金を奪い社内のどこかに隠しているに違いない。捜査員で捜査する。

社員の5人は全員訳アリで、社長は見舞金を毎月振り込み

ザッカリータには3か月前に税務調査が入っていた。取引のない会社に振り込みをしていた形跡があった。その振込先の企業はこの会社の従業員と関係していた。全員クビになったり問題を起こしていて訳アリ社員であり、社長はその被害にあったお店、会社に見舞金を振り込みしていた。

そのお金について被害者と倉前社長が争いになり殺害されたのではないかと推察するが・・・。倉前社長は全否定する。

埋蔵金ではなくてマイ雑巾

平井は、笹川刑事部長からの大福のおみやげから、凶器の小さい石は何かに包まれていたんじゃないか?それは雑巾ではないかと疑う。

ある雑誌に、社長の三種の神器の一つである雑巾は違う雑巾が写っていた。

倉前社長は、「私の宝物は”マイ雑巾”」と言ったのだった。(埋蔵金ではなくて)

元々このアルミケースにはお金がなく、すべて使いきっていた。唐沢と2人でお金を隠したのは事実であり、迷惑をかけた相手に見舞金を渡していた。不正経理をしてでも公にできないお金を確保する必要があった。

貯めていたお金は脅されてどんどんなくなっていった。唐沢は会社が傾いていたためお金をとって逃げようと思った。

雑巾は祖母との大事な思い出であり雑貨屋になるきっかけ

倉前はグレていたとき、土足で祖母の家に上がり込んだ。祖母は泣きながら雑巾で土足の汚れを拭いた。その雑巾が凶器にくるまれて殺害されていた。

第一発見者の、新島が、雑巾をみつけて社長が犯人だと思って雑巾は川に投げていた。社長にいつも守ってもらったから庇いたかった。

「雑巾、必ず探し出しますから」大福は社長に約束する

捜査員は川の中を雑巾をさがし見つけ出した

見つけの山さんが雑巾を見つけた。大岩に報告が入る。

雑巾には小堺保の血液が見つかった。「この会社長くないし庭に埋めた埋蔵金を山分けしよう」という話を聞いてしまった。自分は借金に苦しんでいるのに許せないと思い、社長の雑巾に石をくるみ殴って殺した。お金はなかった。。。

大岩は、倉前社長は小堺が怪我させた相手に見舞金を振り込んでいたことを伝える。

いまこうやって顔をみて話すことができるんですよ!(スカイプ)もっと従業員と話すようにアドバイスする。

仲間たちのためにもう一度やり直すように伝える。

スポンサーリンク

警視庁捜査一課長・主な登場人物

 

 

 

 

 

大岩純一(内藤剛志)

ドラマのタイトルになっている捜査一課長役。「ヒラから成りあがった捜査一課長」を謳い文句に毎回、現場に臨場しご遺体に手を合わせる一課長。

 

 

 

 

 

平井真琴(斎藤由貴)

大岩一課長から”大福”と呼ばれている。小山田管理官との掛け合いがとてもおもしろい。事件捜査にあたっては独特な観点から自ら捜査していく。大岩から絶大なしん

 

 

 

 

 

小山田大介(金田明夫)

警視庁捜査一課 庶務担当管理官です。「ヤマさん」と呼ばれており、捜査に関わる重要な証拠を見つけ出すことに長けており、「見つけのヤマさん」の異名を持ってます。大岩一課長の良き側近でお互いの信頼関係は毎回「こんな関係いいなあ」と思います。

 

 

 

 

 

 

笹川健志(本田博太郎)

警視庁刑事部長役で大岩のことをとても信頼しています。時には愛のある叱咤激励したり、また、捜査のヒントを伝えることがあります。事件が解決すると決まって「大岩純一捜査一課長!ベリーグッドです」とフルネームで呼んで褒めたたえます。

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

天笠一馬(鈴木裕樹)

このドラマが始まった当時は、大岩の運転手役でした、毎回の発生する事件を誰よりも大岩の一番近くでみてたまに捜査もしていました。その努力がみとめられ捜査一課の巡査部長として引き続き捜査一課長のために事件解決に奔走する約です。

 

 

 

 

 

 

奥野親道(塙 宣之(ナイツ))

大岩からは「ブランク」というあだ名で呼ばれており、一課長の社用車の運転手役です。お菓子が得意でいつも事件が難局を迎えているとお菓子をもって関係者を励ましているとても和む役柄。

 

 

 

 

 

大岩小春(床嶋佳子)

重責を担う夫を支える良き妻役で愛ネコビビとともに夫の大岩をいつも家で待っている。大岩が捜査の合間に自宅に戻って小春さんと話している会話の中に事件解決のヒントとなることがよくあって「小春、ありがとう!」といって捜査に戻る大岩がいつも晴れやかです。

2人には、20年前に病気で亡くした1人娘春菜ちゃんがいます。月命日に必ず娘の好物だったカレーライスとプリンを食します。そしてたまに春菜ちゃんの感謝の言葉とかを話していたりして、この自宅シーンは大岩がとても安堵していることが分かります。

 

 

 

 

 

武藤広樹(矢野浩二)

鑑識課のリーダーでいつも大岩一課長のために迅速に鑑識をおこない報告をします。鑑識メンバーに熱い言葉をかけて気合を入れます。

捜査一課長2020・第9話感想

 

前回は気のせいかな?って思ったのですが、やっぱり笹川刑事部長のマスクは小さいです。アベノマスクっぽいです。そのマスクで笹川刑事部長は遊ぶのでそれがまたおもしろいです。

次回第10話のあらすじはこちらになります。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました