【ネタバレ】ドラマ潜水艦カッペリーニ号の冒険~日本とイタリア人カップルの物語

2022年スペシャルドラマ

2022年1月3日21時~放送の『潜水艦カッペリーニ号の冒険』のあらすじとネタバレと感想になります。

このドラマは、第二次世界大戦中に運命的な出会いを果たすことになる、厳格な日本海軍軍人と陽気なイタリア人たちの国境を超えた友情と恋の物語です。

主人公であり、厳格な日本海軍少佐・速水洋平(はやみ・ようへい)を演じるのは二宮和也さん、一方、速水の妹・早季子(さきこ)を演じる有村架純さんです。

価値観、人生観、言語、全てが異なる日本人とイタリア人。衝突を繰り返し、トラブル続きの日々を送る速水たちだが、どんなにつらい状況であっても人生を謳歌(おうか)しようとするイタリア人の前向きな姿勢と愛情深い心に接しているうちに、速水の凝り固まった心も次第に和らいでいき、国境を越えた確かな友情が芽生えていくようです。

スポンサーリンク

ドラマ潜水艦カッペリーニ号の冒険あらすじ

1943年9月、太平洋のど真ん中、潜水艦コマンダンテ・カッペリーニ号が日本へ物資輸送のために向かっていた。出発時は日本と同盟を組む枢軸国だったイタリアだが、出航した後、イタリアは連合国側に寝返っていた。乗組員のイタリア人・アベーレ(ペッペ)、シモーネ(ベリッシモ・フランチェスコ)、アンジェロ(パオロ)は渡航中にまさかイタリアが日本の敵国になっていることなどつゆ知らず、日本から大歓迎を受けると期待に胸を膨らましていた。

ところが、長旅を終えようやく日本に到着した3人を待っていたのは鬼の形相をした日本海軍少佐・速水洋平(二宮和也)だった。速水は、“人生は国を守るためにこそある”と信じてやまない超堅物。かつて、イタリアに滞在していたが、“食べて、歌って、恋をして”を信条にするイタリア人の軟派な国民性を毛嫌いしていた。

実はイタリア語を流ちょうに話せるが、上司である大佐・廣田正(堤真一)から「イタリア語を話せるのは隠しておけ。イタリア人たちが油断してしゃべることを聞き出せ」と命じるのだった。

そんなことも知らず、イタリア人たちは速水の前で、イタリア語で悪口を言いたい放題に話してしまう。全て理解できている速水は、グッと堪えながら知らないふりをする。

日本に到着した乗組員は大日本帝国の全員捕虜となる。なんとか脱走をもくろむアベーレ、シモーネ、アンジェロ。

スポンサーリンク

洋平と陽気な3人は一つ屋根の下

一方、速水の妹の早季子(有村架純)と同僚の鈴木香苗(愛希れいか)たちは荷車を引いて歩いていると、日本兵に引率されたイタリア人たちに出会う。その瞬間アベーレは早季子に一目ぼれしてしまう。そして洋平が追いかけてくるが、好意をもっている香苗がいて、デレデレ状態。。。。3人に惚れていることを見透かれてしまう。

2か月後、洋平はカッペリーニ号の艦長に抜擢される。しかし潜水艦は動かない。陽平はイタリア人の捕虜たちに修理する者を募ると、3人が立候補した。もし直せたら、日本人と同じ扱いに、直せなかったら『ハラキリ』

そしてエンジンは動き、アベーレ、シモーネ、アンジェロは正式に洋平の操艦の手伝いをすることになった。さらに3人を洋平の自宅である旅館で預かるよう廣田から指示される。野獣どもを預かることに不安になる洋平だが。。。。

3人は旅館をみるやいなや、汚い!と怒り帰ろうとするが、早季子をみて一変。そしてとうとう洋平はイタリア語を流暢にしゃべってしまった。

スポンサーリンク

カッペリーニ号の出撃

洋平は早季子の身を案じて、3人をイタリア領事館へ連れていくが日本軍に入ったため、保護を拒否される。同情した洋平は旅館に連れて帰ることに。

恋の力なのか、3人はものすごい速さで日本語をマスターしていった。しかし戦況は悪くなる一方。そんな中、アベーレ(阿部さん)達は洋平のバイクを直し、阿部さんは早季子とドライブに行く。そこは兄に連れてきてもらったイタリアのジェノバに似ている海岸だった。

洋平の同級生の陸軍の阿部が何かとアベーレ(阿部さん)に突っかかり、とうとう喧嘩をしてしまう。

アベーレは洋平の恋を応援するかわりに早季子との交際を認めてもらうよう懇願する。洋平は香苗に愛の告白の歌をささげるが失敗に終わる。

戦況は悪くなり、いよいよカッペリーニに出撃指示が下る。3人のイタリア人は捕虜として収容所に送られることになった。が、それは大佐の命令ではなく洋平が3人の命を守るために決めたことだった。

そんな中、空襲が!!洋平は小学校の子どもたちを守るために下敷きになり重傷に。

洋平は残り、3人のイタリア人たちは出撃する。「お国のためにたたかってくる!日本が大好きだ。」洋平は絶対に死なずに戻ってくるよう送り出す。

数か月後、3人は速水旅館に帰ってきた。潜水艦は半日後に故障してしまったそう。

速水はイタリア式に歌いながらプロポーズする。

イタリア人たちは日本に残った。

スポンサーリンク

ドラマ潜水艦カッペリーニ号相関図

公式ページに掲載されています。

ドラマ潜水艦カッペリーニ号の冒険キャスト

  • 二宮和也
  • 有村架純
  • 愛希れいか
  • ペッペ
  • ベリッシモ・フランチェスコ
  • パオロ
  • 音尾琢真
  • 今野浩喜
  • 堤 真一
  • 案内人:池上 彰

ドラマ潜水艦カッペリーニ号の冒険感想

アベーレ(阿部さん)と洋平(二宮和也さん)の2人の会話が超面白かったです!!カタコト日本語って面白いですね。それにしても二宮和也さんの流暢なイタリア語には脱帽しました。目をつぶっていればイタリア人が喋っているかと。。。

人生は「歌って、踊って、恋する」たしかに楽しそうな人生だな。3人のアベーレ、シモーネ、アンジェロ見ているだけで笑みがこぼれました。洋平の頑固なまでにイタリア人を拒否してましたが、だんだん距離が縮まっていくのがよかったです。日本人の生真面目さとイタリア人の陽気さは相反するかもしれないけど、足りないところを補っている感じがしていいです。

有村架純さん、ちょっとお顔がふっくらしてましたよね?役作りかな。気のせいかな。どちらにしてもとてもかわいかったです。頬っぺたギュッtしたくなるような。

戦いのシーンでは、流れる音楽がオペラで和み、そして最後は洋平が香苗にオペラ風に歌いながら告白する歌もとても素敵でした。

すごい楽しかったのです。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました