【ネタバレ】先生を消す方程式6話~黒魔術で生き返った闇の義経!!

先生を消す方程式

『先生を消す方程式』は、あのM愛すべき人を手掛けた鈴木おさむさんの脚本になります。ドラマの舞台は、東大進学率も高い、都内の進学校“帝千学園”。特に、3年D組は成績優秀者が集められており、その担当になったのが義澤経男(通称義経・田中圭さん)がやって来ます。笑顔でいつもニコニコしてますが実は自分の婚約者が何者かに階段から突き落とされて生命維持装置ではないと生きられない体に。。。。その犯人に復讐を?? 学校という閉ざされた空間で、教師と生徒がバトルを繰り広げられていきます!!

第1章は義経が朝日に刺されて埋められてしまった。。。。で終わりましたが、なんと第2章は、黒魔術で生きかえった義経が別人になり、自分を貶めた4人の生徒に恐るべき復讐をはじめます!

こちらの記事は、2020年12月5日(土)『先生を消す方程式』第6話のあらすじとネタバレになります。

第5話のあらすじとネタバレはこちらになります。

【ネタバレ】先生を消す方程式5話~朝日が寝たきりの静にキス・・・
『先生を消す方程式』は、あのM愛すべき人を手掛けた鈴木おさむさんの脚本になります。ドラマの舞台は、東大進学率も高い、都内の進学校“帝千学園”。特に、3年D組は成績優秀者が集められており、その担当になったのが義澤経男(通称義経・田中圭さん)が...

最新話の見逃し配信でしたら、こちらのAMEBAで視聴することができます。2週間は無料期間ですのでちょこっとみて、すぐに解約すれば課金されませんよ。

スポンサーリンク

【先生を消す方程式】第6話ネタバレ

命の黒魔術により蘇った義経は、復讐の炎を目に宿す不気味な姿になってしまった。

義経は刀矢、弓、薙、力が自分を殺したとして復讐しょうとするが、朝になると姿が消えてしまった。4人は朝日に報告するが、信じない。それどころか、自分が義経を刺したときまだ息があった。それを生き埋めにしたのはお前達だ!お前達が殺人犯だと言い出す。

天井から血が。。。。義経は天井に隠れて朝日たち5人の会話をきいていた。

詳しいストーリーはあらすじをご覧ください。

【先生を消す方程式】第6話あらすじ

 伊吹命(秋谷郁甫)の儀式によって奇跡が起きたのか…落雷とともに死んだはずの担任・義澤経男(田中圭)が土中から這い上がってきた――。義澤の脳裏には、3年D組の生徒・藤原刀矢(高橋文哉)長井弓(久保田紗友)大木薙(森田想)剣力(高橋侃)らに対する怒りの感情だけがよみがえったらしく…復讐の炎を目に宿す不気味な姿は、命の知っている“義経先生”とはまったく違う“何か”に変わっていた。

同じころ、刀矢は、自首を決意した弓を消そうと、深夜の学校に呼び出し、弓の首にロープをかけた瞬間!! 目の前に死んだはずの義澤が現れ、「おまえら、なんで俺を殺した。。。」恐怖におののく4人は二手に分かれて逃げるが、義経はジェイソンのように追いかける。

しかし頭痛しながら朝日のことも思い出しかけそうになる。

スポンサーリンク

4人に復讐しようとする義経、信じない朝日

 一方、頼田朝日(山田裕貴)は、病院で眠る静(松本まりか)のもとに再び現れ、静の首にある人工呼吸器に手をかけるが、、、、また来ると伝える。

闇の義経は、刀矢、力を追い込んでいく。しかしきづいたら、義経がいなかった。

おびえた顔嫌いじゃないです!!!どこへいった義経!?

 

翌日4人は朝日に義経が生き返ったことを伝えるが、朝日は信じない。

人生にはまさかのことが起きると義経はいつも言っていた。

4人は義経を殺したのは朝日で、自分達は埋めただけ!というが朝日は、あのとき刺したとき、義経はまだ脈があった。きている義経を生き埋めにしたのは君たちだ!君たちが殺人犯だ!!

教室の天井から血が滴り落ちる。。。。

 

スポンサーリンク

先生を消す方程式・相関図とキャスト紹介

メインキャストの紹介

義澤経男(よしざわ・つねお)………田中圭

名門私立高校“帝千学園”に新しく赴任した数学教師。義澤経男という名前から、“義経”と呼ばれることも多い。“笑顔でいれば幸せはついてくる!”がモットーで、常に笑顔を絶やさない。
親が官僚やセレブなど厄介な生徒が多い3年D組は、過去に担任が次々と辞めていったいわくつきのクラスだが、義澤はなぜかその担当を志願する。
義澤は笑顔で彼らを指導していくが…やがてそれが恨みを買い、生徒たちに命を狙われるように…!?

頼田朝日(よりた・あさひ)………山田裕貴

義澤が担任する3年D組の副担任。さわやかで生徒からの人気も高い。義澤ともすぐ打ち解け、一筋縄でいかない生徒が多いクラスを受け持つことになった義澤のことを心配するが…。

スポンサーリンク

藤原刀矢(ふじわら・とうや)………高橋文哉

高いIQを誇る、学園一の優等生。反抗的なほかの生徒たちと違って、担任の義澤側に寄り添い、生徒たちが義澤を追い詰めようとすることを唯一止めようとする。父親は検察のトップという、超エリート。

長井弓(ながい・ゆみ)………久保田紗友

学業優秀で東大確実といわれる生徒。20万人以上のフォロワーを持つ人気インフルエンサーでもある。母親が有名な医者のため、政治家とのコネも強い。

大木薙(おおき・なぎ)………森田想

親は人気飲食チェーン店の社長。同級生の女子生徒にマッチングアプリで“パパ活”をさせ、お金を稼がせている。

剣力(つるぎ・りき)………高橋侃

親は大手ゼネコン社長で、おじが政治家。親が学校に多額の寄付をしているため、好き放題に暴れている一番厄介な生徒。暴力的で、弱い生徒や教師をいじめ、支配することを生き甲斐にしている。

スポンサーリンク

伊吹命(いぶき・めい)………秋谷郁甫

引きこもりで半年以上、学校に来ていない生徒。自室に閉じこもり、黒魔術や都市伝説など、オカルトめいたものを調べている。

宮下加奈(みやした・かな)………榊原有那

3年D組の生徒。セレブなクラスメート、長井弓や大木薙と友だちでいたいがために、マッチングアプリで“パパ活”をして稼いだ金を薙らに渡している。

早川京子(はやかわ・きょうこ)………川瀬莉子

3年D組の生徒。人気インフルエンサーであるクラスメート・長井弓に憧れているが、あまり相手にしてもらえない。

玉木譲(たまき・ゆずる)………田中亨

3年D組の生徒。乱暴者のクラスメート・剣力にきつく当たられてもやり返せないでいる。

スポンサーリンク

安田町子(やすだ・まちこ)………奥山かずさ

保健室にいる養護教諭。イケメン好きで、赴任してきた義澤経男に自分のことを「マチコ先生と呼んでください!」と気軽に接する。義澤が副担任・頼田朝日とじゃれあう姿が、いちばんの大好物。

佐倉清(さくら・きよし)………手塚とおる

帝千学園校長。3年D組の担任が次々と辞めていることから、評判の教師・義澤を学園に迎え入れる。

前野静(まえの・しずか)………松本まりか

義澤経男の恋人。職業は、義澤と同じく高校教師。正義感が強く、生徒にも親身に向き合う。義澤とはすでに一緒に暮らしており、2人とも結婚を意識している。

スポンサーリンク

【先生を消す方程式】第6話感想

義経先生はマイケルジャクソンのスリラーに出てくるゾンビのようでした。(古かったらすみません笑)

4人の生徒たちは朝日が殺して、自分達は埋めただけと思ってましたが、刺したときにはまだ息があった、殺したのはお前たちだ!と生徒を貶める朝日、、、頭がくるってます。山田裕貴さんの狂気っぷりは本当すごいです。田中圭さんもそうですが、2人とも毎回、ものすごい疲労感じゃないでしょうか。

でも怖すぎて、おもしろいです。。。。果たして義経と静はどうなるんだろう。その前に朝日VS義経ですね。義経は復讐を果たせるか!?

最終回のあらすじはこちらになります。

【ネタバレ】先生を消す方程式7話~狂った朝日が静を学校に連れてくる!!
『先生を消す方程式』は、あのM愛すべき人を手掛けた鈴木おさむさんの脚本になります。ドラマの舞台は、東大進学率も高い、都内の進学校“帝千学園”。特に、3年D組は成績優秀者が集められており、その担当になったのが義澤経男(通称義経・田中圭さん)が...

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました