【テレビ朝日ドラマ・『嫉妬』・ネタバレ感想】檀れい×国仲涼子の壮絶バトル!!

単発スペシャル

2020年8月16日夜9時からテレビ朝日系列で2時間サスペンス『嫉妬』あらすじとネタバレになります。

嫉妬ってたった2文字ですけど日常に潜んでいるんですね。。。檀れいさんと国仲涼子さんの闘いは美しかったです。2人とも品があるので、銀座のホステスがハマってました。。。旦那を殺害したのは文奈(国仲涼子)ですが、心中ではなかったです。詳しくはネタバレ記事をご覧ください。

原田泰造さんも2役で出演されていて純朴そうな夫、そして裏がある雑誌記者と2役を見事に演じてました。

この『嫉妬』は、昭和の名作映画で、2020年版ドラマとなってよみがえるそうです。昭和の映画のときは、岩下志麻×浅丘ルリ子という2大女優が火花を散らした1971年公開の映画『嫉妬』(監督・貞永方久)、迫力があるこの2人の嫉妬も見たくなりました。。

スポンサーリンク

ドラマスペシャル『嫉妬』あらすじ・ねたばれ

野口姿津花(檀れい)は、広告代理店に勤める夫・高史(原田泰造)と結婚10年目の主婦。小さなすれ違いはあるものの、些細な不満には目をつむり、ささやかな幸せを守ることだけを考えて暮らしてきた。そんな平凡の暮らしが嫉妬の対象になると思ってみなかった。

姿津花の夫が無理心中で亡くなってしまう

 ところがある日、大阪に出張しているはずの高史が箱根の旅館で死亡した、という知らせが箱根警察署から連絡が入る。高史は銀座の高級クラブのママ・永井文奈(国仲涼子)と宿泊しており、2人は同じ睡眠薬を飲んで心中。文奈だけが一命をとりとめたという。

 激しいショックを受ける姿津花に、追い打ちをかけるような出来事が起きる。姿津花が席を外している間に文奈が葬儀に現れ、これみよがしに100万円もの香典を置いていったのだ。

また高史にそっくりな男が葬儀場に現れて。。。。

動揺さめやらぬ姿津花に、高史の上司・佐伯信勝(手塚とおる)がさらなる衝撃を突きつけた。

高史が文奈に横領した8000万円貢いでいた?

なんと高史が会社の金8000万円を私的流用し、文奈に貢いでいたというのだ。

城所刑事によると、文奈は、薬を持ってきたのは高史で、一方的に無理心中をしようとした。しかし当時の状況を詳しく聞こうとすると覚えてないと証言する。

姿津花は確かめたい一心で雨の中、姿津花は文奈のクラブに向かう。だが、そこへ姿津花を自分のものにしようと狙う佐伯が出現。拒否した姿津花は逆上した佐伯に突き飛ばされ、車道に倒れ込んでしまう。 

そのとき、急停車したタクシーから降りてきたのは、ほかでもない文奈だった。心中相手の妻だとは気づいていないらしく、文奈はずぶ濡れの姿津花に手を差し伸べ、自分の店に連れていき、ドレスを貸す。

「みすぼらしい格好でかわいそう」「その気になったらいつでもウチの店に来て。力になってあげる」

姿津花は自宅に戻り、泣き叫ぶ。。。。

姿津花の文奈に嫉妬、ホステスとして働きはじめる

文奈に哀れみの言葉をかけられたとき、姿津花の胸に思いがけず、嫉妬が芽生えはじめる。 

その後、高史が結婚記念日に思い出のレストランを予約していたことが判明。姿津花はレストランに行く。ガーベラの花が飾られている。ガーベラの花言葉は「前進する、、、」

堅実な夫が横領、ましてや心中などするはずはない…。そう確信した姿津花は、文奈が置いていった香典100万円を惜しげもなく使い、メークや髪形を変えて再び文奈のクラブへ。

姿津花は文奈に「私負けませんから」

夫の死の真相を探るべく、“志村実里”という偽名を使い、ホステスとして働きはじめる。

姿津花は文奈に嫉妬しながら働く

姿津花は文奈をみている。ホステスの季穂は「ママに対しての嫉妬心がすごい」とママに伝えるが。。。美里の話し相手になるようにと伝える。

季穂は、この間死んだお客さんと、ママはお店でよく話していた。飲み代は会社の経費で支払っていた。悪いこと言わないからママのこと詮索しないほうがいい。

文奈「いまはあなたに嫉妬している。あなたは純情すぎる。わたしにない物を持っている」

姿津花は私はもう何も失うものなんてない。。。

姿津花はママを家まで送らせる

最近このクラブの金回りがいい。ということを飲み仲間の2人に話していたことがわかった。そして高史がママがしている指輪が誰からもらったものか、聞いていたとの事。

姿津花は、夫ではなく文奈から心中の話をもちかけ、死んだ振りしたに違いない。。。

文奈が飲みすぎてしまい、姿津花に家まで送らせる。ママの荷物を取りにいくと、ロッカーには夫との写真がこれみよがしに飾ってあった。

文奈「私は彼のことが本当に好きだった。」

姿津花は「死んだ振りをしただけではないですか?致死量の薬を飲めばよかったはず」

文奈「言っていることはわかる。だが、私たち2人に死ぬ道以外方法はなかった。」

姿津花「私は人から後ろ指をさされ、母は資産家と結婚し、私が生まれた。しかしあっという間に新しい女性ができて私と母親は追い出された。そしてわたしを施設に預け、その後自殺してしまった。母親は嫉妬に殺された。わたしは母のようになりたくない。その一心で生きてきた」

文奈「女は嫉妬の塊、女が顔を合わせれば嫉妬の火花をちらして戦う宿命にあうのよ、現にあなたも戻ってきた」

これは女の闘い、もう後戻りできない。

文奈の家には夫が探していた指輪がなかった。そして店にあった飾りものが自宅にあった。

高史の会社が不正経理の疑いがあった

そんな姿津花の前に、亡き夫とどこか面影の似た雑誌記者・鈴田雄一郎(原田泰造・2役)が現れた。場慣れしてない新人を頼んだとの事。鈴田の背後にはガーベラがあった。

鈴田から電話があり店の外で会う。

姿津花は自分は亡くなった夫の妻だと告白する。夫の死に納得がいかず調べていたと打ち明ける。

鈴田はあのクラブに行ったのは、雑誌の潜入捜査で取材に行った。文奈ママの心中事件を調べることだった。亡くなられた男性の会社には不正経理の噂があり地検が秘密義に調べていた矢先だった。文奈と岡村常務が葬儀の外で会っているのをみている。あのクラブの財政状況をみたら、電宝堂(高史の会社)から消えたお金があのクラブに流れていることがわかった。夫はもしかしたら会社の不正を調べるために文奈ママをつかって心中とみせかけて殺害された可能性がある。

鈴田は自分と一緒に真相を明らかにしようと伝える。

文奈が何者かに襲われる

城所刑事が、やってくる。

文奈は、岡村常務と永井文奈の関係を調べていた。岡村が不正をしたお金は文奈に流れていた。もっと具体的な証拠がほしいという城所に、姿津花は葬儀の際、文奈が持ってきたお香典を渡した。そのお香典には岡村の指紋があるはず。

文奈が何者かに襲われた。

彼女の口を封じたい人物、彼女を恨む人物の犯行ではないか。

病室で1枚の写真があった。そこには箱根で撮った文奈と高史の写真だった。文奈あの指輪をしていた。

姿津花は「早く治して、、続きはそのあとしましょう」

鈴田と一緒に箱根へいく

文奈は蝶の高級な指輪がその日依頼つけてない。鈴田は、夫が箱根に行ったのは他に何が目的があったのかもしれない。箱根に行ってしらべましょうと提案する。

そこに高史の会社の上司・佐伯が後をつけていた。

心中した旅館にいくと、仲居から、心中した朝、部屋にはいったら文奈は「どうして私を連れていってくれなかったの?」と言っていた。姿津花は文奈も睡眠薬を飲んでいて朦朧としている中で嘘をつくことができるか。。鈴田は演技だと言うが。。。

文奈がつけていた指輪は、2人が外出する前はつけていたが、戻ったときには、つけてなかった・・・・と仲居から聞く。

蝶の指輪は岡村の愛人の証だった

高史の妹、聖子がなんと岡村常務の秘書になっていた。

聖子は岡村常務を疑うのは違うという。なんと聖子の指輪にはあの蝶の指輪をつけていた。

これは永井文奈にプレゼントした指輪と同じ、愛人のしるしだと伝える。

姿津花は、岡村が不正経理の張本人で、高史の殺害を永井文奈に依頼したと伝えるが、岡村常務の周りを何年も、うろついているのが姿津花にも取り付いている。

その男は鈴田だった。

箱根で関係者全員が集まる

箱根で文奈は岡村常務と会う。「あなただけは許さない」ナイフをかたむける文奈

後をついてきた姿津花

夫は岡村の不正を明らかにするために文奈に近づいたフリをした。

そこに鈴田が。。

鈴田の目的は最初から岡村の裏の顔を暴くことだった。鈴田は離婚していたが、その妻が岡村に盗られていた。鈴田は姿津花を利用して岡村の不正を暴こうとした。

心中にみせかけて殺すよう指示したのは岡村だった

文奈を襲ったのは、前のママ、内河 渚だった。文奈が犯人の顔をみたのに言わなかったのは、嫉妬の怖さに怯えたから。。文奈は感情むき出しにして他人だけではなく自分も傷つけた。だが岡村に歯向かうことができなかった。昔の男が裏社会に生きる悪い男だった。その男と別れるために裏の世界にも通じている岡村の言うことは逆らえなかった。あれから岡村に都合よくつかわれる人生を送ってきた。

岡村はでたらめの領収書をかかせ、莫大な接待費を着服していた。その見返りはどうでもいいガラクタばかり。。

心中に見せかけて殺すように指示したのも岡村です。高史を箱根によびだしたのも岡村だった。

岡村は「家族を路頭に迷わせていいのか?」と脅すが、高史は、

「妻はわたしのことを誰よりも理解しています。馬鹿正直で適当な嘘をつけず、出世街道から外れた私にはもったいな女です」

岡村は文奈から蝶の指輪を回収していた。そして睡眠薬を渡していた。

文奈は妻への嫉妬で意識がある高史を助けなかった。。。

文奈は心中にみせかけて夫を殺した。いつの間にか私は高史を本気で愛していた。

姿津花は「好きだったら殺せるわけないじゃない!」

だが文奈は「好きだから殺すしかなかった」

文奈は奥さんと別れて私と一緒に暮らさない?と高史に言うが・・・否定しない。

文奈は睡眠薬をいれたお酒を高史に渡す。

目を覚ますと、結局私は死にきれず、高史は息があった。

何故助けなかったのか?

孝史は「姿津花・・・姿津花」死ぬ間際まで姿津花の名前を呼び続けた。文奈は嫉妬して助けなかった。。。。。

姿津花「夫を返してーーーーーー」

高史は姿津花の喜んだ顔が見たかった。。。

旦那の上司だった佐伯に聞いたところ高史に不正を調べさせて、手柄を横取りするつもりだったそうです。旦那が佐伯に従ったのは姿津花のためだった。不正が暴かれれば、会社は佐伯を中心とした体制になる。そのとき君の処遇は保障する。姿津花にいい暮らしをさせてあげられると言っていたそうだ。

姿津花はそんな暮らしを望んでいなかった。

城所は、うだつが上がらない妻に「ありがとう」と言えなかったのが心残りです。旦那が出世話に飛びついてのはあなたの喜ぶ顔をみたかった。「ありがとう」と言いたかったにちがいない。。。と言い残す。

もっと素直にお互いを思いやられたら。。。

姿津花は銀座のクラブを辞めて普通の会社に就職しようとする。

嫉妬から何もいいことが生まれない、ありのままの私のほうが輝いてみえるでしょ。あなたにだけは嫉妬してもらえるといいな。。。。

スポンサーリンク

ドラマスペシャル『嫉妬』メインキャスト

野口姿津花/志村実里・・・・・檀れい

結婚10年目の主婦。他人に嫉妬を抱くことも、逆に誰かに嫉妬されることも嫌悪し、ひたすら平凡で無難な人生を歩んできた。ところがある日、広告代理店勤務の夫・高史が見知らぬ女と心中死を遂げ、失意のどん底に落とされる。
夫の死の真相を探るため、“志村実里”という偽名を使ってホステスとなり、生き残った心中相手・永井文奈に接近。あれほど嫌っていた嫉妬という感情に揺さぶられながら、真実を突き止めていく。

永井文奈・・・・・国仲涼子

銀座のクラブ『紫嶺』のママ。姿津花の夫・高史と心中して自分だけ生き残った。
自分より輝いている相手はどんな手を使っても引きずりおろす、という嫉妬のかたまりのような女。
したたかで計算高く、姿津花の正体に気づいているかどうかすらつかめない。妖艶さと少女のような愛らしさをあわせ持つ、魅力的な小悪魔。

野口聖子・・・・・トリンドル玲奈

姿津花の義理の妹。フリーのウェブデザイナー。大好きな兄・高史を奪った姿津花に対し、“嫉妬心”を抱き、陰湿な嫌がらせをしてきた。兄の死の真相を掴むため、『電宝堂』で働きはじめるが…。

野口時江・・・・・藤田弓子

姿津花の義理の母。息子を溺愛し、姿津花に対して嫌味な態度を取る。

岡村忠行・・・・・榎木孝明

『電宝堂』常務。高史や佐伯の所属する部門を統括している。

佐伯信勝・・・・手塚とおる

高史の上司。『電宝堂』課長。一見、面倒見のよい親切な男で、高史の死後、姿津花の力になろうとするが、目的は彼女を自分のものにすることだった…!?

城所良一・・・・・中村梅雀

神奈川県警箱根警察署刑事課のベテラン刑事。高史と文奈の心中事件の捜査を担当する。

鈴田雄一郎・・・・・原田泰造

雑誌記者。高史の死後まもなく姿津花の前に現れ、夫の死の真相を探る彼女に協力を申し出る。高史とどこか面影の似た鈴田に、姿津花は…。

野口高史・・・・・原田泰造(2役)

姿津花の夫。大手広告代理店『電宝堂』の係長。堅実な性格で、出世の本流からは外れているが、仕事も真面目にこなし、家庭も大切にしてきた。ところが突然、文奈と心中し他界してしまう。

ドラマスペシャル『嫉妬』感想

女性の嫉妬は怖い。。ってよく聞きますが、職場でも恋愛でも人間関係がうまくいかないときは必ず嫉妬から来ている。。。たしかにそうなんですよね・・・誰もが弱いですからね。他人の芝生は青く見えてしまいます。。。。

でも嫉妬から人を殺してしまうのはよっぽど自分に自信がないからなのかな。。人の気持ちは分からないに行きつきますね。

檀れいさんの気品あふれる姿、、、華麗に変身したホステス姿は、あの風と共に去りぬのヴィヴィアンリーを少し思い出しました。地味な主婦とホステス・・・真逆ですけど、磨けば変わるものですね。国仲涼子さんも高史(原田泰造さん)と2人で旅館にいるときの化粧が薄いとのギャップもよかったです。檀れいさんホステス姿、国仲涼子さんは地味なほうの姿がよかったです。

でも最後は夫に裏切られてないとわかってよかったな。。姿津花は強く生きていきそう。。。文奈は刑務所か。。。この差は「嫉妬」ですね。。。

久しぶりに女性2人の闘いの本格的サスペンスをみました。刑事役の梅雀さんも泰三さんも見事な2役の演技もすべてよかったです。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました