【新・信濃のコロンボ2・伊藤淳史】~北国街道殺人事件

2021年スペシャル

2021年8月23日(月)8:00〜9:54「新・信濃のコロンボ 北国街道殺人事件」のあらすじとネタバレになります。

新シリーズでは、コロンボが伊藤淳史さんで、岡部が三浦貴大さん、そして梅雀さんはコロンボの上司です。

信濃のコロンボの2時間ドラマは、ざっくり説明すると長野県警に自称「コロンボ」こと竹村岩男刑事が事件を解決していきます。コロンボといえば、茶色コートということで、ゲン担ぎでいつも同じコート着ているんです。刑事の勘は本物。そして事件はかならず東京でも発生して竹村が懇意にしている警視庁・岡部と一緒に捜査して両方とも事件を解決していきます。

スポンサーリンク

信濃のコロンボ2北国街道殺人事件ネタバレ

長野県・野尻湖の一区画から、頭部のない死後2~3年が経過した白骨遺体が発見される。遺体が良寛和尚の人物研究における第一人者で大学教授の畑野高秀(佐戸井けん太)であることを突き止める。

畑野には25歳年下の美しき妻・恭子(栗山千明)だ。さらに調べを進めると、恭子が家政婦をしていた谷永和子(伊藤かずえ)も捜査線上に浮上。和子は過去3人の夫が不審死しており、警視庁の岡部和雄(三浦貴大)がマークしていた。

恭子は3年前、谷永(川端)和子の家政婦をしており2人は顔見知りだった。和子には養子の川端篤がいて、過去2人の夫を殺害していた。恭子は夫を殺したいと和子に協力を要請していた。

しかし夫・畑野高秀は生きていた。故郷の父親を見返すために必死に頑張ったが借金で首が回らず、自分は死んだとして替え玉をつくり逃げることが目的だった。寺で見つかった畑野、恭子は心底、畑野高秀に惚れていた。結局、長野管轄では誰も殺害されてなかった。

詳しいストーリーはあらすじをご覧ください。

スポンサーリンク

信濃のコロンボ2北国街道殺人事件あらすじ

長野県・野尻湖で化石発掘調査をしている一区画から、頭部のない死後2~3年が経過した白骨遺体が発見される。事件を担当する竹村岩男(伊藤淳史)ら長野県警捜査一課の捜査は難航。2カ月経っても身元不明のままだったが、大森刑事部長(中村梅雀)の助言もあり、遺体が良寛和尚の人物研究における第一人者で大学教授の畑野高秀(佐戸井けん太)であることを突き止める。

畑野は多額の借金を抱えていた。また1憶5千万円もの高額な生命保険が掛けられていたことも判明。受取人は25歳年下の美しき妻・恭子(栗山千明)だ。さらに調べを進めると、恭子が家政婦をしていた谷永和子(伊藤かずえ)も捜査線上に浮上。しかも彼女は高額の保険金が掛かった夫らの不審死に関わっているとして、警視庁の岡部和雄(三浦貴大)がマークしている人物だった。

恭子は3年前、谷永(川端)和子の家政婦をしていた。竹村は谷永に会いにいくと岡部がいた。岡部によると、和子はかつて2人の夫が不審死しており多額の保険金を受け取っている。そして3人目の夫が最近不審死したばかりだった。和子の養子に川端という男がいた。“令和の毒婦”と睨む2人が絡んだ、北国街道と東京の不審死事件はつながっているのか?

スポンサーリンク

恭子は毒婦なのか?

岡部が、川端篤を聴収する。谷永を殺害したことを認める。しかし和子からの指示ではなく独断だったと自供する。和子が川端を養子にしたのは多額の生命保険がかけらていた。自分だけが特別だと思っていた川端は自尊心が傷つけられ、牢屋で自殺を図った。

川端は過去2件の殺人を認める。竹村は川端に恭子との関係を聞く。

恭子は夫を殺したいから和子さんを紹介するよう依頼された。和子は恭子を信用していたらしい。

そして谷永和子が逮捕される。本人は犯行を否認、すべては川端が勝手にやったと自供。岡部は川端のスマホに残っていた留守電を聞かせる。

竹村は恭子に会いに行く。川端の証言をぶつけるがまったく動じない。竹村は必ず証拠をみつけて逮捕すると言い切ってしまう。恭子は最初に結婚した夫からDVをうけホステスになったが、忽然と消えてしまった。当時の客のヒモになったという噂があったが。。。定かではない。

竹村は恭子を長崎峰病院へ連れていく。恭子の恋人は篠崎事務局長だった。篠崎は引き取り手がいない遺体を火葬し遺骨を替え玉に使用していた。

畑野高秀は生きていた。故郷の父親を見返すために必死に頑張ったが借金までできてしまう。その借金の返済ですべてを終わりにしたかった。自殺しようとしたとき恭子に止められ、寺に居候していた。

長野管轄では誰も殺害されてなかった。。。という結末

スポンサーリンク

信濃のコロンボ2北国街道殺人事件キャスト

竹村岩男…伊藤淳史
岡部和雄…三浦貴大
竹村陽子…美村里江
北川 忠…利重 剛
出崎孝治…長谷川朝晴

谷永和子…伊藤かずえ
畑野高秀…佐戸井けん太
篠原清司…小沢和義

畑野恭子…栗山千明
大森修治…中村梅雀

吉井正義…戸田昌宏
木下真司…染谷俊之
寺沢美由紀…矢島舞美
坂口 太…岩上隼也

川端 篤…永岡 佑
田尻風見子…矢作穂香
野村良樹…平野宏周

信濃のコロンボ2北国街道殺人事件・感想

信濃のコロンボが伊藤淳史さんですが、シリーズ2ということで、まだ馴染んでいないのですが、(梅雀さんの印象が強いので)でも刑事ドラマで殺人事件ですけど、ギスギスしてないところが良いです。岡部と竹村のタッグも見れましたし、もっと2人でぐいぐい捜査してほしいですが、やっぱりコロナ渦ということもあり、捜査についてはあっさりしてましたね。

美人妻の畑野恭子を演じた栗山千明さんに翻弄された事件でした。結局恭子はだれも殺害してなく替え玉の方法を模索していた。。という落ちです。

もう1人の毒婦の和子(伊藤かずえさん)は3人も殺害指示しており対照的でした。

また来年になるかもしれませんが、シリーズ3を楽しみにしてます。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました