【ネタバレ】青天を衝け第38話~栄一の嫡男・篤二の過ち

青天を衝け

2021年12月5日  第38話「栄一の嫡男」のあらすじと放送後にネタバレを追加します。

このドラマは、『日本資本主義の父』と呼ばれる渋沢栄一を吉沢亮さんが演じます。幕末、武蔵国(現在の埼玉県)の百姓の家に生まれた栄一は、蝦夷志士、徳川幕府幕臣を経て実業家に転身します。幕臣時代のパリ留学時に培った知識で、合本組織(株式会社)を立ち上げ、日本発の銀行「第一国立銀行」の設立に尽力、一見すると輝かしい経緯に見えますが、実はやることなすこと裏目に出てばかりだったという栄一の生涯を描くドラマになります

視聴率の推移はこのようになってます。(%) 初回20.0で、2013年の『八重の桜』以来、8年ぶりの大台だそうです。

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話
20.0 16.9 16.7 15.5 16.2 15.5 14.2 15.3
第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話
14.5 13.9 14.1% 13.4% 13.9% 15.5% 15.3% 14.6%
第17話 第18話 第19話 第20話 第21話 第22話 第23話 第24話
14.2% 14.2% 13.6% 14.6% 16.5% 14.7% 11.1% 14.3%
第25話 第26話 第27話 第28話 第29話 第30話 第31話 第32話
12.0% 12.7% 12.6% 13.8% 13.1% 13.0% 14.0% 12.9%
第33話 第34話 第35話 第36話 第37話 第38話 第39話 第40話
11.9% 14.4% 12.9% 12.2% 12.0% 12.6%    

相関図はこちらの記事をご覧ください。どんどん新しいキャストが発表になってますので随時更新していきます。

【相関図】NHK青天を衝け~渋沢栄一に関係する人物とキャスト紹介
『青天を衝け/せいてんをつけ』第38話から実業(論語編)の相関図が発表されましたのでキャストと役どころになります。 このドラマは、『日本資本主義の父』と呼ばれる渋沢栄一を吉沢亮さんが演じます。大河ドラマの第60作目になります。 幕末、武...

第37話のあらすじとネタバレはこちらになります。

【ネタバレ】青天を衝け第37話~栄一は伊藤兼子と再婚する
2021年11月28日  第37話「栄一、あがく」のあらすじとネタバレになります。 このドラマは、『日本資本主義の父』と呼ばれる渋沢栄一を吉沢亮さんが演じます。幕末、武蔵国(現在の埼玉県)の百姓の家に生まれた栄一は、蝦夷志士、徳川幕府幕臣...

スポンサーリンク

青天を衝け第38話あらすじ

公式の発表です。

栄一(吉沢 亮)や旧幕臣たちは、徳川家康の江戸入城三百年の節目を祝う「東京開市三百年祭」を開催。昭武(板垣李光人)らと再会し、旧交を温める。栄一の気がかりは、汚名を被ったまま静岡でひっそりと暮らす慶喜(草彅 剛)のことだった。

一方、渋沢家では、息子・篤二(泉澤祐希)が、跡継ぎの重責から逃れるかのようにある過ちを犯してしまう。栄一は、篤二を退学させ謹慎を命じる。そして、明治27年夏、日清戦争が起こる。

スポンサーリンク

青天を衝け第38話感想

放送後に更新します。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました