【相関図】着飾る恋には理由があって~一つ屋根の下でルームシェアしている面々

着飾る恋には理由があって

2021年4月20日スタート『着飾る恋には理由があって』相関図とキャスト紹介になります。

このドラマは価値観の違う男女がシェアハウスでさまざまな恋&友情を展開していきます。

川口春奈さんが演じる真柴くるみは、インテリアメーカーの広報でSNSでは約10万人のフォロワーを持ち、インフルエンサーとしても活躍する。綺麗に着飾ることで自分の居場所を得る頑張り屋の”着飾る女”を演じます。そして横浜流星さんが演じるのは藤野駿で、自由気ままに好きな時だけキッチンカーでバルを営業する料理人でシンプルな生活を追及する超マイペースな性格のミニマリストを演じます。

また向井理さん、中村アンさん、丸山隆平さんなど豪華な出演陣が連なります。詳しくは相関図とキャスト紹介をご覧ください。

第1話のあらすじとネタバレはこちらの記事です。

【ネタバレ】着飾る恋には理由があって第1話~着飾りガールとミニマリスト男
2021年4月20日スタート『着飾る恋には理由があって』第1話のあらすじとネタバレになります。 このドラマは価値観の違う男女がシェアハウスでさまざまな恋&友情を展開していきます。 川口春奈さんが演じる真柴くるみは、インテリアメーカーの広...

スポンサーリンク

着飾る恋には理由があって相関図

相関図はこちらです。

スポンサーリンク

着飾る恋には理由があってメインキャスト紹介

公式の発表になります。メインキャストと役柄紹介です。

真柴くるみ(ましば・くるみ)(26):川口春奈

インテリアメーカー「el Arco Iris」(エル・アルコ・イリス)の広報課社員。デザインの専門学校を卒業後、憧れの「el Arco Iris」に入社。プレスリリースやメルマガの作成、メディアの取材対応、広告宣伝のPR活動を担当。会社に貢献したいと宣伝を兼ねて始めたSNSでは、5年間毎日1日3回の更新を欠かさず、10万人近くのフォロワーを持ち、インフルエンサーとしても活躍。会社のため、フォロワーのため、そして7年間想いを寄せる葉山社長のために、“憧れの存在”であり続けようと背伸びする日々。

藤野駿(ふじの・しゅん)(26):横浜流星

こだわりのカレー1品で勝負しているキッチンカー「Fuji Bal」(フジバル)の店主。自由気ままに好きなときだけ営業している。雨の日は仕事をしない日もあるし、純利益が10万円稼げれば営業しない。土日と夜はきっちり休み、オンとオフをきちんと分ける生活をしている。色々なものにこだわりが強く、これと決めたものだけを愛用し、シンプルな生活を追求する超マイペースなミニマリスト。

寺井陽人(てらい・はると)(36):丸山隆平

駿のはとこ。オンラインカウンセラーとして24時間悩み相談を請け負っている。大学卒業後、東京の有名病院で勤務医として働いていたが、息苦しさに疑問を感じ、もっと患者を深く理解したい、きちんと時間をかけたいという想いから、32歳のときに退職。ストレスに悩まされる現代人の生きづらさに向き合いたいと、オンラインでのカウンセリングを始める。

早乙女香子(さおとめ・こうこ)(50):夏川結衣

マンションの家主。真柴の唯一の女友達で、売れっ子フードスタイリスト。料理の腕のみならず、培った企画力でレストランや機内食のプロデュースも務め、CMなどの撮影現場でも腕をふるう。私生活では、1年前に離婚。晴れてバツイチとなり、人生を盛り返すために、ロータス島へ1年間の語学留学を決意。留学している間、若者に格安で部屋を貸すことを思いつく。

スポンサーリンク

羽瀬彩夏(はせ・あやか)(33):中村アン

近所の高級スーパーでデリバリーのバイトをする傍ら、現代アートの絵画やオブジェを作るアーティストの卵。自力で個展を開いたり、オンラインのアートギャラリーに作品を掲載するも、生計を立てるまでには至らない。食材配達で知り合った香子に生活苦を知られ、ルームシェアに誘われた。食べることも寝ることも忘れて作業に没頭する。

葉山祥吾(はやま・しょうご)(40):向井理

「el Arco Iris」代表取締役社長。交換留学でスウェーデンに行った時、北欧ならではのインテリア雑貨に興味を持ち、大学卒業後、細貝とともに「el Arco Iris」を立ち上げる。店舗を持たず通信販売事業を展開し、自らも“若手社長”としてメディアに打って出たこともあり、経営が軌道に乗る。やりたいと思ったことは即実行タイプ。私生活では、30歳のときに結婚するも、3年ほどで離婚。

茅野七海(かやの・ななみ)(24):山下美月(乃木坂46)

「el Arco Iris」広報課社員。短大卒の入社3年目。真柴の良き後輩。しっかり者で、文章力が高く公式文書を書くのが得意。仕事のできる先輩を見て、勝手に自信喪失する後ろ向き女子だが、そんな素振りはおくびにも出さない。一見、低温に見えるが、内に秘める想いは熱い。

スポンサーリンク

秋葉亮(あきば・りょう)(23):高橋文哉

「el Arco Iris」広報課社員。大卒の入社1年目。いつもニコニコして笑顔の絶えない癒し系男子。女子社員から可愛がられているが、今まで恋愛運がなく自己評価が低い。うっかりミスも多く手を焼かせることもあるが、土壇場で突破力を発揮し逆転ホームランを打ったりする。

松下宏太郎(まつした・こうたろう)(45):飯尾和樹(ずん)

「el Arco Iris」広報課課長。どこか天然で陽気な性格。恐妻家で、子煩悩。用心深く心配性な性格で、お小遣いが少ないためケチな一面も。怒ると妙な迫力があるらしい。人柄が良く、持ち前の太鼓持ちっぷりで、人脈が豊富。祥吾にヘッドハントされ15年前に中途入社。

細貝雄一(ほそがい・ゆういち)(42):赤ペン瀧川

「el Arco Iris」副社長。祥吾と一緒に会社を立ち上げた、敏腕副社長。

桂木裕子(かつらぎ・ゆうこ)(35):木本夕貴

「el Arco Iris」代表取締役社長秘書。感情が表に出ないタイプで、社員から恐れられている。

【相関図】着飾る恋には理由があってまとめ

TBSの冠ドラマとなりますが、川口春奈さんと横浜流星さんという文句のつけどころがない、この2人が主役となります。川口春奈さんが演じるくるみは1日3回以上SNSを更新するインフルエンサーで、横浜流星さん演じる駿は、ミニマリスト。それだけで興味津々です。

中村アンさんもすごいバッサリ髪の毛切ってしまったんですね。相関図みてもぱっと見わからなかったです。アーティストの卵で、スーパーでアルバイトする女性のようです。ワイルドな感じ?

楽しみです。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました