【捜査一課長2020・第8話ネタバレ・感想】ナタデココをもった被害者

捜査一課長

2020年6月25日夜8時に放送されます、第8話のあらすじネタバレになります。

ソーシャルディスタンスと密を避けた捜査会議に変わりました。世の中変わりましたね。。。

「逆張り」という言葉、初めて知ったんです。人とは違うことをやることだそうです。私は人と違うことは選ばない質ですが、たしかに人と同じことをするのが嫌だという人はたくさんいますよね。芸能人とかそうかな。。今回はその逆張りに惑わされる話でした。くわしくはネタバレ記事をご覧ください。

第7話をお見逃ししたかたはこちらのネタバレ記事をご覧ください。

スポンサーリンク

警視庁捜査一課長・第8話あらすじ・ネタバレ

「なに、ナタデココをもったご遺体が?すぐに臨場する」

警視庁捜査一課長・大岩純一(内藤剛志)のもとに「ナタデココを持った刺殺体が見つかった」という知らせが入った…! 現場は“高輪ゲートウェイ駅”の近くにある邸宅の裏庭で、殺されたのは飲食店の経営やプロデュースを手掛ける会社の社長・松友史郎(黄川田雅哉)。遺体の手には、かつてブームになったナタデココ入りジュースの空き缶が握られていた…。

松友は死の直前、ナイター競馬で“ハルヨチャン”という競走馬に10万円をつぎ込んでいたが、大ハズレだったらしい。また、1週間ほど前、株で3000万円の損失を被り、証券会社に乗り込んで証券会社の課長・勝矢順子(森脇英理子)らとトラブルになっていたこともわかった。

現場資料班刑事・平井真琴(斉藤由貴)は、被害者はまるで運を使い果たしてしまったようだと感じる。

逆張りする被害者の元妻・春世

直後、真琴は事件現場付近で警備員の制服を身に着けた女性を見かける。工事現場で働く彼女こそ、2年前に離婚した松友の前妻・坂手春世(中島亜梨沙)だと判明。

彼女が離婚後も松友の1億円の生命保険の受取人だったこと、さらに被害者が握っていたのと同じ缶入りナタデココジュースを買いこんでいたこともわかり、春世への疑惑が一気に深まる。

その後、真琴と小山田管理官(金田明夫)は春世を尾行。すると、彼女は鴨せいろが名物のそば店で山菜そばをオーダーしたり、タイムセールのコロッケに行列ができているのを無視して特上肉を買ったりと、みんなが選ばないことをあえて選択する天邪鬼=“逆張り”タイプのよう。世間とか時代の流れに遡って逆のことをするのを「逆張り」という。

春世は若い画家に貢いでいる

春世は結婚前、若竹証券に勤めていた。松友社長が数日前もめていた会社だった。

春世の同僚に、人とは逆のことをする人ではなかったか聞き込みするが、「すごく頑張り屋だけどうまく行かないひとだった」

平井が尾行していると、春世は栗宮という若者にお弁当とお金(20万円もの)わたしていた。

「私は彼の才能を応援しているだけ。」と言うが。。。

殺害された元夫も松友も無名の起業家だった。

松友が握っていたナタデココの缶に春世の指紋がついていた。大岩は任意同行を指示する。

スポンサーリンク

被害者・松友を捨てたのは春世の方だった

結果が出るまで時間がかかって割りに合わないのになぜ逆張りするか?平井は春世に尋ねると

「かわいそうだから・・・、ナタデココもたくさん購入したのもスーパーに売れ残っていてかわいそうだから。」

春世が貢いでいた栗宮は松友社長からパワハラを受けていたことがわかった。

小山田と平井は栗宮に聞き込みするが、「殺したいほど憎んでいたわけではない。」殺害を否定する。

春世は自分は松友に捨てられたと言ってたが、栗宮には「あの人変わったから捨てちゃった・・」と言っていた。

証券会社勤務時代、誰も認めてくれなくて営業部のお荷物でへとへとになるまで罵倒されて、それでもさらに厳しいノルマを課せられてもう限界だった。そのとき松友に出会った。「きっとあなたならうまくいく」と言ったら感動してすごい魅力的だった。結婚したらつまらない男になってしまった。彼の事全然恨んでない。と殺害を否認をする。

捜査会議は外で・・・

 

