【ネタバレ】NHK青天を衝け第1話~渋沢栄一と高島秋帆の出会い

青天を衝け

2021年2月14日第1話「栄一、目覚める」のあらすじとネタバレになります。

このドラマは、『日本資本主義の父』と呼ばれる渋沢栄一を吉沢亮さんが演じます。大河ドラマの第60作目になります。

幕末、武蔵国(現在の埼玉県)の百姓の家に生まれた栄一は、蝦夷志士、徳川幕府幕臣を経て実業家に転身します。幕臣時代のパリ留学時に培った知識で、合本組織(株式会社)を立ち上げ、日本発の銀行「第一国立銀行」の設立に尽力、一見すると輝かしい経緯に見えますが、実はやることなすこと裏目に出てばかりだったという栄一の生涯を描くドラマになります。

相関図はこちらの記事をご覧ください。どんどん新しいキャストが発表になってますので随時更新していきます。

【相関図】NHK青天を衝け~渋沢栄一の人生とは、裏目ばっかり?
2021年2月14日放送スタートの『青天を衝け/せいてんをつけ』の相関図とキャストの紹介になります。 このドラマは、『日本資本主義の父』と呼ばれる渋沢栄一を吉沢亮さんが演じます。大河ドラマの第60作目になります。 幕末、武蔵国(現在の埼...

スポンサーリンク

青天を衝け第1話あらすじ・ネタバレ

冒頭、渋沢栄一(吉沢亮)と徳川慶喜(草彅剛)との出会い。日本は近代に向けて動きだす。

武蔵国血洗島村(現在の埼玉県深谷市)で養蚕と藍玉作りを営む農家の長男として生まれた栄一(子役・小林優仁)。人一倍おしゃべりの剛情っぱりで、いつも大人を困らせていた。

幼馴染の千代が、川にお父さんが買ってくれた髪飾りを落としてしまう。栄一は必死に探す。「俺はお千代が大事だ」そこに高島秋帆という囚われものが、髪飾りを拾ってくれた。しかし囚われてしまった。

徳川家慶の子、家持には子供ができず跡継ぎが産まれず、次期将軍候補とすべく、水戸藩主・徳川斉昭(竹中直人)の息子、七郎麻呂(子役・笠松基生)を御三卿の一橋家に迎え入れる話が進んでいた。水戸から初めて征夷大将軍がうまれるかもしれない。

ある日、罪人が岡部の陣屋に送られてきたことを知った栄一は、近くに住むいとこの喜作(子役・石澤柊斗)、長七郎らと、夜中に忍び込もうとたくらむ。

栄一は途中で2人とはぐれてしまい、声がするほうへ行ってみると、高島秋帆がいて、栄一は髪飾りのお礼を伝える。

高島秋帆は長崎で生まれ、オランダ語を話す。このままではこの国は終わる。誰かが守らなければ。

「俺が守ってやんべ、この国を!」栄一は誓う

そして江戸城では、七郎麻呂が、一橋家に入り、徳川慶喜になる。

 

スポンサーリンク

青天を衝け第1話感想

七郎麻呂が、草彅剛さんの子役になりますが、美形で目の保養になります(笑)この時代から藍の染料ってあったのですね。すごい綺麗なブルーで緑に映えていて、今のコロナ渦で外出できない中、この景色みているだけでも、何か感動しました。

次回第2話のあらすじはこちらです。

【ネタバレ】NHK青天を衝け第2話~ペルーがやってくる!
2021年2月21日第2話「栄一、踊る」のあらすじとネタバレになります。 このドラマは、『日本資本主義の父』と呼ばれる渋沢栄一を吉沢亮さんが演じます。大河ドラマの第60作目になります。 視聴率の推移はこのようになってます。(%) 初回2...

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました