【ネタバレ】その女ジルバ第2話~アララのシャルウイダンスはどうなる!?

その女ジルバ

2021年1月16日放送の『その女、ジルバ』第2話のあらすじと放送後にネタバレを追加します。

このドラマは、主人公の笛吹新(うすい あらた)40歳の誕生日、「ホステス募集 ただし40歳以上!」という貼り紙をみて思い切ってBARの扉を開きます。扉の向こうにいたのは自称50代~80代までの元気な高齢ホステスたち! これまでの価値観をがらりと変える歴戦の熟女たちの言葉と、現実を素直に受け入れ、前向きに生きはじめる新の姿を追って生きる力を与えてくれるストーリーです。

第1話をみたら新は全く化粧してなくて何もかもがツイてない!不幸そうな女性だったのが、BARで美しく変身するところが、とても元気になりました。40歳という設定ですけど、やっぱり女性は綺麗であることが元気の源なのもしれません。

見逃した方は全話をFODでみることができます。OLD JACK&ROSEのアララを見ていると元気がもらえます。アラフォー世代から、老後を考えている人はぜひこのドラマはおすすめです!無料トライアル期間中に見てしまいましょう(笑)

FODプレミアム

その女、ジルバ第2話ねたばれ

熟女バーOLD JACK&ROSEでは、ダンスタイムがあった。全く踊れなかった新(池脇千鶴)に、バーのマスタ幸吉と孫娘のマイカが新に教える。新は会社、家でも練習を重ね、常連さんと踊れるようになる。

一方、新が日中勤める倉庫ではリストラが行われようとしており、リストラ対象リストには新の名前があった。それを知ったスミレが前園と新を呼び出し、話をつけようとする。

スポンサーリンク

その女、ジルバ第2話あらすじ

新(池脇千鶴)は、結婚直前で婚約者に裏切られ破談となった上、リストラで倉庫勤務(姥捨て山)に回されてしまい、お先真っ暗、夢なし、貯金なし、恋人なし…だったが、40歳の誕生日、超高齢熟女バー『OLD JACK&ROSE』の扉をたたき、週2日の見習いホステス“アララ”として働き出した。

新は、熟女ホステスたちの明るくポジティブな姿に感化され、昼間の職場でも前向きで楽しそうな新の姿に、スミレ(江口のりこ) やみか(真飛聖)らは「まさか…ホスト⁉」と勘違い。元カレの前園(山崎樹範)も内心気が気ではない。

店では、くじらママ(草笛光子)やエリー(中田喜子)、ナマコ(久本雅美)、ひなぎく(草村礼子)ら熟女ホステスの先輩らとともに慣れないながらもまずまずの接客ぶりだったが、早くも試練が訪れる。

突然、フロアが暗転。流れ始めるムーディな音楽。

ダンス特訓を決意するアララ

『OLD JACK&ROSE』恒例のダンスタイムが始まった!
次々とソシアルダンスを踊り始める常連客とホステスたちの中、ダンス経験のない新はひたすらオロオロ。

常連客の花山(芋洗坂係長)に誘われ、おそるおそる踊り始めた新だったが、その姿はまるで相撲の取り組み。フロアの中で、あっちでゴツン、こっちでゴツン、あげくにはよろけてしまい常連客・石崎さんの膝の上に座ってしまう始末。

そんな姿を見かねたマスターの幸吉(品川徹)は、ダンスの特訓を言い渡す。
「女としての自信をつけるため…女は四十から!」新は特訓することにしたが、運動音痴のため憂鬱になる。

スポンサーリンク

新は踊れるようになった

新はダンス特訓するために早退してバーへ、マスターの孫娘・マイカが教えることに。

新は運動音痴で、予想以上に時間がかかりそう。だったがマスターとジルバを踊ると羽が生えたみたいに新は楽しく踊ることができた。

それから仕事中でも、それ以外でも何をしててもダンスの練習をする新

そしてリベンジ、新はこの間迷惑をかけてしまった常連客の花山に「私と踊りませんか?」と声をかけ、完璧に踊ることができた。踊りながら私はやっぱり接客が好きなんだと認識する。

踊っているアララをみながら、幸吉は走馬灯のように昔のことを思い出していた。幸吉にダンスを教えたのは初恋のジルバだった。

新はリストラされてしまう!?

幸吉から、はじめてのお給料を封筒で手渡される。新は嬉しかった。

新は、もらったお給料で、洋服かってお化粧してオシャレして出勤した。

40なんて、まだこれから伸び盛り。

しかし、会社から退職勧奨リストには新の名前があり、チームリーダーのスミレは、前園と新を呼び出し話をつけようとする。

スポンサーリンク

その女、ジルバ相関図とキャスト

 

笛吹新・・・池脇千鶴

浜田スミレ・・・江口のりこ

村木みか・・・真飛聖

前園真琴・・・山崎樹範

大田原真知(チーママ)・・・中尾ミエ

七子(ナマコ)・・・久本雅美

菊子(ひなぎく)・・・草村礼子

花富屋敷衿子(エリー)・・・中田喜子

蛇ノ目幸吉(マスター)・・・品川徹

久慈きら子(くじらママ)・・・草笛光子

その女ジルバ第2話・感想

ドラマ中に、新(池脇千鶴)くじらママ(草笛光子)やエリー(中田喜子)、ナマコ(久本雅美)、ひなぎく(草村礼子)の若いころのアルバムをみるシーンがあったのですが、すべて本物でみなさんの若い頃の写真をみることができました。ひなぎくを演じている草村玲子さんて、若いころを知らなかったので貴重でした。みなさん4人ともすごい綺麗です。

アララに恋していると思われる常連の石崎さんがなんか控えめでいいんですよね。。。。

女な四十から!!がこのドラマの合言葉なのですが、背筋を伸ばしたり、お化粧してオシャレするだけで5歳ぐらい若く見えますね。やっぱり手を抜いてはいけないんだな。。。っておもいつつやっぱり楽チンを選んでしまう私・・・・

でもジルバって楽しそうに思いました。コロナが収まったら習いに行こうかしら。。。すごい楽しそうでそう思ってしまいました。

次回第3話のあらすじはこちらになります。

【ネタバレ】その女ジルバ第3話~職場の同僚にアララがバレてしまって!?
2021年1月23日放送の『その女、ジルバ』第3話のあらすじとネタバレになります。 このドラマは、主人公の笛吹新(うすい あらた)40歳の誕生日、「ホステス募集 ただし40歳以上!」という貼り紙をみて思い切ってBARの扉を開きます。扉の向...

スポンサーリンク

 

タイトルとURLをコピーしました