警察署の前に笹川刑事部長が立ち番をしている。刑事部長から見えない景色がある。視点を逆にするだけで見えるものがある。

捜査員を品川ゲートウェイ駅前に集めさせる。そして五反田駅、泉岳寺駅などの周辺の防犯カメラをしがみつぶしに確認し手がかりをみつけるよう指示する。

そして見つけの山さんが凶器を見つける。

松友を殺害したのは春世の同僚だった勝矢純子

春世の行動に惑わされたが、逆張りをするのが目的ではなく、春世は報われない人を純粋に応援していた。

松友社長を殺害したのは勝矢順子だった。都営バスのドライブレコーダーに姿が映っていた。

白金台のルートを選んで松友社長の自宅へいき、工事現場で捨ててあったナタデココの缶を握らせて春世に罪をなすりつけようとした。凶器を捨てていた姿が防犯カメラに映っていた。

順子は、春世の結婚相手の松友社長が成功したことに嫉妬した。春世を不幸にしてやろうと思った。しかしもうすでに2人は別れていた。その後、順子は松友と付き合っていた。

そして3000万円の損失を出してしまう。そして松友に「俺には春世が必要だった。」と言われ殺害を決断した。

大岩は「あなたは自分の勝ち負けにこだわりすぎだ。大事なのは相手の気持ちに寄り添うことじゃないですか?」

春世さん、これからどうされますか?大岩は春世に尋ねると

「頑張っても頑張っても報われない人を応援できればそれでいいんです。」

スポンサーリンク

警視庁捜査一課長・主な登場人物

 

 

 

 

 

大岩純一(内藤剛志)

ドラマのタイトルになっている捜査一課長役。「ヒラから成りあがった捜査一課長」を謳い文句に毎回、現場に臨場しご遺体に手を合わせる一課長。

 

 

 

 

 

平井真琴(斎藤由貴)

大岩一課長から”大福”と呼ばれている。小山田管理官との掛け合いがとてもおもしろい。事件捜査にあたっては独特な観点から自ら捜査していく。大岩から絶大なしん

 

 

 

 

 

小山田大介(金田明夫)

警視庁捜査一課 庶務担当管理官です。「ヤマさん」と呼ばれており、捜査に関わる重要な証拠を見つけ出すことに長けており、「見つけのヤマさん」の異名を持ってます。大岩一課長の良き側近でお互いの信頼関係は毎回「こんな関係いいなあ」と思います。

 

 

 

 

 

 

笹川健志(本田博太郎)

警視庁刑事部長役で大岩のことをとても信頼しています。時には愛のある叱咤激励したり、また、捜査のヒントを伝えることがあります。事件が解決すると決まって「大岩純一捜査一課長!ベリーグッドです」とフルネームで呼んで褒めたたえます。

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

天笠一馬(鈴木裕樹)

このドラマが始まった当時は、大岩の運転手役でした、毎回の発生する事件を誰よりも大岩の一番近くでみてたまに捜査もしていました。その努力がみとめられ捜査一課の巡査部長として引き続き捜査一課長のために事件解決に奔走する約です。

 

 

 

 

 

 

奥野親道(塙 宣之(ナイツ))

大岩からは「ブランク」というあだ名で呼ばれており、一課長の社用車の運転手役です。お菓子が得意でいつも事件が難局を迎えているとお菓子をもって関係者を励ましているとても和む役柄。

 

 

 

 

 

大岩小春(床嶋佳子)

重責を担う夫を支える良き妻役で愛ネコビビとともに夫の大岩をいつも家で待っている。大岩が捜査の合間に自宅に戻って小春さんと話している会話の中に事件解決のヒントとなることがよくあって「小春、ありがとう!」といって捜査に戻る大岩がいつも晴れやかです。

2人には、20年前に病気で亡くした1人娘春菜ちゃんがいます。月命日に必ず娘の好物だったカレーライスとプリンを食します。そしてたまに春菜ちゃんの感謝の言葉とかを話していたりして、この自宅シーンは大岩がとても安堵していることが分かります。

 

 

 

 

 

武藤広樹(矢野浩二)

鑑識課のリーダーでいつも大岩一課長のために迅速に鑑識をおこない報告をします。鑑識メンバーに熱い言葉をかけて気合を入れます。

捜査一課長2020・第8話感想

捜査会議が外になりました。たしかに”蜜”でしたもんね。

あとはソーシャルディスタンスがさく裂してました。不自然にも思いますが

このご時世、そうしないことでのパッシングのほうが怖いですよね。

でも雨の日はどうするんだろうか。。。

ナタデココ、昔、はやりましたが、ジュースは飲んだことなかったな。。。と思いました。

当面、捜査員は少ない状況が続くようです。大岩も今回は小山田と一緒に捜査してました。

次回、第9話のあらすじはこちらになります。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました